五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ REVERSE』第一話「約束」感想

昨日は、がんばって感想を書きすぎた・・・。ので、今日はのんびりとしたいところです。が、再開したこのブログ、たった二日で終わらせたくはないので、今日もドンドンと感想を書いていきたいです。有難いことに、書くべきアニメはいっぱいある・・・。あれ・・・?ということで、先週から始まった『テガミバチ』二期の感想。今回は、先週放送された第1話の感想です。先週書いておけばよかったんですけどねぇ~・・・。まぁいいや、では感想行ってみたいと思います。

今回は、いまいちおもしろくなかった。

ゴーシュと思われる人物にテガミを奪われたラグ。ゴーシュと問い詰めるラグに、彼はマローダーのノワールであると名乗る。そして、ラグに撃ち込まれた彼の心弾。それを受け、倒れてしまったラグ。しかしそこには、記憶を失ったノワールがゴーシュであることをうかがえるものが眠っていた。ラグは帰路、ゴーシュを連れて帰ってくるという約束を果たせなかったことを、シルベットにどう話したらいいものかとひどく落ち込むのだった・・・、という話。

二期の第1話ということで、どういうかたちでストーリーが始まるのかと思ったら、まんま一期の続きというかたちではじまりました。しかも、話が思いっきり暗い・・・。二期とはいえ、第1話なんだからもう少し楽しい雰囲気の話にしてほしかったなぁ。一期を見ていなかった人だけでなく、一期は見ていたけどそこまで熱中していなかった自分のような人まで振り落とされるような感じでしたよ。不親切な第1話だったなぁ、と。まぁ、この作品が大好きなひとにとっては、まどろっこしくならなくて満足の出来だったのかもしれないですけどね。でも、かなり間口でせまいんでないかい?なんて思ったり。

一期の最終回であったゴーシュと思わしき人物とラグとの接触、ここから話はスタートしました。ニッチとロダとの戦闘は結構迫力あるなぁ。で、ゴーシュと思わしき人物は、自分をノワールと名乗りましたね。てっきり、ノワールはゴーシュなのかというところで話を転がしていくのかと思ったら、ラグに撃たれた心弾からノワールがゴーシュであろうことが判明・・・。もう少し、ゴーシュとノワールの関係があいまいな状態で、話を引っ張っていってもよかったような・・・?まぁ、このことで、主人公のラグ、ひいてはこの作品の方向がこの第1話で明確に見えたのは、良かったのかもしれないですけどね。

「ディンゴ失格」と言われたニッチは、彼女も彼女で悩むことに。ラグにディンゴとしてニッチが必要だと思われたいがための彼女の行動も、自分のことでいっぱいいっぱいになっているラグには相手にしている余裕はなかったようですね。ラグとニッチ、両者とも自分に突き刺さった矢のことで頭がいっぱいで、相手思いやる余裕がないのは、痛々しいです。しかしまぁ、ニッチだけがこの作品の良心だなぁ。彼女の言動だけが、作品全体を和らげてくれるということを再認識しましたよ。

ゴーシュのことをシルベットにどう話そうか悩んでいるラグだったが、家に帰ると祝福が。アリアの行動、それは自分やゴーシュのためではなく、ラグのためだったのね。大人の余裕ってことなのかな。ラグはシルベットを思って悩んでましたが、シルベットにとっては喜んで当然の出来事ですよね。安否すらわからなかったゴーシュが、生きているってことが分かったわけだから。ラグの悩みは、シルベットのことを思っての悩みのようでありながら、本当は自分が傷つきたくない、自分を守りたいがために悩んでいただけだった感じがしました。で、シルベットとともに泣きあうラグ、・・・やっぱりキモいなぁ。一期のころの嫌なラグをすぐに思い出してしまいましたよ・・・。

ラグに相手にしてもらえず、姿を消してしまったニッチ。ラグが救われたかと思ったら、次はニッチの問題ですね。ラグがどういうかたちでニッチを救い出し、二人の中に新たな関係生まれてくるのか。次回は、楽しみにしてますよ。

テガミバチ REVERSE 初回限定版 1 [DVD]テガミバチ REVERSE 初回限定版 1 [DVD]
(2010/12/22)
沢城みゆき藤村歩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。