五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『けいおん!!』第4話「修学旅行!」感想

今日は、・・・つかれた。いい天気で、気持ちよく仕事を・・・、って感じだったのですが、忙しさが半端ない。どうするんだ、月曜からこんなに疲れきっていて・・・。長いんですよ、今週は。まぁ、なんとかなるでしょ、そんな気持ちでいくしかないですよね。さて、書く感想が決まっていない月曜の今日は、こちらで先週放送された分の『けいおん!!』の感想です。今日書いておかないと、また感想をためてしまうことになるし、頑張って書きますよ。では、『けいおん!!』第4話の感想です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

三年生の唯たちは、修学旅行で京都へ。そして軽音部の四人は、四人編成の班で一つの班となっていた。旅行ではしゃぐ唯と律。ここぞとばかりに、修学旅行を満喫するのだった。しかし、軽音部の班は、たびたびさわ子先生にも怒られてしまう。班長の澪も、そんな二人に頭を悩ませていた。嵐山からの帰り道、四人は道に迷ってしまい・・・、という話。

バンド関係のことそっちのけで、高校生活を満喫する一期のころの『けいおん』が帰ってきた。・・・って、そこまで悪くはないか。自分、この作品は、軽音部の話だし、音楽関係の話で盛り上げてほしいという思いがあるんです。で、今回、修学旅行というイベントごとを題材にした話だったし、こうなるのも仕方ないのかな、って感じはします。楽器店を登場させたり、唯に、三年生で軽音部も・・・、なんてことを思わせたり、軽音部としての活動と切り離された話ではないよ、と思わせるようにはしているしね。まぁ、こんな話もあってもいいじゃない、という感じもしますね。

それにしても今回、描写のリアリティはすごいなぁ、と感心しますよ。京都って感じがすごくします(まぁ、自分、京都にはそう何回も行ったことはないのですが・・・)。さすが、京都アニメーション。それに、唯たち四人の行動も、修学旅行に来た高校生って感じがすごく出ていましたよ。唯や律みたいにはしゃぐ子もいたなぁ、って思い出すし、澪や紬の気持ちもよくわかる感じがしましたよ。ただ、そんなリアリティあふれる描写はいいのですが、そのためか、話自体がそんなに盛り上がるわけでもなく、すっと流れて行った感じなのが気になりました。

話としては、修学旅行ではしゃぐ唯と律に気をまわしていた澪が、最終的にはせっかくの修学旅行だし楽しむべき、と思うようになるというのを見せたかったのだと思う。でもなぁ、いっても修学旅行だし、唯と律がはしゃぎすぎな感じがしてしまうし。むしろ澪がいるからこそ、二人がはしゃぐことができるってこともあるんじゃない?それに、澪もそこまできっちり計画通りに進めていこうという感じでもないし、そんな澪の変化を見せられても、って感じがしてしまう。まぁ、自分が、周りに気をまわしすぎなタイプで、澪のようなことを思ってしまうからなのかもしれないですけどね。

なんか、よくある修学旅行の光景を丁寧に描写した話でしたが、それで話がそこまでおもしろかったかというと・・・、みたいな感じの回でした。まぁ、修学旅行という特異な回の話でもあったわけだし、こういう話もあっていいのかな?で、次回は、唯たちが修学旅行にいったとき、同じ時間の梓たちの話なのかな。予告では、そんな印象を受けたけど。なんか、次回のほうがおもしろくなりそうな感じはします。とにかく、次回は、楽しみにしていますよ。

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
(2010/07/30)
豊崎愛生日笠陽子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。