五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.11「マヤの死」感想

ほんと嫌な天気が続くなぁ。さっきちょっと外へ買い物に行ったんですけど、まだ雨降ってましたね。雨だと、外へ出ても、気分がよくならないよ・・・。ほんといつまで続くんでしょう、こんな天気。さて、アニメの感想いきましょう。今日はまだ書きますよ。『世紀末オカルト学院』です。やっとあと3話ってところまでたどり着きました。残り少なくなると、やる気が出る感じがしてきますね。ではでは、第11話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

マヤとともに「ノストラダムスの鍵」を探すことを心に決めた文明。だが、家に帰ると、そこに美風の姿が。文明を連れだした美風。そこは、住民たちとともにマヤを魔女だとつけ狙う集会だったのだ。次の日、調査に向かったマヤと文明。文明は、ついマヤが魔女なのかと聞いてしまう。怒って先に帰ってしまったマヤ。しかし、文明が帰ったときに見たのは、マヤの死体だった・・・、という話。

衝撃展開で、一気に話が動いた今回。川島と美風、これまで怪しげだった二人の正体が明らかになりましたね。美風については、やはり裏があったのか、という感じで、なるほど敵なのね、という感じだったけど、一方の川島はマヤを守る立場だったのは、ビックリでした。マヤのまやかしの死と、川島の立ち位置が分かるあたりまでは、本当におもしろかったですよ。意外性もあったし、この後物語がどうなっていくの、と気になる感じもあったし。ただ、美風と川島、黒魔術師と白魔術師らしいですけど、それらしい姿に変身するのは・・・。一気にファンタジーチックな感じが強くなってしまい、なんか残念でした。普段の服装のままで、人智を超えた力を発揮してくれたほうが、よりすごさを感じられたと思うんだけどなぁ・・・。

文明を連れだした美風が見せたものは、怪しげな宗教じみた集会。なんだっけ、あの帽子のカルト宗教?さて、住民とともに行っている美風の行動、なるほどマヤを魔女として彼女を排除しようとする運動に参加していたのか、と。美風が文明に近づいた理由、そして彼女のなんとなく不自然な態度の数々、そのわけがこの事実を受けて氷解していく感じでしたよ。しかし、なんとまぁ、エロティックな描写だこと・・・。なんか見ていて恥ずかしくなってしまうんですが・・・。それでも、彼女がこれまで文明に行ってきた色仕掛けのことを考えると、この描写はその仕上げみたいなところがあった感じはしますけどね。

マヤと「ノストラダムスの鍵」探しに出かけた文明ですが、マヤのデートのような態度にも、全然乗り気ではないようで・・・。あれだけ無愛想なマヤが、これだけ積極的になっているのにねぇ。マヤ、文明だからこそ、本当の自分をさらけ出せている感じもしますけど。それにしても文明、マヤが魔女という美風の考えがあるのは分かるとしても、当人に対してあの態度は・・・。美風の言っていることが本当かどうか、自分の目で確かめてやろう、くらいの意気込みがあればよかったんだけど・・・。で、文明、美風の言っていたことをマヤに言ってしまうでしょう。それで、どっちつかずな態度とっているし・・・。本当にどうしようもない・・・。結局、マヤを怒らせて、踏みつけられてるしね。文明、本当に最低ですな。

文明が松代に帰って知ったのは、マヤの死。しっかり、川島が殺したんじゃないか、と疑われる描写も入っていましたね。っていうか、どうすんのこれから、という感じでしたよ。オカルトの話だからといって、主人公がオカルトになってしまったのでは、って感じだし。復活するにしても、肉体があんな状態では、ってことも思ったしね。で、悲しむ文明の前に現れたのは、川島とマヤでした。死んだマヤは、川島が作った偽物だったのか。なるほど、と。しかしまぁ、文明はこんなときに往生際が悪い・・・。おかげで、マヤの護符だった手帳が、美風の手に。あのときの美風の登場はすごい神秘的だったなぁ。そして、いままでとは打って変わったような、彼女の悪の表情がなぜか魅力的でした。

黒魔術師としての本性を現した美風が、マヤをつけ狙う。美風の格好がなぁ・・・。彼女、人間ではないの?そのあたりのことをはっきりさせてほしい感じもしましたよ。で、それに対する川島も・・・。なんかゲームにありがちな格好な気もするんだけど・・・。上にも書きましたが、彼女たち、これまでと同じ格好で魔術をつかってほしかったなぁ。そのほうが、二人の、とくに美風の変貌がより強調されるように思うしね。なんか、これまでとは別のキャラクターみたいな感じに見えてしまいましたよ。そういえば、川島はこんなカッコよかったんですね。これまで、彼女こそが悪の権化みたいな感じで描かれてきたけど、全く逆だったわけだし。これまでも、誤解されるようとも、使命を果たそうとする、今回そんな彼女がカッコよく映りましたよ。

マヤをつけ狙う美風が本性を現したことで、急速に話が動いた今回。次回は、サブタイトルから察するに、川島と美風の対決の話なのかな?美風が「ノストラダムスの鍵」?まだまだ気になることも多いし、次回も楽しみにしてますよ。

世紀末オカルト学院 Volume. 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末オカルト学院 Volume. 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/12/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。