五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『極上生徒会』第15話「私が此処にいる理由」、第16話「あなたに此処にいて欲しい」の感想

昨日は、午後九時ごろ就寝し、やっと十分な睡眠をとりました。九時間の睡眠、とりすぎか・・・。なんだかんだで、どうも『極上生徒会』の感想を書くのが、土曜日になってしまいます。こんなはずじゃなかった・・・。毎週言っていることですが・・・。では、感想です。

第15話「私が此処にいる理由」

今回は、うーん、まぁまぁかな。

隠密の副会長銀河久遠の話でした。15話まできて、やっとですか、久遠さん。実は久遠は、会長の秘密を探るために宮神学園にきた諜報員だったという話。立ち位置として、会長と奈々穂、そして久遠と、なるほどもっともな関係かなぁと思います。前々回から、久遠が怪しいということはちらちらと見えていたし、神宮司家と対立する存在であろうなぁ、ということはなんとなくわかっていましたしね。

会長は、久遠に今後も神宮司家の力を探るということを名目に、久遠を極上生徒会にとどめることに成功しました。会長は久遠がいてほしいのね。でも、このことについては、なかなかいい解決策だと思いましたよ。久遠に、極上生徒会にいる大義名分を与えてるわけだしね。ただ、展開が早すぎな気が・・・。会長と久遠が微妙な関係のまま、数話使ってほしかったなぁ。そのほうが、会長が久遠を説得したときも、盛り上がったようにおもうんだけど。

あと、久遠が隠密をどのように統括していたのかがもう少し明らかになっていればなぁ。隠密の組織自体がよくわからんのがどうにも。実質、聖奈が統括しているようにも思えるし。久遠は名前だけの副会長だったのかな。それならそれで、そのことで久遠のドラマにもなりそうなんだけどねぇ。今回、もう少しドラマとして盛り上げるための仕掛けが欲しかったように思いました。

以下、思ったことを。

・久遠が男と一緒に写っている写真を見つけるみなも。おいおい、ともに諜報員なのに、一緒に写っている写真を持っているなんて・・・。もっていなくてもいいような・・・。しかも、みなもに部屋に入られてるわけだし・・・。ふと思ったのですが、琴葉あたりが久遠のことは知っているぞ、というアピールでわざと写真を部屋に置いたとかだったら、面白かったのに。慌てふためく久遠も見られるわけだし。

・久遠が宮神学園にきたときの回想。情報が武器の久遠、奈々穂の人形集めの趣味まで知っています。さすが・・・。奈々穂の秘密は、会長も知らなかったようです。ここは、ほんとに面白かった。

・駅で男と会う久遠。隠密に見られてるぞ、久遠・・・。もっと人がいるところだったらよかったのになぁ。隠密につけられながらの、久遠が男に会う道程を見せてくれれば面白かったのに、とも思いました。

・極上寮に帰った久遠は様子がおかしい。饅頭ぐらい買っておこうよ、りのじゃあるまいし。「裏切り者」の声で、本落とすし。もう少し微妙なところで久遠のいつもとの違いを描いて欲しかった。そういえば久遠、いままで全然描かれてなかったんだよね。久遠のいつものくせとか、あればよかったのに。もったいない・・・。

・久遠が会長の部屋にいるところで、琴葉登場。こいつですか、いつも会長のもとにいた隠密は。副会長である久遠より権限ありそうです、こいつ。考えてみれば、久遠ってスパイなのに副会長にまでされてしまって、会長に遊ばれていたとしか思えない・・・。それに、聖奈のほうが会長に近い人間のようだしなぁ。

・久遠を追う琴葉を止める聖奈。隠密の影の支配者登場。普段の様子からは想像できないような、怖い聖奈を見たかったのに・・・。結局、琴葉を言いくるめただけで終わってしまった。

・りのの友達は、やっぱり隠密ですか・・・。名前なんだったけ。

・久遠を説得する会長。久遠も会長にはいいように扱われてしまいました。これでいいのかね、久遠。まぁ、生徒会には思い入れもあるようだし、いいのかね。

・聖奈の計画により、りのとみなもと一緒に任務に当たることになる琴葉。会長の護衛からの事実上の左遷です・・・。聖奈、腹黒すぎです・・・。聖奈には、裏の顔がありそうな気がしてならない。それにしても、琴葉、隠密なんだから、りのとみなもについてはちゃんとチェックしておけよ・・・。なんか、唖然としてたし。


第16話「あなたに此処にいて欲しい」

今回は、うーん、これもまぁまぁかな。

今回は、前回久遠と対立した琴葉の話。琴葉は、いいチャラクターだなぁ、とまず思いました。能力云々はさておき、生徒会のなかでは一番まともな感じがするし。クールな感じもいいです。好きです、彼女みたいなキャラクター。

でもなぁ、今回、話としてはなんだかなぁ・・・。まず、琴葉が久遠のことを許す理由がいまいちわからない。結局、久遠がつらい身の上で頑張っているから、ってことのようだし。そんなことで許せるのかなぁ。もっと久遠の能力が極上生徒会にとって必要だとか、久遠が隠密を仕切っているからいままでうまくいっていたとか、いう話のほうが、琴葉と久遠の話としては合っているように思いました。久遠はなにもしなくても今回の任務はうまくいっているからなぁ。久遠は極上生徒会にいなくてもいいんじゃない、と思えてしまうのは・・・。

また、りのとみなもを今回、琴葉の任務につけていたが、結局、二人は何もしなかったし。琴葉に対して、笑った方がいいと言っただけのような。そのことは、重要なことだったけどね。でも、どうも、二人が話としてうまく機能していないような気がしました。

では、以下、思ったことを。

・琴葉のクラスに乱入するりのとみなも。琴葉は普通に学校にいていいの、と思ったが、隠密だとばれなければ大丈夫なのか。なるほど。みんなに琴葉の正体をばらそうとする二人は面白かった。

・久遠と出会う琴葉。久遠、微動だにしない・・・。びびりすぎです・・・。まるで、蛇に睨まれた蛙。まぁ、琴葉が久遠を認めないのは当然ですね。それにしても、影から二人を見ている聖奈は怖すぎです・・・。こいつ、琴葉にも気付かれないなんて・・・。

・駅でりのとみなもに会う琴葉。さすがに二人の格好はなめすぎです・・・。しかし、りの、お金がないはずなのに、どこで手に入れたんだ、あの格好。もしかして、会長のお金?

・偵察中の琴葉の回想。久遠に褒められたりするところばかりでてきたのには、笑いました。うまく隠密を仕切っていた久遠の様子は、これまで全く描かれてなかったのに。それでいて、いくつもの表情があって、くどいくどい・・・。

・偵察対象の女が会っていたのは、久遠の連絡係。って、なかで二人でワイン飲んでるし・・・。ほんとに、高校生なのか、と思ったら、高校生じゃなかったのね・・・。それにしても、窓を開けて、普通に機密情報を話すなんて・・・。聞かれる可能性があるってことを考えろよ・・・。

・今回の任務の感想を話す、りのとみなも。琴葉のことは話たのかな。二人なら普通に話そうだ。もしかして、生徒会連中は琴葉のことを知っている?そんなことはないはずだし・・・。

・密会していた二人を倒す琴葉と奈々穂の兄。奈々穂の兄貴、出てきたとき、誰?と思ったよ。もしかして二人の仲間?とも・・・。ああそういえば、って感じです。それにしてもあっさりと倒しました。生徒会周辺の連中、強すぎです。

・会長と奈々穂、聖奈とでの会合。生徒会の重役会議。やっぱり久遠は省かれています・・・。久遠はいらないんですね、会長。聖奈が隠密のリーダーみたいな役回りをしているし。久遠の副会長は、名前だけなんですかね。この立場は、つらそうだ。まぁ、自分に責任があるとはいえ・・・。

・入浴中の久遠の前に現れる琴葉。琴葉は隠密ナンバー1って、久遠の能力はなに?久遠ご自慢の情報も、琴葉のほうが多く持っているように思えるし。なぜ久遠がそこまで琴葉を引き付ける存在なのかが、よく分からなかった。で、久遠が前回、男との写真をもっていたのは、つらい役目を忘れないため、って・・・。別に写真みたいな、すぐに足のつくものでなくてもよかろうに・・・。なんか感動的な話をしていたようだが、久遠のすごさがわからないために、いまいちな感じになっていました。あっ、最後の琴葉の笑顔は良かったですよ。


第15・16話と隠密の話でした。隠密の話になると、主人公であるりのの出番が少なくなるのね。まぁ、面白さとは関係なさそうですが・・・。あと、両話ともシリアス風味の話でしたが、そうなるとこの作品、どうにも粗が目につくような・・・。コメディタッチの話のほうがいいのかね。で、次回は、コメディタッチの話ですか。えっ、シンディの話?シンディは別に興味がないからいいよぉ。でも、面白くなるかもしれないから、一応、期待しておきます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。