五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第八話「たぎれ!戦慄の暴将」感想

先の記事にも書きましたが、今日、仕事は休みでした。なので、この『三国伝』もリアルタイムで見て、感想を書くこともできたんです。が、全く書く気どころか見る気にもならなくてねぇ・・・。レコーダーが録画しているのを確認しつつも、ぼーっとパソコンの画面を眺めてました。で、夜の今になって感想です。『荒川アンダーザブリッジ』の感想を書いて、少しはやる気がでましたよ?明日には、今週の疲れもすっかりとれてくれるといいんだけどなぁ。では、『SDガンダム三国伝』第8話の感想です。

今回は、おもしろかったです。

虎牢関を前に、立ちふさがる呂布。その強さに、反董卓連合軍は先に進めずにいた。盟主の袁紹は、一度兵を引くことも考える事態であった。そこに、劉備が現れ、呂布との対決を申し出る。公孫瓉は、劉備たちをみすみす殺すわけにはいかないと、劉備が呂布を引きつけている隙に、総攻撃をかけることを進言する。しかし、それは袁紹に断られ・・・。そして、劉備たち三人が呂布に対決を挑む。三人がかりであっても、呂布の強さの前に歯が立たない劉備たち・・・、という話。

やっと主役の劉備たちに出番が回ってきました。しっかりと呂布に因縁をつけることになったのもよかったです。虎牢関攻略の作戦自体も、結果劉備たちが呂布を引きつけている間に、虎牢関を落すということになったしね。まぁ、なんにせよ、なかなか熱い回だったのが、今回楽しめた一番の理由かな。しかし、なぜサブタイトルは呂布なんだろ?

呂布と、劉備・関羽・張飛三人の激突。話の筋自体は、まぁ予想した感じではありました。劉備たち三人がそれぞれで呂布に立ち向かっても相手にならず、三人が力を合わせたときに、呂布と互角に戦えるという。でも、その見せ方がしっかりと熱い話としてみせていたのはよかったです。「力こそ正義だ」という呂布に、燃え上がるようになる劉備がカッコよくてね。冷静さのなかに熱いものを感じさせる曹操と違い、正直に自分の思いを力に変えるのが劉備の魅力なんだな、と思いましたよ。また、三位一体の攻撃も、あっさりと終わらず、いろいろと動き回る感じでカッコよかったですよ。そういえば、張飛はここで片方の鎧が壊される、ということになるのね。

劉備たちと呂布との対決の隙に、虎牢関への攻撃を進言する公孫瓉。公孫瓉としては、劉備たちを殺したくないから、ということがあったからだと思いますが、それを断った袁紹はなんでだろ?手柄を立てたい云々も、総攻撃がダメならわが軍だけでも、と言ったからなんだし。袁紹としては、公孫瓉の進言を素直に受け入れて、ということ自体がプライドとして認められなかっただけなのかな。でも、結果的に、公孫瓉が言ったように、劉備が呂布を引きつけている間に虎牢関を落す、ということになったわけで。これ、袁紹の命令だったの?なんとなく、戦局を見て、曹操と孫堅が動いた、って感じにも思えたけど。実際、どうなんだろ?袁紹の命令だったら、彼も勝ち馬に乗る感じで、一緒に虎牢関に言っている感じもするしなぁ。やっぱり、機をみて曹操と孫堅が動いた、って感じなんでしょうかね。

劉備が呂布を倒せるのか、ってところで、張遼と貂蝉が呂布の援軍として登場。張遼、かっこいい・・・。貂蝉は相変わらず、呂布に「邪魔をするな」って言われていますね。かわいそうに・・・。で、呂布の退却のときに、馬がバイクに・・・(笑)。まぁ、こうなることは知っていましたけど・・・。こういう使い方をするんだ・・・。あと、今回、李儒や孔明といった新しいキャラクターも、ちらっと姿をみせました。二人とも、キャラクターとしては、自分が想像していた感じ、そのままでしたよ。孔明はともかく、李儒は先が短いような感じもするし、もう少し前からちらっと出しておいてもよかったんじゃない、なんて思ったり。孔明については、こんなところで登場して、どういうかたちで劉備たちと合流するんだろう?なんて気になったりしましたよ。

さて、次回は、舞台を雒陽に移して、ということになるようですね。董卓との最終決戦の始まりになるのかな。どんな話になるのか、とにかく次回も楽しみにしてますよ。

SDガンダム三国伝 風雲豪傑編(2) <完> (KCデラックス)SDガンダム三国伝 風雲豪傑編(2) <完> (KCデラックス)
(2008/05/16)
ときた 洸一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。