五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ』第二十四話「こころの記憶、三つ」感想

こんな早い時間に感想を書くなんて、自分にとっては珍しい。それだけやる気が・・・、別にないんですけどね。ただ、早く最終回まで感想を書いてしまおうという一心で書いております。でも、こんな時間に感想を書くなんて、変な感じがしますね。妙に世界が明るい感じがする。それに、まだ頭が働いていない感じがするし。まぁ、それでも感想、書いていきましょう。どうなるかわかりませんが・・・。では、『テガミバチ』第24話の感想です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

ラグとコナーが苦戦する鎧虫退治に現れたザジ。三人の共同作戦で、鎧虫を倒すことを試みるが、最後のラグの攻撃の前に鎧虫は地下にもぐってしまい作戦は失敗する。さらに、再び現れたその鎧虫は、アンを捕え心を奪おうとし、それを救おうとしたハント、ザジまで捕えてしまったのだ・・・、という話。

ゴーシュを探し求めるラグの物語であるこの作品、最終回を前にして、全然関係ない方向に話が進んでしまったぞ、なんて思っていたんですが、今回の話でなるほど、と。最後のゴーシュを映し出した心の記憶で、納得すると同時に、最終回へ向けての話が見えてきた感じがしました。で、鎧虫と戦う今回の話がおもしろかったかというと・・・。アンやハントの心が見えたからって、へぇ~、って感じしかしなかったなぁ・・・。バトルは盛り上がる感じはあったのですがね。

ラグ・ザジ・コナーの三人の力を合わせて鎧虫を倒そうする場面、なかなかよかったのですが、今回の序盤というところで、失敗するのが目に見えていたのが・・・。案の定だったのですが、せめてこれ以前の話で、三人で協力して鎧虫退治に成功するって話を見せておいてほしかったなぁ。結構、協力して敵を倒す、ってのは好きなので。個人的に、単独では使いにくそうな、コナーの心弾が好きです。

倒せなかった鎧虫の反撃で捕えられてしまうアンやハント、そしてザジ。アンを救おうと真っ先に行動したハントさん、かっこいい。で、アンやハントの心の記憶なんですが、アンについてはあまりに当たり前な感じの記憶だなぁ、と。彼女の記憶のネックになる父親なんですが、前回からの話で全然見えてなかったからそう思えたのではないかな、という感じがします。父親について分かっていることは、テガミを運ぼうとして鎧虫に襲われ死亡した、ってことだけだし。その状況すら回想でも描かれなかったし。それで、いまいち感動するものがこみあげてこなかった。で、ハントのほうなんですが、また見世物小屋ですか・・・。ずいぶんと見世物小屋が盛んな世界なんですね。彼が悲しい過去を持っているんだなぁ、とは思ったけど、同じような話が前にもあったような錯覚に陥ってしまって・・・。それがなんか、感動を邪魔する感じでもありました。そういえば、捕えられたハントをサラがとても心配している様子がありましたが、サラってそんなにハントのこと愛していたんだ、って感じも。回想のことを思えば分かる感じがするけど、前回の話では全然そんな感じしなかったじゃん・・・。ハントがサラを愛している、ってことはとてもよく伝わってきたけどさぁ。そんな感じで、今回、感動させようっていう制作側の意図は見えるのですが、どうもノれない感じがあったのは残念でした。

鎧虫を倒したときの記憶に映るゴーシュ。あれ、ラグの心弾は何に反応したんだ?ゴーシュは、なにとどういうつながりがあったのか、それはとても気になります。で、予告に映っていたのは、ゴーシュ?とにかく、次回は最終回ということで、どういうかたちで話に決着をつけるのでしょうね。次回の最終回は、楽しみにしてますよ。

テガミバチ 5 [DVD]テガミバチ 5 [DVD]
(2010/05/28)
沢城みゆき藤村歩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎テガミバチ第二十四話「こころの記憶、三...

ラグたちのピンチにザジがやってくる。そして、ラグとコナーがザジの話をしてた回想にはいる。ザジの両親はガイチュウに殺されたので復習するためにビーになった。ザジの目的は、ガ...

ぺろぺろキャンディー 2010年05月17日(Mon) 03:39


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。