五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第二十五話「さらば!孫策」感想

今日、四本目の感想です。さすがにもう、今日あったことをここで書こうにも、書くことがない。さっさとアニメの感想を書け、ということですかね。四本目は、『SDガンダム三国伝』の感想ですよ。今日もちゃんと感想を書きますよ。放送に追いつける気配は全然ないのですけど・・・。まぁ、気長にこつこつ書いていくことにしますけどね。ではでは、第25話の感想、いってみましょう。

今回は、おもしろかったです。

袁術の居城寿春を攻める孫策軍は、ついに裏門から侵入に成功する。しかし、彼らの前に立ちふさがったのは呂布だった。呂布の一撃で孫策軍はずたずたに。孫策は、彼自身が呂布を引きつけている間に、周瑜が軍を立て直すように命令するのだった。強敵呂布に立ち向かう孫策。圧倒的な力をもつ呂布に押される孫策、そんな孫策をみて孫権が立ち向かおうとするのだが・・・、という話。

孫策が呂布に殺される話でした。孫権をかばって受けた傷がもとで孫策が死んでしまったらどうしよう、なんて思ったりしましたが、そうならなくて安心。しっかりカッコよく全力でぶつかって、呂布に倒されましたね。カッコいい死にざまでしたよ。孫権も、孫策が呂布に殺されたところを見て、震えながらですが、呂布と戦おうとしてましたしね。これで孫権も変わるかな、って感じもしました。まぁ、彼しか跡を継ぐものはいないので、変わらざるを得ないですけどね。

それにしても、孫権をかばって孫策が傷を受けた時は、あせったよ。これで孫策が死んでしまったら、孫権はすごい重みを背負ってしまうわけだし、孫権のせいで、ということにもなってしまうしね。しかし、ちゃんと孫策は、父から受け継いだ技を使って、全力で呂布に当たっていったので、ほんとよかったです。でも、あの場面の見せ方はカッコよかったなぁ。一瞬、孫策が呂布を翻弄しているところもうまかったし、勝敗の行方を煙で隠すところなんかもとてもよかった。それにしても、孫策は敗れはしても、呂布の仮面を壊すとは、なかなかやりますね。呂布の本当の顔がちらっと見えたのも、なんかラッキーな感じがしましたよ。

今回、孫策軍中心の話でしたけど、曹操や劉備たちの様子がちらちら入るのは、とてもよかった。かれらが、孫策の死には間に合いませんでしたけど、ドラマとしてはいいタイミングで到着しているしね。なにより、袁術打倒という動きが、孫策軍だけでなく曹操軍や劉備たちの動きでもある、ということが見せられていることがよかったですね。あと、張繍と賈詡、二人の動きが・・・(笑)。泥船に乗ることを忌み嫌う賈詡の様子がとてもおもしろかった。かれらは、こうやって裏切りに裏切りを重ねていくのでしょうかね?

孫策が跡を継ぐ孫権のために残した言葉は、人々を癒す月となれ、ということでした。孫権はこの孫策の死を受けて、どう変わっていくのでしょうかね。でも、まだ目の前には、袁術という敵が残っているか。次回は、曹操や劉備たちも加わって、どう袁術を倒すのかを期待しています。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

Justice・伝説を刻め!Justice・伝説を刻め!
(2010/10/27)
関羽ガンダム(安元洋貴),張飛ガンダム(加藤将之),曹操ガンダム(乃村健次),孫権ガンダム(島■信長)】/Ko-saku ブレイブバトルウォーリアーズ【劉備ガンダム(梶裕貴)関羽ガンダム(安元洋貴),張飛ガンダム(加藤将之),曹操ガンダム(乃村健次),孫権ガンダム(島■信長)】 ブレイブバトルウォーリアーズ【劉備ガンダム(梶裕貴)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。