五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『WORKING!!』2品目「伊波、男性恐怖症。だって怖いんだもん…」感想

今日は、なんかイライラする・・・。天気が雨、ってだけで気分がすぐれない感じがするのに、仕事でさぁ・・・。気持ちを入れ替えていきたいところですが、どうにも・・・。感想書くことに集中してれば、嫌なことも忘れるかな?集中しよ、集中。では、『WORKING!!』第2話の感想です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

男性恐怖症で、男性に近づくと相手を殴ってしまう、伊波まひる。小鳥遊を殴った彼女は、小鳥遊の挑発的な言葉と、店長の命令で、たびたび小鳥遊とシフトが同じになることを承諾してしまう。状況反射的に、何度も小鳥遊を殴りながらも、実は小鳥遊と親しく接したいと思っていく伊波。しかし、小鳥遊のほうは・・・、という話。

前回の最後で、衝撃的な登場の仕方をした伊波のことを中心とした話でしたね。今回の最後で、小鳥遊くらいは殴らずに済むくらいには成長するのかなぁ、とも思ったけど、そううまくはいかず。伊波と小鳥遊、今後も殴り殴られの関係が続くようですね。でも、伊波、男性客にまともな接客ができないのに、よくファミレスで働いていられるなぁ。・・・あぁ、この店だからか・・・。

男性相手には、ショック受けても殴る、びっくりしても殴る、と殴ることでしかコミュニケーションのとれないような伊波。男性客をみるだけで殴りたくなる彼女は、シャイで男性嫌いなのかもしれないが、「恐怖症」ではないような・・・。一番問題なのは、殴ったことに罪悪感を全く感じていないことのような・・・。コメディアニメで、そんなこと言ったら、元も子もないですかね。そんな伊波、彼女の小鳥遊と仲良くなろうとする様は、「大っ嫌い」と言いながらも、どう考えても恋心抱いているようにしか見えないのですが・・・。そう見えてしまうおもしろさを楽しめ、ってことなのでしょうけど、実際はどうなんだろうと思ってしまう。しかしまぁ、歩み寄ろうとする伊波に対して、小鳥遊のあの態度は・・・。幼女が好きなのはまぁいいが(よくないですが・・・)、幼女ではないからと、伊波にあんなに冷たく接するのはどうなんだ・・・?彼の性格なら、取り繕った笑顔で伊波にも接しようというのが普通のように思うのだけどね。やっぱり、あれだけ殴られているのが影響しているのかな?それにしても、小鳥遊のあれだけのロリコンっぷりは、さすがに気持ち悪いですね。

今回、話的にはいくらでもおもしろくなる感じがしたんですが、どうも演出が・・・。結構、きっちりとした演出はしているとは思うのですが、コメディアニメなんだし、演出的に、もっと羽目をはずすような感じがほしいなぁ。。それに、もっとアップを多用したほうがおもしろくなるような・・・。なんか、コメディなのに、お行儀がよすぎて、地味になっている印象です。それに、アニメなんだし、文字で説明しようとしたり、モザイクでオチを見えないようにするのはよくないですよ。台詞に入れたり、見せ方次第でどうとでもなるものなんだから。・・・素人考えですけど、そんなことを思ってしまいました。いや、話自体は悪くない感じがするのに、そこまでおもしろくないのはなんでだろう、と思ったもので・・・。

さてさて、次回は店長あたりのことにスポットを当てた話のようですね。どんな話が待っているのでしょう。次回は、楽しみにしてますよ。

WORKING!! 1 【完全生産限定版】 [DVD]WORKING!! 1 【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/04/21)
福山潤阿澄佳奈

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆WORKING!! 2品目 「伊波、男性恐怖症。だって怖いんだもん…」

ミナミケ長女のヤチヨが店長と話して月間目標かえる。 お客様の目線でというのにするが、結局直して 店長の目線でになる。

F-Shock DL Blog 2011年06月23日(Thu) 22:39


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。