五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『けいおん!!』第11話「暑い!」感想

今日も、やっぱり仕事は忙しかったです。家に着いたの7時だし・・・。でも、明日は休み。やっとのんびりできます。そういえば、W杯で日本負けてしまいましたね。残念。仕事があるし、早々に寝てしまい、試合は見ていませんけどね。というか、今日一日、W杯そのものよりも、こちらではその後に放送されたこの『けいおん!!』がちゃんと録画されているのかのほうが気になっていました。で、時間が延長にもなりましたが、無事ちゃんと録画されていましたよ。よかったよかった。では、その昨日録画した第11話の感想、いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

夏、暑さの中での練習で、軽音部の面々は音を上げていた。どうにかして涼しくなる方法はないかと考える彼女たち。しかし、閉まってあった扇風機も壊してしまい、他の方法はどれもこれも一時的な対処法にしかならなかった。そんなとき、トンちゃんの水槽を大きいものに取り替えることになり、さわ子先生に車を出してもらうことになる。職員室にいたさわ子先生は、クーラーの効いた中で仕事していたのだった・・・、という話。

軽音部の暑さにまつわるエトセトラ、そんな話でした。時期的にも合っていて、暑さに弱い自分には、彼女たちの気持ちが非常によく分かります。ほんと、暑いと何もやる気が起きないですよね。そんな彼女たちに共感・・・。そして今回の話、軽音部が練習をしようとするのだけれど、暑くて・・・、という前提で話がはじまったのも良かったですよ。ただだべっているだけで、暑い暑いと言っているだけでも説得力もなにもないですからね。ただ、「暑い」というテーマのもと話が作られているのはいいのですが、もう少し話自体の展開はほしかったです。日常的な雰囲気は非常に感じられましたけど、この後どうなるんだ、という期待感がないために、話が非常に長く感じられてしまいましたし。

暑くて練習もままならない軽音部は、どうにかして涼しくなる方法を見つけようとする。まずは、服を脱いで水着でですか。考えた唯がやるのは当然ですが、それに続くのが紬とは・・・。その後の着ぐるみを着てのダイエットのときもそうですが、紬、最近やたらとノリがいいなぁ。律が続くと鬱陶しくなる感じもあるのですが、紬が続くと、それもありかな、なんて思えてしまう不思議・・・。あとは、怪談や気持ちの持ち方、氷水なんかがありましたが、どれもこれもうまくいきませんでしたね。そして扇風機は、みんなが近寄ってしまうその行動は、非常に良く分かります。まぁ、壊してしまうのは勿体ない感じはしましたけどね。

トンちゃんの水槽を大きいものと取り替えようと、大きな水槽を取りに行くためさわ子先生のもとへ。クーラーのきいた職員室。あぁ、学生時代を思い出す感じが・・・。ほんと昔は職員室にだけクーラーがあって、イラっとすることありましたよ。さわ子先生にしてみれば、クーラーのない軽音部に来ないのも当然ですね。先生っていいなぁ。クーラーのない教室で授業するのは地獄かもしれませんけどね。で、さわ子先生と紬で、水槽をとりに紬の家へ。さわ子先生が紬の家に関心を抱いてましたけど、どれほどすごい家なんだ?ちょっと見てみたかったです。

生徒会に、部室にクーラーをつけてもらうようお願いに行く律と唯。やたらと回りくどい三文芝居が・・・。なにを訴えたいのかわからなくなっているし・・・。二人は、和とも仲がいいんだし、普通にお願いすればいいのにね。で、生徒会では、すでに部室にクーラーをつけるかどうかの要求は承ったと・・・。会議に出ず、チャンスを逃していた部長の律は、全く・・・。というか、生徒会室、がらんとしていたし、生徒会室に間借りしたら、なんて思ったり・・・。和と仲がいいとはいえ、ダメなのかな?まぁ結局、次の会議で軽音部にもクーラーがつけられることになりましたけどね。で、オチは、唯がクーラーに弱かった、と・・・。唯、一番暑い暑い言っていたような気がするし、それでクーラーもダメなら、どうやって夏を乗り切るんだ・・・?

暑いこの季節、非常に親近感をおぼえる話でしたよ。彼女たちの暑さに対する行動も、とてもリアルに感じられたしね。でも、そこまでおもしろかったのかと言うと・・・。やっぱり、もう少ししっかりした話の軸がほしいなぁ。まぁ、そんな今回ですしたが、次回は、夏フェスの話のようですね。な、夏フェス、ちょっと楽しみな感じがしてきたぞ。どんな話が繰り広げられるのか、次回は、楽しみにしてますよ。

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
(2010/07/30)
豊崎愛生日笠陽子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。