五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『けいおん!!』第2話「整頓!」感想

今日は、雨でしたね。でも、職場への行きと帰りは、雨があまり降っていないかったのでよかったです。しかしまぁ、風がとても強い・・・。雨の予報にも関わらず、自転車で通勤したんですが、帰りは全然自転車が進まない。風で自転車ごと倒れそうになるしさぁ・・・。とにかく無事に帰ってこれて一安心です。さて、『けいおん!!』の感想、今回はまだ第2話です。この作品の感想が遅れるのは慣れている感じもしますが、とにかくいってみましょうかね。

今回は、なかなかおもしろかったです。

音楽準備室を倉庫がわりに使っていた軽音部。彼女らは、着ぐるみを返すことを機に、私物まみれになっていたその部屋を整頓することになるのだった。片付けをする中で出てきたのは、カビくさい古いギターだった。さわ子先生の学生時代の私物だというそのギター。さわ子先生にそのギターを売って部費の足しにしなさいと言われ、軽音部の一同で楽器屋に行くのだが・・・、という話。

今回も、唯たちの気の抜けた高校生活を描くのは相変わらず。ですが、今回は、さわ子先生の古いギターをめぐって、ギターにまつわる蘊蓄や、軽音部のほしがっているものが楽器関係のものだったりだとか、そういうことをうまく話の中に盛り込んでいたのはよかったです。演奏シーンは全くなかったですけど、軽音部ならではエピソードになっていましたからね。また、ギター以外の話でも、ひっきりなしに唯と律がボケて澪と梓がツッコむ、ってかたちで面白おかしく魅せていたと思いました。まぁ、多少ワンパターンな印象もありましたけどね。

さわ子先生のギターを売りに行った話。はじめ、ギブソンだったし、いいギターだったんだろうな、という気はしていました。でも、カビ臭いだの散々マイナスなイメージが伝えられていたので、部費の足しになるような値段にならないのでは、と予想していたんです。タダ同然になるのではないかな、とね。で、実際は、・・・50万ですか・・・。そんなすごいものだったとは・・・。正直、軽音部の一同と一緒に、こっちもびっくりしましたよ。そして、ギターの買い取りの仕方ってこうやってするんだなぁ、と思ったり。いやぁ、自分、ギターも名前をそこそこ知っているくらいなものなので・・・。ほんと、自分だったら、50万もするギターなら売るのも考えてしまう・・・。

で、そのギターを売って手に入れた50万。予定もなしに50万も手に入れられたら・・・。たしかに、買いたいものが大量に頭を駆け巡ります。高校生の彼女たちならなおのこと。さわ子先生にいくらになったのか聞かれたのときに、律が1万と答えたあの気持ち、よくわかります。それにしても、彼女たちの悪だくみが・・・(笑)。でも、結局50万になったことがばれてしまいましたね。やっぱり、何事も正直でなくてはいけない、ということなのでしょう。軽音部の面々のあのドギマギしながらウソをつく様子も、それがばれてしまう様子もとてもおもしろかったです。

今回、そんなギターの話のなかで、ちょこちょこと入れられていた、軽音部に新入部員が入らないことを梓が悲しがる、という描写。それが今回の話のオチになるのですが、・・・さすがにカメはダメだろ・・・。天然な唯はさておき、他の面々はそんなことで梓の気持ちが晴れないことは分かるだろうに・・・。でも、あのカメは、この作品のマスコット的な存在になるのかな?梓はカメで他の面々の気持ちをありがたがったのは分かりますが、梓の本心はどうなんだろう?やっぱり新入部員が入ってほしいのか、それとも今の5人でいいと思っているのか。ちょっと彼女の気持ちがはかりかねない印象はありました。

日常的な話ながらも、音楽にまつわるエピソードをしっかり盛り込んでいて、楽しめた今回の話。今後も、この調子で話を進めていってほしいです。で、次回はどんな話なんだろう?サブタイトルから察するに、律の話になりそうだけど。とにかく、次回も、楽しみにしてますよ。

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
(2010/07/30)
豊崎愛生日笠陽子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。