五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ REVERSE』第二話「パンツとパン」感想

続けて『テガミバチ』二期第2話の感想もいきますよ。・・・って、まだ昼間なのに、ものすごく眠たくなってきた。昨日は、寝るのは遅かったけど、ちゃんと寝たんだけどなぁ。なんでだろ?最近になってアニメをどばっとみているせいなのかな。それとも、この『テガミバチ』のせいなのか?とにかく、この感想を書いたら、昼寝でもします。では、感想です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

ラグとの絆であるパンツを置いて消えてしまったニッチ。ラグのディンゴ失格と思い行くあてのないニッチだったが、お腹がへり、パンと武器の店シナーズに忍び込む。ゴベーニ夫妻に見つかったニッチ。しかし、夫妻は彼女を気にいってくれる。そんなとき、ニッチをみて触発された大道芸人が、酔っ払って危ないことを始めようとしたのだった・・・、という話。

ラグとニッチの関係が元の鞘におさまる話ですね。ラグとニッチの間に新たな関係性が生まれるわけでもなく、二人の仲の良さの再認識、という感じだったかな。話自体は大きなものでもなかったんですが、ニッチ分が多くてのんびり楽しめた感じがしました。やっぱりニッチはいいなぁ。あの子供っぽさが癒しを与えてくれるんですかね?

ラグとニッチをつなぐ絆パンツ。それを大真面目に語るシルベットが・・・(笑)。ただシルベット、それを笑うザジに釈明しようとしすぎ。で、みんなと一緒にニッチを探しに行こうとするシルベットを止めるアリア。アリアさん、シルベットに「かれらが帰ってくる家云々」言っていましたが、「迷惑かかるから、おまえは行くな」っていっているだけのような・・・。

お腹がへって、ステーキを焼こうとシナーズに潜り込んだニッチ。捕まって、逆に夫妻に気に入られてしまうわけですが、主人であるラグのことを親だと思い、ひどい親だと思う妻の言い草が・・・(笑)。まぁ、ラグとニッチの関係を知らないわけだから、ああいう風に思うのも、当然だと思いますけどね。ゴベーニ夫妻は、ニッチを自分たちの子どもにしようとしていましたね。かれらの子ども、どうなったんだったっけ?一期で語られた気がしないでもないけど・・・、覚えてない・・・。

酔っ払って、屋根と屋根の間を綱渡りしようとする大道芸人、それを止めようと現れたのは、ラグ。ラグ、ニッチを探しているんだし、こんな他人ごとにここまで干渉するのは、いかがなものか、と。下から、やめるように叫ぶだけならわかるんだけど。しかし、ラグが他人を思いやり、傷つきそうになるのをみて、ニッチが主人であるラグという存在の大切さを気付く、という意味でも必要なことだったのかな。ああいうことをする人間だからこそラグにニッチはついてきたんだしね。そして、ラグがピンチになって助けるからこそのニッチです。それこそがディンゴという存在なのかな。ニッチが来たことで、彼女に任せて安心するラグの様子はよかったですね。これこそが信頼というものなのでしょう。しかし、ラグくん、大人に向かっても言い方が偉そうだなぁ。

ラグは、ゴベーニと知り合うことで、新たな力を手に入れていました。赤い薬莢。それがゴーシュのためにどう役立つことになるのか?なんか、今回の話、ラグとニッチがゴベーニ夫妻と知り合うことが話の大きな意味でもあったようですね。人間関係にさらに広がりがでたのはよかったかな。さて、次回からは、単発的な話が続きそうです。どんな話が待っているのか、次回は、楽しみにしてますよ。

テガミバチ REVERSE 初回限定版 1 [DVD]テガミバチ REVERSE 初回限定版 1 [DVD]
(2010/12/22)
沢城みゆき藤村歩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。