五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ』第二十三話「ハニー・ウォーターズ」感想

ブログを復活させてから一週間くらい経ちますが、さすがにやる気がだいぶ減退・・・。今日みたいな休みの日は、のんびりと何もせずに過ごしたいなんて思ってしまいます。そんなことでは先も見えないので、今こうしてなんとか筆をとっていますけどね。終わりが見えかかっている作品の感想を書いてしまわないですしね。ということで、『テガミバチ』の感想、今回の話を含めてあと三話です。では、第23話の感想、いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

「精霊になれなかった者」に会いに、ハニーウォーターズを訪れたラグたち。「精霊になれなかった者」ハントと黒い精霊琥珀をもつ女性サラ、反政府の思想を持つ彼らは、ラグたちビーを見つけると、住民に捕まえさせるよう命じる。彼らに捕まってしまったニッチとコナー。だが、コナーは彼らの会話から、二人が偽物であること、そしてハントが住民をだますようなやり方を望んでいないことを知る。一方、アンという少女に助けられたラグは、届けられなかったテガミの山を預けられるのだった・・・、という話。

今回の話、ゴーシュの手掛かりとともに、すっと終わる話なのかと思ったら、意外と引っ張るのね。反政府組織の一端が垣間見れるような感じはしましたが、ゴーシュの手掛かりらしい手掛かりも得られてないし、さっさと終わらしてほしい感じもするのですが・・・。ハントとサラがペテン師で、それ以上なにがある、という感じがしないでもない。大した話とも思えないのに、話をこんがらがせるだけこんがらせている、そんな感じにも思えました。

ハントとサラが支配してしまった町ハニーウォーターズ。反政府の思想で、人々をだますのはいいのですが、わざわざビーまでを締め出すというのは・・・。彼ら自身も、他と連絡が取れなくなってしまうじゃん。ペテンによって自らの城を築いている感のあるかれらにとっては、余計な情報でその化けの皮がはがれるのが怖いのかもしれませんけどね。孤立無援な自分たちのための王国、そう考えると、なんか悲しい感じもしますね。また、情報封鎖をおこない、間違った情報で人心を掌握しようとしている彼らを見ると、情報というものの価値も考えさせられるような気もしましたよ。

テガミバチが来なくなった町で、古くからの住民たちがしたためたテガミの山、それをサラたちに組みしないアンが地下深くに保管していました。カルト宗教に町を乗っ取られる、という感じなのでしょう。で、元いた住民はアン意外いずこへ?まぁ、いいや。さて、鎧虫が襲うからテガミバチが存在する、その理屈は分かっていましたが、人の心に反応する鎧虫が、人の心の詰まったテガミに反応して集まってくるという理屈はなるほどなぁ、と思いました。この点は、この物語世界について、またテガミバチのこの世界における必要性についてより深く理解できた印象でしたよ。

町での鎧虫の登場で、崩れるサラとハントの世界。建前で繕ってきた二人の王国だったけど、ビーと鎧虫の登場で、それが保つことができなくなり、良心の呵責をかかえてきたハントが自ら真実を明らかにした、という感じでしたけどね。ところで、コナーの鎧虫との戦い方、今までの話では全くでてこなかったけど、銃で戦うラグたちとは違い、地雷として使うのね。で、彼のディンゴもそれに適した能力をもっている、と。普通とは違う彼の戦い方はなかなかよかったです。で、ラグたちのピンチに登場のザジ、なんかヒーローみたいなタイミングで登場なんですけど・・・(笑)。

はてさて、鎧虫はいまだ健在。いかに三人が力を合わせて鎧虫に対するのでしょうね。また、ラグを助けたハントが、なにやらアンとも関係がありそうですけど、どういうことなのですかね。サラたちのウソを暴かれた住民たちもどう動くのかも気になるし・・・。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

テガミバチ 5 [DVD]テガミバチ 5 [DVD]
(2010/05/28)
沢城みゆき藤村歩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎テガミバチ第二十三話「ハニー・ウォータ...

ハニーウォータスで、ゴーシュの黒の精霊琥珀をもった人発見。そして、シンダンの能力で治療する。なぜ、ゴーシュの琥珀を持っているのか聞く。そして、群集がおいかけてきたため、...

ぺろぺろキャンディー 2010年05月17日(Mon) 02:36


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。