五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第十六話「戦慄の幻影」感想

さっきまで、大音量で音楽が流れてました、・・・近所から。しっかりと聞こえなかったんだけど、何だったんだろう、あの曲?はじめ、近所で祭りでもやっているのかな、とも思ったんだけど、どこかの部屋で音楽を聴いていただけだったようです。感想を書くには、迷惑な感じもしますね。でも、こんな早い時間だし、自分も結構大きい音で音楽聴いていることもあるし、仕方ないかな、とも思ったり。どうでもいいことですね。では、『SDガンダム三国伝』第16話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなかおもしろかったです。

民の平和のためには、天下の統一こそ重要だと考える曹操。自分こそがその統一を果たす者と考える曹操に、家臣たちは天玉鎧のような大きな力について議論をしていた。呂布が天玉鎧を呼び出した今、三侯とは、一体だれなのか。呂布の呼び出した、天玉鎧のカメの姿は何だったのか。そんなことが話題となっている曹操軍のもとに、ある人物が姿を現す・・・、という話。

あれ?自分が想像していたような話とはずいぶんと違った・・・。呂布がこんなところで姿を現すなんて・・・。すみません、前回の感想での予想は、全然的外れでした、自分・・・。いろいろと申し訳ないような気分です。サブタイトルみれば、誰が出るのか、なんてある程度予想がつくものなのにね。全く注意を払っておりませんでした。恥ずかしい・・・。

さて話は、民のため天下統一を進めようとする曹操の前に、呂布が姿を現す、といったものでしたね。曹操にとって呂布はこんなに因縁深いキャラなんだ、と改めて思い知らされたり。これまでの話を思い返してみれば、そう話を作っているんだな、と思い至りますけどね。それにしても、曹操と呂布の対決は、相変わらずかっこよく魅せてくれるなぁ。見せ方が、本当にうまい。で、統治のことも考える曹操よりも、ただひたすらに強さだけを求める呂布のほうが、強さでは一歩先を行く、という感じでしたね。それにしても、相変わらず寸止めで撤退してくれる呂布、優しいというか、なんというか・・・(笑)。呂布さん、強さを言い訳に、しっかり話の都合を考えてくれるんですね(笑)。

今回、前半は、呂布や天玉鎧のことを話題にしつつも、曹操軍の武将たちを改めて紹介する、という感じでもありました。夏侯惇、しっかり片目眼帯してる。董卓軍にいた徐晃も、すっかり曹操軍の一員なんですね。ちょっと軋轢みたいなものを感じさせるところもありましたが。徐晃、人当たりのいい感じもしますけど、結構、言うことはちゃんと言う、という性格なんですね。そして、出ました郭嘉。まだ腹黒さは、あまり感じない。まぁ、彼の活躍はこれからですかね。

曹操の前に現れた呂布。初め何もしゃべらないので、偽物?とも思いまいたけど、正真正銘の本物でした。なんだかんだで、曹操と呂布のバトルになるあたり、何しているんだ曹操軍、という感じもしてしまったり・・・。でも、そうならざるを得ない理屈付け、展開はとてもうまかったと思いますよ。そして、新たな技まで覚えていた呂布。しっかり曹操より強くなっていた、と。呂布としては、いまの曹操の強さをはかりにきて、彼を鍛えに来た感じだったのかな。曹操、敗れた形で終わったのに、部下たちには弱いところを一切見せないあたり、かっこいい・・・のか?リーダーは大変だなぁ。

呂布と呂布隊は、袁術に従っているみたいですね。あれ、呂布はなんでこんな小物に・・・、なんて思ったりもしましたけど、それはそれで呂布らしいですかね。で、2クール目になって初めて出てきましたね、袁術。彼が今後どう動いていくのか、注目してます。さて次回は、孫一族の話のようです。太史慈と孫策の話ですか。どう見せてくれるのか、次回も楽しみにしてますよ。

SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors創世記 劉備編SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors創世記 劉備編
(2010/06/23)
岩本 ゆきお

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。