五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『君に届け』episode.12「恋愛感情」感想

3月に終了したアニメ、次は何を片付けようか、ということで、比較的感想が進んでいる『君に届け』をいきたいと思います。この作品、こちらではまだ放送が終わっていないんだよね。だから、ちょうどいいか、という感じもするし。放送しているところまで、全然感想が進んでいないのは当然ですけど・・・。で、実はパソコンが壊れているときに、自分、第16話まで見てしまっているんだよね・・・。なので、第16話までは要約も書かず、とても短い感想でいきたいと思います。見るのが二回目では、ということもあるし、さっさと感想を進めていきたいということもあるし。感想がいつもより短くても、べつにつまらないから、とかそういうことではないので、悪しからず。では、第12話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

くるみが、爽子と真田くんを仲良くさせて、風早くんと爽子の関係を壊そうとする話ですね。くるみの黒さが素晴らしい。これまでは、爽子の風早くんへの思いだけをどうにかしようとしていたくるみだけど、今回の作戦は、風早くんをもその手の中で踊らせようとしたものでした。今回はくるみの思惑通りに行ってしまうのかなぁ、とドキドキしつつも・・・って感じですね。それにしても、基本、くるみの作戦は、爽子も乗ってくれて順調に推移するようにいくんだけど、最後の最後ですかされる結末になるのがおもしろいです。まぁ、他人の純粋な思いを、思い通りに操ろうということ自体、難しいことだし、どうかなと思いますけどね。

そして今回、あやねがくるみにカマをかけはじめました。なんか、あやねとくるみの女どうしの腹の探り合いみたいなのはおもしろいです。とくに、表の顔と裏の顔を使い分けるくるみの姿が・・・(笑)。そういえば、真田くんが爽子に千鶴が好きなことを話していたけど、真田くんの表情がかっこいい・・・んだけど、なんか笑える・・・。

くるみが、自分の思い通りに事を進めようとしてうまくいかず、あせりだしているのがおもしろかった話でした。

君に届け VOL.4 [DVD]君に届け VOL.4 [DVD]
(2010/03/26)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎君に届けepisode.12「恋愛感情」

サダコに飛んできたボールをサナダリュウがキャッチ。サナダとしゃべってみたらとクルミはいう。そして、カゼハヤの試合がはじまる。そして、カゼハヤのことをずっとみてたんだから...

ぺろぺろキャンディー 2010年06月20日(Sun) 02:19


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。