五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第十七話「新天地」感想

昼寝もして、気分はすっきり。ということで、またまたアニメの感想、いきたいと思います。これまたサボっているあいだに随分とたまってしまった『SDガンダム三国伝』です。まだ放送も終わっていないし、早く追いついてしまいたいんですけどね。なお、この後の話は全く見ておらず初見で感想を書いて行くことになるので、その点はご容赦のほどを。ではでは、だいぶ前の話、第17話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

新たな当主となった孫策と孫一族は、治めるべき地新天地を求めて江東へやってきた。江東では、領主がおらず、水賊がその地にのさばっていたのだった。長江で漁をしていた若者陸遜を水賊の手から助けたかれら。だが、その水賊たちも太史慈から逃れ、孫一族を頼るのだった。太史慈を前に、孫策は一対一の対決に打って出る・・・、という話。

孫一族が江東という拠点を手に入れていく話ですね。もっとつまらない話になりそうな話になりそうな感じもありましたが、陸遜と太史慈という二人のキャラクターをうまく話に登場させ、おもしろく見せてくれた印象でした。孫策と太史慈のバトル、ちょっとした小競り合いみたいな意味合いのバトルなのに、迫力があってとてもおもしろかったです。いや~、孫策、ギミック満載だなぁ。

孫一族と陸遜との出会い。孫尚香、陸遜が水賊に絡まれているところに一人登場し、彼女が一人で戦うの?と思ったら、後ろからぞろぞろと屈強な男たちが・・・(笑)。さて陸遜、かれはまだ若者ということですが、見た目的に若いかどうかなんて全然わからない(笑)。でも、彼が若いことを前提として会話が繰り広げられるのは、なんかおもしろかったです。

太史慈は、なんかかっこよかったですね。手を変え品を変え攻撃する孫策に対し、こん棒一本で相手をする感じがなんかいい。で、戦いに敗れた後の、孫策からの握手を拒む場面も・・・(笑)。もしかして、ツンデレ?今後、絶対、いい場面でかれらを助けるだろうことがみえるような気がしましたよ。そういえば、孫一族の「江東の民は、みんな家族」という理念、ちょっと気持ち悪い感じもしたなぁ。言っていることは、いいことなのかもしれないですけどね。

さて、次回も孫一族の話のようです。といっても、まだまだ18話。先は長いぞ。まぁ、それだけ楽しめるということで。今回は、孫策の活躍が目立った話でしたが、次回はだれにスポットを当てた話になるのかな?次回も、楽しみにしてますよ。

Justice・伝説を刻め!Justice・伝説を刻め!
(2010/10/27)
劉備ガンダム(梶裕貴)、関羽ガンダム(安元洋貴)、張飛ガンダム(加藤将之)、曹操ガンダム(乃村健次)、孫権ガンダム(島■信長)/Ko-saku劉備ガンダム(梶裕貴)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。