五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『HEROMAN』#2「エンカウンター」感想

今日は、昼間っからアニメの感想を書いていることからも分かるように、仕事は休みでした。で、一日中家の中でごそごそと・・・。いい天気だったのになぁ・・・。外出を控える理由、それは・・・、今、本当にお金がないんです。外に出ると、後先を考えず、ついついお金を使ってしまうたちなので・・・。まぁ、そのおかげで感想を書くのが進む、って感じもするんですけどね。さてさて、今日第1話の感想を書いたばかりなのに、もう第2話の感想の『HEROMAN』。これで順調に感想を書いていける感じになりそうです。では、第2話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

ヒーローマンという巨大な力を手に入れてしまったジョーイ。彼は、身の丈に合っていないかのようなその力に戸惑い、どうすればいいのかに悩んでした。そのころ、宇宙との交信をしていたデントンに導かれて、「スクラッグ」が地球への侵略を開始したのだった。突然の宇宙人の登場に混乱する人々。「スクラッグ」は、そんな騒ぎをよそ眼に、街を壊しながら、通信していたデントンのもとへ向かうのだった・・・、という話。

倒すべき敵の登場で、ジョーイとヒーローマンの進むべき道が見えた回でしたね。ヒーローマンとスクラッグ、一つの目的をめぐって二つの力が登場したのではなく、全く別口で(因果関係があるのかもしれませんが)両者が登場したのはなかなか興味深かったように思う。ジョーイが、ヒーローマンという力も持て余し悩む、というのが第2話という早い段階で描けたのも、そのためだろうしね。話は、ど直球なヒーローものながらも、ちょっと話の設定がひねってあるのは、なかなか面白いと思いましたよ。

突然、ヒーローマンという力を手に入れた、ジョーイの戸惑いと悩み。目的なき力は、周りも当人にとっても迷惑極まりないものかもしれませんね。ジョーイの悩みはもっともなことかもしれない。何に使っていいのか分からない力なんて、持っていても意味のないものだろうし。でも、ジョーイが、力を誇示したいというタイプの人間でなくて本当によかったですね。人によっては、巨大な力を手に入れたことで、今までのうっ憤を晴らすような行為にでることもありますから。

そんなジョーイにヒーローマンの力を使う目的を与えるかのように現れたスクラッグ。タイミング良すぎ・・・(笑)。まぁ、話の都合でしょうし、前回にちゃんと彼らの影については描いていたので、悪くはないんですけど。で、そのスクラッグ、今回の三人は偵察隊のような役割だと思うのですが、偵察にしてはずいぶんとずうずうしい登場の仕方をするものだな。ある程度、地球の実情を把握していたのでしょうけど。で、通信を送ってきたデントンの元へ赴いたスクラッグ御一行さま、地球の言語で会話できる機械をもっているようですが、友好的な態度のときと侵略を告げる時でわざわざ声色変えなくても・・・(笑)。そんなスクラッグに、デントンは、責任を感じ戦おうとしていましたね。ほんと、あんたのせいだよ・・・(笑)。宇宙人がすべて友好的であるという前提で、コミュニケーションをとろうとしてはいかん、ということですな。

ヒーローマンとスクラッグとのバトル。敵からの攻撃でも、操縦者だけはしっかり守ろうとするヒーローマンの素敵な機能。好きな女のために体を張れぬようでは男でない、と言わんばかりのアメリカンな動機で立ち上がったジョーイくん。戦う理由は、やっぱりそこになるんでしょうかね。べつに悪いことではないですけど。で、ヒーローマンの必殺技はパンチでした。ちょっと『ビッグオー』を思い出す感じも。でも、ビッグオーのサドン・インパクトのほうが、ロマンがあった感じがするんだけどなぁ。戦闘シーン全体としては、さすがボンズという感じで良かったですよ。まぁ、ヒーローマンについては、まだかっこよく思えませんけど・・・。

バンクシーンなんかもいくつか登場したように思えた今回の話。でも、敵を倒した後のヒーローマンの「○」なポーズはどうなんだ・・・。さて、次回は、スクラッグが本格的に地球侵略に乗り出す話みたいですね。スクラッグがどのくらいの規模なのかは知りませんが、ヒーローマン一人で地球を守ることができるのか?スクラッグがどういう方法で地球侵略を進めていくのかも注目しながら、次回も楽しみにしたいと思います。

HEROMAN 1 (ガンガンコミックス)HEROMAN 1 (ガンガンコミックス)
(2010/03/20)
太田 多門スタン・リー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。