五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第六話「目標は虎牢関」感想

私事ながら、明日から数日間出かけます。ネットができないことになると思われるので、このブログもお休み。まぁ、3月とかのこと考えると、大したことでもないですけどね。今日はもう出かける準備で大わらわですよ。仕事から帰った後、『荒川アンダーザブリッジ』の感想を書き、荷物を出しに出かけ、やっとこさ『三国伝』の感想、という感じ。荷造りだのなんだの、やることはまだまだあるぞ・・・。明日、ちゃんと起きれるのでしょうか?自分でも不安です。さて、感想にいきますかね。第6話の感想です。

今回は、おもしろかったです。

董卓のいる雒陽、そこへと続く道にそびえたつ虎牢関。その虎牢関を前にした孫堅軍のもとに、長沙にいるはずの孫堅の娘、孫尚香がやってくる。自分も一緒に戦いたいという孫尚香を加え、孫堅軍は、ついに虎牢関へと軍を進めるのだった。孫堅軍の前に立ちふさがったのは、虎牢関から飛び出してきた華雄。そんな華雄の刃が、孫尚香を狙う・・・、という話。

孫堅軍を取り上げた話でした。孫堅を中心とした、かれらの家族関係を見せるという感じの話だったかな。ということで、主人公劉備の出番は無し(笑)。曹操は、ちらちら出てきていたのにね。そんな今回、孫尚香や華雄が場を賑やかし、孫堅や曹操が真面目に話を進める、という感じで、とてもバランスのとれた回だったと思います。笑いながら見つつも、見た後の充実感もちゃんとある、そんな印象でしたよ。まぁ、物語自体がそんなに進んだ、という回でもなかったんですけどね。

今回初登場の孫尚香。真面目な孫堅や孫策、そして陰気な孫権という地味なだった孫堅軍に現れた、まさに華。彼女がはっちゃけることで、彼女だけでなく他のキャラクターたちも引き立つ、そんな印象でした。彼女の登場で、一気に孫堅軍が魅力的な集団に見えるようになった感じです。その恩恵を一番受けたのは、孫権なのかな。いままで孫権は、こういうキャラクターだとわかっていながらも、見ていてイライラする、そんな感じでした。それが、真逆なタイプの孫尚香の登場で、孫権みたいなタイプも必要なんだな、と実感しました。それに、彼女のおかげで、孫権も少しだけですが成長しましたしね。

そんな孫尚香、アバンからあんな登場をするとは・・・(笑)。で、長沙から孫堅軍にやってきたわけですが、一人で走って・・・!?彼女の体力と体、すごい・・・(笑)。で、ついた端から大暴れ(笑)。落ちてきた槍、向きが逆だったら、孫権死んでいたぞ(笑)。そして最後には、救ってくれた孫権に対して、見事なまでのツンデレっぷり(笑)。自分、ここまでテンプレート的なツンデレを見せられると冷めてしまう方なんですが、なぜかとてもかわいく魅力的に写ってしまった・・・。彼女のツンデレを見て、なんでしょうね、かわいいと思いつつも、わらってしまうあの感じ・・・。

今回のもう一人の賑やかしキャラ、華雄さん。前回ご指摘いただきましたが、こういうキャラだったのね、なるほど。大見え切って、虎牢関から転がり落ちる華雄さん(笑)。そのままの勢いで戦おうとする華雄さん(笑)。前回敗れた劉備たちがいなくて安心する華雄さん(笑)。で、一番弱そうな孫尚香に狙いをつけ、戦いを挑む華雄さん(笑)。最後は、孫堅の虎錠刀の餌食に・・・。惜しい人を亡くしてしまった(笑)。今回の話を見て、もっと華雄を見たかったと思いましたよ。

孫尚香も登場し、とても楽しく見られた今回の話。最後に、虎牢関の虎の口から呂布が登場しましたね。ということで、次回は、呂布と今回の解説役をしていた曹操との二度目の対決の話になるようです。どういう話になるのでしょう?決着は、・・・つかないだろうなぁ。とにかく、次回も、楽しみにしてますよ。

SDガンダム三国伝 風雲豪傑編(2) <完> (KCデラックス)SDガンダム三国伝 風雲豪傑編(2) <完> (KCデラックス)
(2008/05/16)
ときた 洸一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。