五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第十九話「皇帝宣言」感想

新たな一週間のはじまり。今週も忙しそうだ・・・。今日は、感想を書く時間があまりないので、『SDガンダム三国伝』にします。見てないアニメHDプレーヤーにたまりまくっているので、どのアニメの感想を書くかは選び放題!って、いつまでたっても減ってかないのが嫌になりつつあるのですが・・・。この作品も、全く放送に追いつける感じしないし・・・。まぁ、あきらめずにやっていくしかないですね。では、まだまだ先が長い第19話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

江東の孫策軍への攻撃に失敗した袁術は、武力をほとんど持っていないと噂の徐州の劉備軍に矛先を変える。そのころ、徐州では畑仕事に精を出す劉備たちがいた。そこに袁術軍が侵攻を開始する。袁術軍を前に、一人で迎え撃ち、紀霊を退けた張飛だったが、次に彼の前に現れたのは呂布だった・・・、という話。

いまさらですが、15分は短いなぁ。えっ、こんなところで終わるの?って感じでしたよ。張飛が呂布の攻撃を受けて、って、ところだもの。まぁ、無理に話を一話のなかに収めるよりか、二話構成でしっかりみせてくれたほうがいいですけどね。内容的には、袁術が玉璽を手に入れるにいたった経緯と、袁術の徐州侵攻がはじまった、ということでした。しかし、15分といえど、ほんと時間がすぎるのが早かった。それだけ、話がおもしろかったということでしょうね。

袁術が玉璽を手に入れた場面。董卓を倒した呂布が玉璽と一緒に倒れていたのを発見したのが彼だった、ということですか。目覚めた呂布に、へたれっぷりを見せる袁術が・・・(笑)。呂布も袁術のもとに置くことになったみたいですが、力を求める袁術と、ただ純粋に戦いを求める呂布の考えが合致したということみたいですね。しかし、今まで見てきた袁術、その特徴はずる賢さだけだぞ(笑)。なんとも素晴らしい小物っぷり。まぁ、それこそが彼らしいと言えるのかな?

畑仕事に文句を言いながらも、人一倍仕事にこだわる張飛。なんだかんだ言いながら、畑仕事も好きなんだね(笑)。それが幸か不幸か、彼の前に袁術軍が現れました。紀霊を一蹴したところまでは良かったんですが、そのまま一人で敵陣に突っ込んでしまう。やはり、劉備たちに知らせるのが得策だったのでしょう。でも、自分の力に自信をもち、そのまま突っ走っていくのが、彼らしいといえば彼らしいです。しかし、劉備たち、こんな近くで張飛が戦闘しているんだから、気づいてあげても・・・。

次回の話の前置きのような話だった今回の話。でも、十分おもしろかったですよ。惜しむらくは、いいところで話が終わってしまったこと。まぁ、15分番組だから仕方がないんですけどね。とにかく次回に期待です。徐州陥落ということですが、どういう形で陥落することになるのか、次回も楽しみにしたいと思います。

SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors 真三璃紗大戦 (超限定版ガンプラBOX 期間限定生産!『真 項羽ターンX VS 劉邦 劉備ガンダム コンパチブルキット』同梱)SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors 真三璃紗大戦 (超限定版ガンプラBOX 期間限定生産!『真 項羽ターンX VS 劉邦 劉備ガンダム コンパチブルキット』同梱)
(2010/12/02)
Nintendo DS

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。