五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『荒川アンダー ザ ブリッジ』「12 BRIDGE」感想

暑いですねぇ~。昨日の夜、なんて暑くて全然寝付けなくて・・・。そういえば、昨日はあまりにも仕事で疲れすぎ、時間もなかったので感想書けませんでした。べつに飲みに行っていたわけではないですよ、・・・まぁ、家に帰って一人で飲んでいましたが・・・。ということで、今日、昨日の分の感想です。しかし暑い・・・。感想を書く気力もうせる感じなのが困ります。でも頑張っていきますかね。では、『荒川アンダーザブリッジ』第12話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

父に電話することができなかったリク。そんなリクを住人たちは罵るのだが、ニノだけはリクをかばうのだった。その機を見て、星は自分の方がニノに相応しいとアピールするのだが、「星に願いを」という言葉をマリアに捕まえられ、橋の下から川に飛び込むことになってしまう。星とともに飛び込むことになってしまうリク。そのころ、リクの父の進める河川敷開発計画は、何者かの介入によって、中止になってしまう・・・、という話。

リクの父の開発計画の頓挫と、ニノとリクの父の邂逅、そして父に電話でき、結果的にニノへの思いを伝えるリク、作品的には今回がクライマックスの話だったのかな。ニノとリクの父が会ってからの話はおもしろかったけど、リクの父の開発計画はあまりにもあっさり中止になってしまったなぁ。まぁ、ギャグアニメだし、これでいいのかもしれませんけどね。

父に電話できなかったことを発端としたリクいじめと、その後のリクと星の飛び込み。リクの罵る住人たちのなかで、ニノだけがリクの味方をしていましたね。ニノがそれだけリクが好きだということの表れでもあるのでしょうけど、リクにとってはニノがかばってくれることもつらいことですよね。好きな人に助けられる、ニノにそんな気はないのでしょうけど、憐れんでいるようにも思ってしまうし。なんか学校での出来事で、こんなこと、ありそうな場面だなぁ、なんて思ったり。そして、ここぞとばかりニノにアプローチする星に、マリアの罠が・・・(笑)。マリア、今回絶好調だったなぁ。毒舌にもキレがある感じだったし。こんなことになってしまう星、人間、他人の失敗を嘲笑したり、利用してはいけない、ということですかね。橋の下から飛び込むことになった星をバカにしたリクも一緒になって飛び込むことになってしまったし(笑)。まぁ、一番他人を嘲笑しているのは、マリアですけど・・・。にしても、かれら、重大な事態が進んでるそのときに、バカなことをやっているなぁ・・・(笑)。行為自体は、神頼みともとれなくもないですけど。

リクの父が進める河川敷開発警戒が、何者かの圧力によって頓挫してしまう。こんなことをしたのは、村長ですね。って、何者なんだ?何を後ろ盾に政治に対してこれだけの影響力をもっているのでしょう?結局、村長の正体、後ろ姿だけでどんな顔をしているのかあきらかにされませんでしたけど・・・。でも、なんかかっこよかった・・・。このとき、住人たちも、おバカであっても、もう少しかれらなりに開発計画に対決する行動をとっていてくれていたらなぁ。まぁ、こんなことができる村長がいるからこそ、こんなときでも住人達はのんびりしていられるのかもしれませんけどね。でも、これだけ引っ張ってきたこの開発計画のことがこんなにあっさり解決してしまったのは、ちょっと残念でした。

橋にやってきたリクの父。格好が第1話のリクと同じになっているんですけど・・・(笑)。親子というのは似るということなんですかね。で、ニノとの出会いも・・・。リクの父は、ニノに惹かれるところがあったようですが、それは彼の妻の面影を感じるからのようですね。つまり、リクにとってもニノには、彼の母の面影を知らず知らずのうちに感じていたということなんでしょう。母の面影をもつ(本人は知らないでしょうけど)ニノに惹かれていくリク、そして父を乗り越えようとするリク、まさにエディプスコンプレックスな図式ですなぁ。で、借りを作らないために携帯ごとズボンをニノにあげる父、その格好で帰るのかよ・・・(笑)。公然わいせつで警察に捕まってますけど・・・(笑)。でも、パンツ穿いていれば大丈夫なんでないかい?

やっと父に電話することができたリクは、ニノへの思いを告白。父の電話にでているのが、ニノってのがおもしろいですね。リクは、父だと思ってニノについて話しているし。人間、やっぱり他人に話しているときのほうが、その人への思いというのが正直に出るものでもあるのでしょうしね。

リクの父が進めてきた河川敷開発計画が失敗し、話が一段落した今回の話。リクとニノの距離もさらに縮まったようでもあるし、雨降って地固まるなのかな。で、次回ですね。次回が最終回なんですかね。たぶん、最後は日常的なエピソードで終わりそうな感じがしますね。どういうかたちで話をまとめることになるのか、次回も楽しみにしてますよ。

荒川アンダー ザ ブリッジ VOL.1【数量限定生産版】 [Blu-ray]荒川アンダー ザ ブリッジ VOL.1【数量限定生産版】 [Blu-ray]
(2010/07/07)
ニノ(CV:坂本真綾)市ノ宮 行(いちのみや こう)=リク(CV:神谷浩史)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。