五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第五話「群雄集結」感想

今日は仕事でしたが、飲み会などの予定はないため、土曜に書く予定のアニメの感想、二本とも書けます。・・・って、この『三国伝』見て、パソコンの前に座ろうとしたら、足つった・・・。ほんと痛い・・・。部屋の中で一人、もだえ苦しんで動き回るという、恥ずかしい有様でございました・・。それだけ、体が疲れているんだなぁ、と思ったりしたんですが、なぜ足・・・?まぁ、いいや。『三国伝』の感想いきましょう。今回は、第5話です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

覇権を握った董卓(いままで「董」の字間違えてました。訂正・・・)に対して、曹操や孫堅らが反董卓連合軍を形成していた。その軍に参加しようとやってきた劉備たち三人。その軍の中で、公孫瓉に会うも、盟主の袁紹に連合軍への参加を拒まれてしまう。そんな時、董卓軍の華雄が、一人攻め入ってきたのだった・・・、という話。

劉備たち三人が、反董卓連合軍に加わる、という話でしたね。連合軍の盟主でありながら、参加者の地位にこだわるという袁紹の器の小ささを見せながら、劉備たちがその袁紹を守ることで連合軍に参加する資格を得る、というかたちで物語をみせたのはよかったと思います。前回暗殺という手段に出た曹操がそのまま連合軍を率いるのではなく、その地位から(?)袁紹が盟主になっているというのも物語の深みを感じさせるしね。まぁ、ここで袁紹を出しておかないと、彼が出てくる場面がなくなっていまうのではないか、という感じもしますが・・・。

ただ今回、敵である華雄の攻め込み方が・・・。いくら連合軍の気が緩んでいたとしても、連合軍にも名だたる人物がいるわけで、ああも易々と盟主の袁紹に対峙することになってしまうのは・・・。華雄が袁紹一人の首を狙って、チャンスをうかがっていたとかならいいんですがね。まぁ、この作品が小難しくなく、分かりやすくつくられた作品、ということではいいのかもしれないのですけどね。でも、せめて華雄が攻め込む前に、彼が董卓から命を受けるというシーンとか、彼が攻め込もうと目をキランとさせるシーンとかは入れてほしかった・・・。ほんと、華雄が、劉備たちを連合軍に入れさせるための呼び水にすぎません、って感じを出していたのは残念でした。

そんな華雄を撃退した劉備たち三人、前回は出番がありませんでしたけど、今回は彼らが主役の話でした。かれら、曹操や孫堅が知っていたように結構な有名人になっていたのね。まぁ、黄巾賊の張三兄弟を倒していれば、そうもなるんでしょう。あの戦闘のときに、曹操も孫堅もいたわけだし、そういうことも関係しているのかな。そんな劉備たちが、三人そろって「義勇軍」を名乗った時は、ちょっと笑ってしまった・・・。いや、悪い演出でもないんだけど・・・。で、今回の戦闘シーンは、三人がそれぞれ技を出しておしまいと、あまり面白くなかったです。15分という短い尺のなかで、毎回ちゃんと戦闘シーンがあるし、こういう回があってもいいのかな、という感じもしますけどね。

さてさて、次回は虎牢関での戦いのようです。盛り上がりそうだな。で、なんか、孫尚香が目立つ話のようですけど、どんな話になるのだろう?彼女がなにかやらかすのかな?おもしろい話になりそうだし、次回は、楽しみにしてますよ。

SDガンダム三国伝 風雲豪傑編(2) <完> (KCデラックス)SDガンダム三国伝 風雲豪傑編(2) <完> (KCデラックス)
(2008/05/16)
ときた 洸一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>彼が出てくる場面がなくなってしまうのではないか
袁紹バウは第二部で公孫瓚イージーエイトを石ころのようにぶち殺した後に、天玉鎧曹操ガンダムに処刑される役があるので別に問題はなかったりするのですよね
ただし、今回はアニメオリジナルキャラクターである袁術ズサの紹介もかねてということで早々にふたりだけ登場したようですが
やはりバウとズサといわれると、SDガンダム伝統の上下合体しそうですよね(笑

>敵である華雄の攻め込み方が
このあたりはまさにSDガンダム特有のノリですね
いまいち説明不足だけども、それが逆に物語のテンポ良くしているいうか
そもそも今回のアニメは10分しかないので、その影響から尺をできるだけ短くされた弊害なんでしょうが…
それでも今までのマンガ媒体などと比べるとものすごく展開を遅くしていちいち掘り下げていたりするから、旧来からのファンには無問題なんですがね

でも、華雄将軍て元々ネタキャr(ry

次回の孫尚香ガーベラ姫様は楽しみですね
特にこの作品で二人だけの女性声優さん担当キャラクターでもありますし、三国伝が誇るカオスの権化たるネタキャラの一角でもありますし、いろいろと期待できそうです

赤いSDG | URL | 2010年05月01日(Sat)23:19 [EDIT]


Re: タイトルなし

赤いSDG 様、またまたありがとうございます。

SDガンダムについて、自分、実は全然知らないんです。この『三国伝』がはじめてって感じで。だから、いろいろと教えていただき、とても勉強になります。

袁紹の出番については、・・・頭にはあったんです。すみません、勢いで書きすぎました・・・。

華雄の攻め方については、ちらっとでも、これから攻め込むぞ、ってカットがあったら、さらに魅力的な話になったと思ったんですよ。この点が気になったのは、前回が結構真面目な話でもあったので、それが影響しているのかもしれません。でもこれが、この作品、SDガンダムのノリ、と取るべきなのでしょうかね。

次回の孫尚香、自分もほんと楽しみです。

ヴィッザ | URL | 2010年05月02日(Sun)21:59 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。