五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『けいおん!!』第13話「残暑見舞い!」感想

夏の暑さに負けそうです・・・。今日は、暑かった。何もしなくても、じわりと汗をかくこの感じ・・・。汗っかきの自分には、ほんと嫌な季節です。これからもっと暑くなると思うと・・・。どうやって乗り切っていこうかな?あぁ、ビール飲みたい。さてさて、一昨日書くはずだった『けいおん!!』の感想です。一昨日の今日なら、そんなに遅れた感じにもならないかな。こちらでは、放送自体が遅れてるし・・・。そんな言い訳をしつつ・・・。では、第13話の感想、いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

夏休み。一人二年生の梓は、暇をもてあましつつ、先輩たちに残暑見舞いを書こうとしていた。だが、睡眠不足の梓は、居眠りをしてしまう・・・。眠りを覚ますかのように、憂が遊びに来て、学校へ行った梓。憂と二人だけの軽音部の部室で、梓はまたしても居眠りをしてしまう。たびたび居眠りをする梓。梓の見る夢は、どれも軽音部の先輩たちとのハチャメチャで楽しい夢だった・・・、という話。

またしても、梓が主役の話。こうも梓がクローズアップされるのは、三年生ばかりの軽音部のなかで、ただ一人二年生という異質な存在だからこそですかね。また、唯たち三年生が、その連帯感が強いために、その四人の世界から広がりを持たせにくいのに対し、梓は、軽音部とは別に憂たちとの友達関係を持っている、というのも大きいのかな。まぁ、それらが梓に、軽音部という枠からの疎外感を感じさせる原因でもあるんですけどね。そんな梓が主役の今回の話、「胡蝶の夢」のようなことをとりいれて凝った話を魅せてくれたのは、良かったと思います。でも、軽音部の話なのに、音楽的なのは梓の夢の中でちらっと見せるだけだったのはなぁ・・・。やっぱり、どんな話でも、音楽や演奏というところに、話を集約させてほしいという感じはしますね。この際、梓と憂とジャズ部の子三人で、「放課後ティータイム」とは別にバンドやっちゃおうよ。

図書館で勉強する三年生たちとは別に、暇でのんびりとした夏休みを送っていた二年生の梓。梓は二年生ということでそんなに勉強しなくていい、というのもあるのですが、大人の立場とすると、そもそも夏休みがあるのがうらやましい・・・。いいなぁ、梓みたいな日々を送ってみたいよ・・・。まぁ、当の梓としてみれば、三年生たちと一緒にいることもできず、疎外感のようなものを感じて、寂しさみたいなものもあるのでしょうけどね。でも、憂もいるし、遊びに行けていいんじゃないかな、と思いますよ。そういえば、梓は軽音部という枠組みからはみ出した、みたいな感じがあるのでしょうけど、部活やっていない憂はどうなんだろ?唯が毎日のように勉強に出かけているようなら、憂のほうが梓よりよっぽど暇で寂しいような夏休みを送っているような感じもするんだけど・・・。

梓が、たびたび見る居眠りでの夢。初めの唯のギターにまつわる夢のときは、あれ?なんて思ったけど、それ以降は、すぐにこの場面は夢だな、というのが分かる感じになりましたよ。初めの唯についての夢は、おもしろかったなぁ。これ、夢じゃなくて、現実のエピソードとしてあってもおもしろかったんじゃない、なんて思ったりしましたよ。あとの夢の話は、ちょっと破天荒さが・・・。まぁ、夢ですからね。前半、夢の中での梓は、現実とは別に、日焼けしていない状態でしたね。こういうちょっとした仕掛けはおもしろかったです。でも、後半のプールでの夢では、梓はすっかり日焼けした状態で・・・。前半からだいぶ日が経っているからなんでしょうけど、夢は夢で統一させてもよかったんじゃないかな、と思ったりもしました。あの場面で、日焼けしていない梓が出てきたら、すぐに夢だとばれてしまう、というのもあるからなんでしょうけどね。この梓の夢、そこには必ず今一緒にはいないはずの先輩が出てくるというのはポイントですね。それだけ梓が先輩たちと一緒にいたい、いたらもっと楽しめる、という願望が隠れているということですよね。

そんな会いたい唯たち三年生と、梓はプールの後に会って、一緒に夏祭りに行きましたね。唯たちと一緒にいることは、夢なのではないかと思うほどに、梓にとって楽しいことだったようで。梓が先輩たちと一緒にいたい、と思っていましたが、唯たち三年生は三年生で、梓を忘れたわけでもなかったし、彼女を疎外していたわけでもなかった、ということも重要なのかな。そんな唯たちと一緒にいる梓。たしかに、唯たちのテンションは、梓や憂たちとは別物のような感じはしましたよ。パッと花が咲いたような感じがしたというか。でも、そのオチが夏祭りというのはなぁ・・・。別に悪くはないとは思いますけど、定番というかなんというか・・・。で、綺麗な花火を魅せてくれるわけでもなかったし・・・。もう少し、この作品らしいオチを持ってきてほしい感じはしましたよ。

今回、話も凝っていて、それをうまく見せてくれた回ではありました。でもやっぱり軽音部の話だし、音楽や演奏というところでオチを持ってきてほしかった感じも・・・。高校生のリアルな感じはするんですけどね。まぁ、前回の夏フェスの話でもあったし、今回は省エネな感じの話でもあったのかな。で、次回は夏期講習の話のようで。軽音部の活動なんかも見せてほしい感じもするのですけど、どうかなぁ・・・?まぁ、とりあえず、次回は、楽しみにしてますよ。

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
(2010/07/30)
豊崎愛生日笠陽子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。