五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『マクロスFRONYIER』第17話「グッバイ・シスター」感想

いやぁ、暑い・・・。暑いと、アニメ観ても、感想書く気力がなくなる。エアコンなんて無いからなぁ・・・。そういえば、前に買った『マクロスF』のDVD、まだ観てません・・・。観る気満々だった『スカイ・クロラ』も、まだ観に行ってません・・・。夏に、とことん弱い自分・・・。でも、『マクロスF』の感想は、頑張って書きますよ。今回は、第17話ですか。

今回は、うーん、まぁまぁ面白かったかな。

ランカを戦場に出すことに疑問を感じたオズマ隊長は、一人その謎に挑もうとするが、バジュラの攻撃があり、危機に瀕するという話、でいいかな。なんか、一文で、うまく説明できてないけど・・・。まぁ、今回は、オズマ隊長の話でした。パインサラダならぬ、パインケーキですか。明らかな、死亡プラグです。傷を負いながらも、その傷を隠し、活路を見出す隊長。これも、死亡プラグです。戦闘後の恋人(元恋人でしたが)との穏やかなひと時、お手製の料理・・・。ここまでくると、おいおい、そのまんまじゃねぇか、と・・・。まぁ、自分、フォッカーが死ぬシーンは明確に覚えているのに、そのときどういう戦闘で、どういう怪我が原因だったのか、全然覚えてないんだけどね・・・。やっぱりダメだな・・・。

で、オズマ隊長・・・生きてました・・・。おいおい・・・。拍子ぬけです。まぁ、死亡プラグが見え見えで、逆に死なないんじゃない、みたいなことは、なんとなく思ってましたけどね。もし、今回、オズマが死んでも、フォッカーそのまんまじゃねぇか、ってなるわけだし。で、結局、ギャグにもっていかざるえないんじゃない、というのはなんとなくわかりました。ああいう結末で良かったのかな。オズマさんには、この作品の闇を明らかにするという役割もできたことですし。死んでもらっては困るのでしょう。あっ、いままでの武器の効かないバジュラに対抗するオズマさんは、本当にカッコ良かったですよ。そういえば、オズマのBGMは、ファイヤーボンバーですか。ファンですか。過去作から、こんなところまで出してきて、そういう意味では面白かったです。

では、以下、思ったことを。

・OPが変わりました。ちびチャラ化したランカが踊るOP。なんか、昨今流行りな雰囲気でした。うーん、サビのところで、もう少し盛り上がる演出にして欲しかったんだけど・・・。EDなんかは、よく変わっていましたから、今回だけ?・・・ってことはないかな。

・パワードスーツで走らされる、アルトとミハエル。前回、あんなことがあったら、当然です。まぁ、シェリルが部屋から出てきちゃったことが原因でもあるんけどね。それにしても、キャサリンは、すっかりSMSの一員になっちゃって・・・。しかし、出向という身の上だと思うんだけど、隊員を教育するような権限もあるのかなぁ。

・オズマにギャラクシーの生き残りとレオンが怪しいと告げるキャサリン。それにしても、あの部屋、すごいことに・・・。あんなにして、艦の機能に影響しないのかな。

・シェリルの薬について、ミハエル、やっと動きだしました。ずっと気になっていたもので。やっとです。シェリルの体調がよくならないのは、薬が関係しているんだろうけど、なんなんでしょうね、あの薬。それにしても、クランはミハエルのことが好きだなぁ。

・ランカの部屋に忍び込むアルト。ボディガード、あのくらい見つけろよ・・・。戦場で歌うことに不安を感じるランカに、歌うことを後押しするアルト。アルトは、てっきり反対するのかと思っていたよ。ランカが危険な目に会うこともあるだろうし。だから、アルトの立場は、なんかビックリでした。

・レオンに呼ばれるルカ。レオンは、ルカを仲間に引き入れようとしているみたいですね。SMSオーナーのビルラーのやろうとしていることについて語られていましたね。どうも、ビルラーは、全宇宙的に情報や物流をつなげて、それを支配しようしているらしい、と。それには、バジュラからできる物が必要らしいとのこと。どうやるのか、よく分からないので、良いとも悪いとも言えない。レオンとルカ、二人の前に出てきたの、新キャラか、と思ったら、グレイスかよ。

・バジュラ襲来に対抗するSMS。ブレラによると、かれらは以前やられた攻撃を学習し、急速に進化するとのこと。でも、あまりに急速な進化は、逆に基本的なことに対応できなくなり、自滅するような気がするんだけど、どうなんだろう。

・マクロスクォーターへの攻撃を身を挺して守るオズマ。なんかオズマ機、全然大丈夫なんですけど・・・。後ろのブースターがやられただけのような・・・。オズマ自身も怪我したのかどうかよく分からないし・・・。せめて、機体が半壊するぐらいのやられっぷりでないと・・・。

・バジュラに対抗するには、ランカの歌が必要だと主張するブレラに対して、バルキリーの武装を最大限使って対抗するというオズマ。カッコよすぎです。ナイフで肉弾戦だからなぁ。いやぁ、しびれます。バルキリーの片手片足ぐらい無くなっていると、ほんと最高だったんだけどね。

・ランカのライブで倒れるオズマ。あぁ、やっぱりと思いつつ、戦闘後、自らの傷を顧みず、ランカのライブに急ぐオズマのシーンは、入れて欲しかった。怪我したまんまで、なんでライブなんかに行けるんだよ、って思ったので。まわりの人間も心配しただろうし。

・結局生きてたオズマ。「死んでりゃ、ヒーローだったのに」、うん、その通り。なんか、唖然としてしまって、笑えなかったなぁ。まぁ、良かったといえば、良かったのかなぁ。なんか、死ぬプラグをガンガン立てながら、なかなか死にません、この人。

シェリルがグレイスを捕まえて、今回はお終いだったのですが、次回はそのシェリルの話かな。一体、グレイスはシェリルに何をしてきたんでしょう。気になります。薬も明らかになるのかな。まぁ、シェリルとグレイスがどういう会話をするのかも楽しみなんですが。本当に、次回が気になってしょうがない。楽しみです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

とおりすがり

どうでも良いことですが、少し気になったので・・・

プラグではなく、フラグです。


プログラムで条件の成立の有無などをチェックするための変数のことです。
もともとは、FLAG(旗)からとった単語ですが、ソースファイルでは
FLGと記載することが多いためフラッグはなく、フラグと呼ぶ事が多いです。


これが転じて、アニメなどの伏線をフラグと呼ぶようになったのだと理解しています。

例:
死亡フラグ

死亡することへの伏線

死亡するための条件が成立した


追伸:
感想はいつも楽しく拝見しています。
大変な酷暑ですが、感想楽しみにしています。

とおりすがり | URL | 2008年08月07日(Thu)18:55 [EDIT]


とおりすがり様

誤字のご指摘、本当にありがとうございます。

当方、今、とても恥ずかしい思いでいっぱいです・・・。

「フラグ」ですね。思いっきり間違えて使ってる。というか、使ってた・・・。ぜんぜん知識の無い人間だということが、みえみえです。恥ずかしい・・・。

語義まで説明いただいて、本当に勉強になりました。以後、このような間違えずにすみそうです。

あと、この記事では、「プラグ」→「フラグ」の間違いを訂正せずにおきます。自戒を込めて。

また何かありましたら、よろしくお願いします。


誤字なんかは、いくらでもありそうだなぁ・・・。

ヴィッザ | URL | 2008年08月09日(Sat)14:03 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆マクロスF 第17話 「グッバイ・シスター」

オズマは、キャサリンにあのパインケーキの作り方覚えているかという。 ソシテ、キャサリンさん、バカという。 そういえば、アスカさんもバカって十代にいってたような。

F-Shock DL Blog 2011年04月17日(Sun) 19:39


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。