五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第九話「炎上!光の都」感想

先週の土曜に書くはずの感想、今日やっと書きます。明日、次の話が放送されるというのにね。ギリギリ感想をためることなく済んだということで。別に、この作品の感想を投げ出そうとしていたわけではないですよ。先週の土曜は、飲み会だったため書けずに、その後今日まで書く余裕がなかったというだけで。で、明日も飲み会の予定が入っている・・・。次回もたぶん、感想が遅れます。今回のようにならないように、なるべく早く書きたいとは、思っていますけど、どうなることやら・・・。ではでは、『SDガンダム三国伝』第9話の感想、いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

一人、雒陽で、邪悪な空気の謎を探る孔明。宮殿では、虎牢関を落された董卓が、李儒の提案した雒陽を焼き払って後退するという作戦を進める。民を無視するその行いに徐晃は反対するのだったが、董卓は玉璽の闇の力に取りつかれていたのだった。一方、虎牢関を落した反董卓連合軍は、司馬懿から玉璽の可能性と危険性を教えられ、急ぎ雒陽へと進軍するのだったが・・・、という話。

これからの話を盛り上げるための下準備と、玉璽にまつわることを説明した話だったかな、と。前回までの、戦闘が続くような話と比べると、かなり落ち着いた話でしたね。董卓の暴虐さを見せる回ということもあって、話全体の雰囲気も暗いものだったし。なんにせよ、次回以降の話の展開によって、今回の話の意義が出てくるのでしょうね。

今回の話から本格的に登場した孔明。今の段階では、董卓軍、反董卓連合軍のどちらにも加わらず、情報収集に徹しているという感じみたいです。まぁ、こんな段階で、孔明が積極的に反董卓連合軍で活躍していれば、それはそれで面白みがなくなってしまうような感じはしますし、これでいいのかな、と。それに、今回の孔明の役回り、意外といい話のアクセントになっていたと思いますよ。董卓の動きが中心の今回の話だし、孔明がいなければ、もっと話全体が黒々と重苦しい感じになっていただろうし。そういえば、早速技を披露した孔明ですが、もしあの鳥を偵察に行かせたときに襲われたら、どう戦うんだろ?ちょっと疑問に思ったり。襲われないのが分かっていたからこそ、偵察に行かせたのでしょうけど。

雒陽の焼き払う董卓。玉璽に取りつかれていたからこその行いのようですね。もし、取りつかれていなかったら、こんなことはしなかったのかな?民を無視した発言は、ちょっとわざとらしい感じもしましたが、劉備たちとの対比を際立たせるという意味ではよかったと思いますよ。そういえば、李儒も玉璽の闇の力に包まれていましたが、彼は普通でよかったんじゃない?闇の力云々がなくても、性根の腐った悪役みたいなのはいてほしいものだし。徐晃、今回の話で大きく動くのかなとも思ったけど、董卓のやり方に疑問を呈するみたいな感じで終わりましたね。でもまぁ、彼が今後どう動いて行くのかは楽しみにしてます。

一方の反董卓連合軍の首脳部、司馬懿先生による玉璽についての授業のようです。玉璽は、三侯の魂の宿ったものが手にすれば巨大な力を発揮し、それ以外の者が手にすれば闇の力となるようです。アバンでの説明もあり、わかりやすかったですよ、司馬懿先生。今回の話、孔明と司馬懿、二人の軍師がそれぞれなにかしていたのは、因縁を感じさせるような作りでした。そういえば、この反董卓連合軍の会合に劉備も参加していたけど、前回の戦いでそれだけ周りからも認められるようになったということなのかな?今後のことを考えると、劉備にはあの場にいてほしい感じもしますけど。でも、孫権がいない・・・。親父がいれば十分なのかな?にしても、袁紹と袁術の兄弟は、玉璽のことを聞いて、ノリノリだなぁ。今回登場のキャラクターで、あの二人だけ、空気が違う(笑)。玉璽は、あんたらが持ってはいけないものなのにね。

最後は、劉備と曹操が、雒陽を焼き払ったことに強い怒りを感じて終わりでした。董卓と反董卓連合軍で、民のことを思うか否か、そういった対立がうまく見えていた感じがしましたよ。さて、次回は、・・・あのサブタイトルで何が起こるのか丸わかりなんですけど・・・。まぁ、今回もそうとも言えるけど・・・。次回は、孫堅が死ぬ話のようです。なんにせよ、どう彼の死を魅せるか、ですよね。ということで、次回は、楽しみにしてます。

BB戦士三国伝武将大全 (DENGEKI HOBBY BOOKS)BB戦士三国伝武将大全 (DENGEKI HOBBY BOOKS)
(2010/04)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。