五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『マクロスFRONTIER』第14話「マザーズ・ララバイ」感想

やっとのことで、『マクロスF』の第14話の感想です。実は、一昨日『攻殻機動隊』観に行く前に、感想を書こうとしたんだよね。でも、管理画面に入れず・・・。で、結局、この14話、感想書く前に2回観ることになりました。感想の出来に反映されるかどうかは微妙ですが・・・。では、感想です。

今回は、ほんとに面白かった。

ランカが大量のバジュラを連れて、フロンティアに帰ってくるお話。前回、『アルジェント・ソーマ』みたいに、といったのは、微妙に当たったのかな?まぁ、ランカがバジュラと何らかの関係があることはばれませんでしたし、バジュラがフロンティアを攻撃したのがランカの意思が反映されたのかは分かりませんでしたが・・・。うん、面白かった。

それにしても、久しぶりの艦隊戦。いやぁ、迫力満点でした。やっぱりマクロスはこうでなくっちゃ。たくさんの艦載機を引き連れたマクロス・クォーター、カッコよすぎです。ちょっと変形の場面が、あっさりしすぎな感じがしましたが・・・。宇宙をところ狭しと飛び回るバルキリーもよかったです。アーマードパックに反応弾を装備したアルト機も登場しましたし。それにしてもアルトくん、反応弾あっさり使い切りましたね・・・。

お話のほうも、謎が謎を呼ぶって感じで興味深いです。結局、ランカは何者なんでしょうね。グレイスのいう「リトル・クィーン」って・・・?そして、ランカの見たランカと同じ髪の色の女性は、ランカのお母さん?ランカ関係は、ほんとに謎が多いです。あと、ブレラがギャラクシーの軍人だったのには、びっくりしました。でも、バルキリーに乗っていることも含めて、いろいろと納得。もしかして、バジュラと接触したことにより、人間ではない存在になってしまったのかな。うーん、レオンあたりが隠しつつ、ブレラやグレイスを動かしているのかなとも・・・。いろいろと想像してしまう・・・。

では、以下、思ったことを。

・脇役の恋愛事情その一、ナナセに思いを寄せるルカ。まぁ、お似合いかなぁ、と。でも、あまりに唐突な感じで、ルカ死亡プラグのようにもみえたけど・・・。死にませんでしたが。でも、ガリア4でのゴタゴタは、ルカの責任も大きいように感じるんだけどなぁ。ナナセに告白するか考えている場合じゃないと思うぞ、ルカ。ん、もしかして、茶化されそうなミハエルとアルトがいないその隙に、って思いだったのかなぁ、ルカ。

・脇役の恋愛事情その二、オズマとおかま。二人の会話は、面白かったです。女性について語るおかま(笑)。まぁ、そういった方のほうが、当の女性よりも女性について詳しかったりするものですけどね。やっぱり、おかまは、オズマのことが好きだったんだ。たしかに、そういった方に好かれそうな雰囲気してる、オズマさん。

・脇役の恋愛事情その三、艦長が好きだったブリッジクルー。艦長、相当年いってるような感じだけど、いいのかねぇ。年上好きにもほどがあるというか・・・。まぁ、艦長が気づかないのは当然だろうなぁ。まさかそういった目でみられているとは、さすがに思わないでしょう。で、あのこ、名前なんだっけ?ブリッジクルーの名前まで覚えられない・・・。

・バジュラとの戦闘で三機に命令を出すルカ。あれなんだろう?ガンダムのファンネルみたいなものかな。戦闘でどの程度活躍したのかもよく分からなかった・・・。

・ミハエルの残したフォールドブースターで、フロンティアへ戻るアルト。よく壊れないで残っていたなぁ、フォールドブースター。アルト一人を残したのは、これを使わせるためだったんだ。ちょっと脚本の都合がみえてしまった・・・。

・バジュラとの戦闘で目を覚ますシェリル。天下のシェリルさんですから、それなりの操縦をするのかと思ったら・・・あらら、てんでダメですか・・・。ミハエル機、結局壊しちゃったし・・・。まぁ、素人ならああなるんでしょうね。それにしても近接戦闘になると、全く役に立たないなぁ、ルカ。まぁ、ピンチになるとやってくるヒーローの登場で事なきを得ましたが。ヒーロー面した、どアップのアルト、ちょっと笑ってしまった。

・ランカ艦隊、フロンティア後方より登場。ランカ艦がバジュラに司令を出しているようですが、ランカと同じ髪の色の女性の知能があの艦に入っているということなのかな。それともランカの知能を拝借して、ってことなのかな。それにしても、ランカのお腹まだ光ってる・・・。妊娠中のランカちゃん・・・。バジュラとの子ども・・・うぇ・・・。

・ランカ救出に向かうアルト。シェリルのことは、眼中にありません。なかなかよかったなぁ、アルトとシェリルのやりとり。アルトがちょっとカッコ良かったし。女性の気持ちもわからない、それがいいんですよ。また、シェリルがかわいそうだ、とは別に思わなかったしなぁ。うーん、自分はランカ派なのか?

・絶好のタイミングでやってくるブレラ機。またアルトを苦しめるかと思ったら、ランカの救出を・・・。アルトに向かって、「貴様にいいカッコはさせない」と言いたげであります。この作品でも主人公を奪ってやる、って感じなのかな(中の人の関係で)。まぁ、ブレラさんは、お気に入りのランカちゃんを他人にとられたくなかっただけでしょう。えっ、ギャラクシーの生き残りの軍人さんだったの・・・。

・艦の中枢に向かって一斉射のアルト。『愛おぼ』のクライマックスみたいでカッコ良かったです。まぁ、ランカは歌ってませんでしたが。そういえば、あのシーンとは向きが逆だね。ブレラに向かって、ランカ救出の手柄はお前にやる、だが主人公はわたさねぇ、って感じだったのかな、アルト。まぁ、カッコ良かったですよ。

観終わったあと、次回が早く見たいと思うような出来でした今回。ほんと、続きが気になる。で、次回は、いろいろと謎を深める内容になるのかな。戦闘シーンがなくても楽しみです。『マクロスF』、また自分の中で熱が盛り返してきました。次回も期待しています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) マクロスF(フロンティア) 第14話 「マザーズ・ララバイ」

マクロスF(フロンティア) 2 アルト、ミシェルに続きルカも戦場に向かうことに。ルカはナナセに気持ちを打ち明けようとするが・・・。そして母の子守唄に秘められたランカの記憶。その記憶が指し示す真実とは?バジュラやブレラとランカの関係は?謎が謎を呼ぶ。

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2008年07月17日(Thu) 17:20


☆マクロスF 第14話 「マザーズ・ララバイ」

ミハエルとシェリルは、フォールドに巻き込まれてフロンティアにデフォールドしてきてた。 ミハエルが負傷してたためシェリルが操縦。撃墜される。

F-Shock DL Blog 2011年04月16日(Sat) 21:05


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。