五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『君に届け』episode.22「クリスマス」感想

一昨日の日曜は、どうしようもないくらい疲れていましたけど、今日はとても元気です。昨日、いつの間にか眠ってしまっていたのにね。ということで、ガンガン感想を書いていきましょう。まぁ、気持ちのいい天気なので、出かけたいとも思ったりもするんですけど・・・。とにかく、『君に届け』の感想を。今回の第22話をもって、録りためていたものはすべて消化です。あと3話は放送されるのを待つばかり、ということになります。『君に届け』強化期間、なかなか大変だった・・・。まぁ、おもしろい作品なので、順調に書いていけたのはよかったですけどね。では、第22話の感想、いってみましょうか。

今回は、とてもおもしろかったです。

元に戻った千鶴と龍の関係。12月も半ばのそんなとき、風早くんを中心に、クラスでクリスマス会をしようという話が持ち上がってきた。爽子は風早くんに直接誘われ、行きたいという思いを募らせるのだった。だが、爽子には、家でのクリスマス会のことが・・・。クラスでのクリスマス会のことを両親に切り出そうとする爽子だったが、父親があまりにも爽子とのクリスマス会のことを楽しみにしていて、言えずじまいに終わってしまう。そしてクリスマス当日、家でのクリスマス会でも、クラスのことが気になる爽子。そんなとき、電話が・・・、という話。

おもしろいシーンで笑わせながらもくどくなく、それでいて爽子の葛藤がとても心に響く、そして最後は感動的な展開。とてもいい話だったと思います。クラスという新しい関係を獲得した爽子が、家族というもともとある関係との間で葛藤する様は、とてもよかったです。家族とのクリスマス会をあっさり捨てきれずに葛藤するのは、それだけ彼女が優しいからでもあるんですよね。それにしても今回の話、成長した子どもが、家族という枠を越えて羽ばたいていくようで、とても印象的でしたよ。それだけ爽子が成長したんだなぁ、というのが感慨深かったし。

爽子の父親、いい味出しているなぁ。親にとっては子どもはいつまでも子ども、爽子の父親にとっては、クリスマスも爽子を子どもとして扱うのに例外ではないようで・・・(笑)。高校生の娘に向かって、サンタさんにプレゼントをお願いするように言うって・・・(笑)。純朴な爽子でさえ、あきれるような感じで、とてもおもしろかったです。子の心、親知らず、なんですかね。でも、父親の言うことに、なんだかんだと従う爽子が・・・(笑)。いつまでも子どもを演じなくてはいけない爽子の気持ちはよくわかりますよ。父親、爽子の風早くんにあげようとしていたプレゼントまで奪いやがって・・・(笑)。あれは爽子、怒っていい。勘違いでもさぁ、父親、爽子からプレゼントされるまで待っているべきだろ。で、父親、気に入ったのか、家の中でずっとニット帽かぶってるし(笑)。

結局、クラスのクリスマス会のことを家族に切り出せず、家でのクリスマス会に参加する爽子。まぁ、いくらクラスメートが大事になったといっても、家族も大事にしなければいけませんからね。でも、爽子の心の中はクラスのクリスマス会のことでいっぱいで。やっぱり高校生にもなれば、家での毎年のクリスマスよりも、みんなでワイワイやりたいと思うものだよね。しかも爽子には、風早くんや千鶴、あやねといった家族以外の大事な人もできているわけだし。爽子の家でのクリスマス会、決してつまらないものでもなかったと思うんだけど、クリスマスなのになんかさびしく暗い感じだったのが印象的でした。

そんなときかかってくる一本の電話。風早くんをだすとは、あやね、やっぱり策士・・・(笑)。クリスマスプレゼントとか言っちゃうところがまた・・・。電話越しに聞こえる楽しそうに盛り上がってるところが、爽子にとっては辛いよね。でも、電話してくれるってことは、それだけ爽子が大事にしてくれているってことで、うれしいことでもあるよね。で、涙でしゃべれなくなった爽子に代わって母親がでるとは、風早くん、かわいそう・・・(笑)。こういうとき非常にドギマギするものだと思うのですが、風早くん、堂々としているなぁ。で、一方の爽子の父親、プレゼントに爽子が本当にほしがっている携帯電話とは・・・。くそ、このおやじ、爽子のこと、何も分かっていないように見えて、やりやがる・・・。泣きそうになりましたよ。爽子のこと、ちゃんと見ていないように見えて、見ているんだな、と。やっぱり、親、ということなんですかね。

携帯電話をもってクリスマス会に急ぐ爽子。もう誰もいないように見えて、風早くん、いなかったら男じゃないぞ、なんて思っていたら、やっぱりいました(笑)。さすが、男の中の男、・・・というほどでもないか。爽子へのプレゼントが、携帯のストラップとはまたにくい。でもいいですね、初めての携帯のアドレス交換が好きな人なんて。なんかとてもロマンチックでしたよ。で、爽子からのプレゼントは、・・・そんなところでおとさなくていいから(笑)。とてもおもしろかったですけど。風早くんには、腹巻もネックウォーマーに見える・・・(笑)。

そういえば、前回気になっていた千鶴と龍の関係、元に戻ったという感じなのね。以前より距離は縮まったのかもしれませんが。でもなぁ、あんな風に龍に慰められたらなぁ・・・。まぁ、いいや。爽子と風早くんも、相変わらず少しずつ距離を縮めているようですけど、なかなか踏ん切りがつかない感じはしますね。とにかくあと三話、どう話が進んでいくのか、気になります。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

君に届け Vol.7 [DVD]君に届け Vol.7 [DVD]
(2010/06/23)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎君に届けepisode.22「クリスマス」

リュウとチズは仲直りしてた。しかし、チズはテストが補習になる。カゼハヤがみんなでクリスマスパーティしようといいだす。いってもいいんだとサダコが思う。しかし、サダコはまだ...

ぺろぺろキャンディー 2010年09月14日(Tue) 21:31


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。