五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第21話「遺恨!くろがね屋の一番長い日 後編」感想

この前の日曜に書くはずだった感想です・・・。それが、今日になってしまった・・・。ダメだね、この前の日曜は、『鋼の錬金術師』と『うみものがたり』の感想を書かなくてもいいなんて思っていたら、『真マジンガー』の感想まで書くのが面倒くさくなってしまって・・・。結局、この有様・・・。過去を振り返っても仕方がない、感想は今日書くからいい、ということにしておこう。ということで、第21話の感想です。だいぶ物語もクライマックスに差し掛かってきた感じもしますが、この作品、全何話なんだろ?2クールってことは知っていますが。そんなことはさておき、第21話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

ピグマンを捕まえ、ゼウスの腕を呼び出すつばさ。光り輝くその腕は、エネルガーZを捕まえる。だが、剣造に化けていたブロッケンは、エネルガーZを大爆発させようと企てる。それを阻止しようとする甲児。彼の前にデータの存在として残されてあった十蔵が現れ、十蔵に導かれるまま、マジンガーZはゼウスの腕=ゴッドスクランダーと合体する・・・、という話。

やっと登場した、ゴッドスクランダー。それと合体したマジンガーZの姿は、文句無しにカッコよかったです。ただ、ビッグバンパンチ形態になってエネルガーZを倒す場面が、回想シーンでギャグっぽく描かれていたのは・・・。まぁ、これからの話でビッグバンパンチをしっかりカッコよくみせるための措置と考え、納得しておきますよ。

今回の話は、前半がこれまでの話の続きで、後半は事後の話でしたね。前半はしっかり盛り上がれるものでしたが、後半の話は、ここまでしっかりやらなくてもいいよぉ・・・、って感じも。三部構成の三話目って考えるとどうしてもね。後半は、話ものんびりとした感じで、ギャグっぽいシーンも多かったし。まぁ、次回から最終決戦って感じで怒涛の展開が続くのでしょうし、この作品全体でみた場合に、ここで一度話を落ち着けるという狙いがあったのかな。もしかしたら、全話見終わった後に、今回の話がいいアクセントになっているのかもしれません。

前半の話ですが、くろがね屋五人衆は死んでなかった・・・。よかったと思うとともに、素直に殺しておけよ、とちょっと興ざめした感じも・・・。何人か生きていても良かったんですが、全員復活はどうなのか、と・・・。そして、捕えられたピグマンは、中から本当の姿が・・・。こんな妖怪みたいな奴だったの・・・。たしかに変装していたとなると、刺されただけでは死なないか。でも、ピグマン、ダンディな黒人という感じがカッコよかったのになぁ。中のやつ、目もつぶれてないし・・・。まんま小悪党な雰囲気になってしまいました・・・。そういえば、甲児の守りたいもの、弟のシロ―なのね。これちょっと弱い感じがしたなぁ。というか、ちょっとBLくさい・・・?それなら、母親であるつばさのほうが説得力ある感じがするのに。まぁ、つばさからのフリだったので、甲児の答えがつばさだと、おいおい、って感じにもなるんですけど・・・。

で、後半の感想。なんか普通ではないやつらが、ぞろぞろとくろがね屋にやってきたと思ったら、彼ら刑事なのね。そこら辺は、つばさが、しっかり根回しをしていたと。そして、帰ってきた暗黒寺。・・・あれ、なんかカッコ良くなっているぞ・・・。とおもったら、登場のところまででした・・・。飲み会では、いつもの姿に・・・。でも、ガミアを連れて来て、しっかり戦力になりそうな感じに。暗黒寺自体も成長したのかなぁ?それはさておき、暗黒寺とガミア、すごく合っている感じがしますよ。で、ガミアを直したのは、剣造ってことなのかな?剣造は生きていて、グレートマジンガーとともに、最終回にでも、劇的に登場するのでしょうかね?

バードス島が姿を現わし、Drヘルの総攻撃が始まる、というところで今回の話は終了。次回は、あしゅら男爵を使った攻撃をしてくるようですね。あしゅら男爵は、Drヘルのもとで治療しているような状態でしたが、Drヘルによって洗脳されているという状態なのですかね。あしゅら男爵が経験してきたこと、それを再び取り戻すというのが、次回のテーマになるのかな?どんな話になるのかな?次回も、楽しみにしてますよ。

真マジンガー 衝撃!Z編 2 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 2 [DVD]
(2009/09/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第20話「遺恨!くろがね屋の一番長い日 中編」感想

今日は忙しいぞ。ラジオで「SF・ヒーロー三昧」聞いたり、夜はNHKでアニソンの番組みたり・・・。一日中部屋に閉じこもっていられそうです。そして、まさにNHKさまさま。まぁ、自分、この二番組に対してそこまで楽しみにしていたわけでもないんだけどね。でも、逃したら損するような気もするし・・・。とにかく、暇を持て余すことはなさそうなのはいいことです。ということで、朝早くから『真マジンガー』を見て感想でございます。あっ、「SF・ヒーロー三昧」はじまった・・・。では、第20話の感想、ラジオを聴きながらいってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

つばさが倒れる中、兜剣造が乗ったエネルガーZが、くろがね屋に迫る。マジンガーZに乗り、エネルガーZに立ち向かう甲児。一方、つばさのいるあしゅら男爵は、剣鉄也と剣造の死の真相を語り始めた・・・、という話。

前回が「前編」だったので、今回は「後編」かなぁ、と思っていたら、「中編」もあったのね。結構、前中後と、充実した内容なのね。さて、今回は、その中編だったのですが、今回の話の中心はあしゅら男爵の語る過去の話でしたかね。まぁ、このあしゅら男爵、実は正体ピグマンだったのですけど・・・。この展開は、ちょっとびっくりしたよ。つばさ、病気で錯乱していたのか、と思ったら本質をついていたし。ピグマンの化けたあしゅら男爵、前回登場した時からピグマンだった、ということなんですよね。ちょっと思い返すと、怖い感じが・・・。やっぱり真犯人は被害者のすぐいるものなのかな。ところで、あしゅら男爵、どこへ行ってしまったんだ?

あしゅら男爵の語った剣造と鉄也の死の真相。これ、Drヘルが裏切ったことと密接に関係していたのね。ゼウスの腕をめぐって、Drヘルと十蔵の対立、そして十蔵の味方だと思っていた息子の剣造の裏切り。なんか、今までもやもやとしていた謎が一気にあきらかになった感じ。剣造の裏切りは予想外でしたけど、それ以外は順当、という感じだったかな。Drヘルが動き出したきっかけとなったのは、ゼウスの腕なのね。で、十蔵たちの前に立ちふさがった剣造、彼に立ち向かったのは鉄也だったのですね。剣造を取り押さえていた鉄也の指示で、つばさは二人を撃ったわけですが、つばさそこまで自責の念のかられる必要ないような・・・。つばさにそこまでの責任はないんだし、あの場で撃たなければさらに悲しいことになったような気がするし。まぁ、自分の夫を手にかけるというのは、それだけ重たいものなのかもしれませんけどね。当人の指示とはいえ、味方である鉄也を巻き込んで、手にかけたことも罪の意識にかられることに繋がったのかな。

一方、エネルガーZと戦うマジンガーZ。そういえば、回想シーンでエネルガーと鉄也のOPタイトルみたいな場面は笑った・・・。しかも、エネルガーの背中の変なパーツ、何かと思ったらバイクで頭に登るためのものなんだもの・・・(笑)。はてさて、エネルガーとマジンガーの対決、互角の性能を持つようでも、押しているのはエネルガーのようですね。マジンガーの旧型機であるはずなのに・・・。でも、全武装をぶつけあうかのような戦闘は、いいですね。ただ、ロケットパンチを撃ったあとのエネルガー、なんかGダンガイオーみたいでした・・・。あぁ、いやなものを思い出してしまった・・・(笑)。苦戦するマジンガー、そんな状況に、最後、つばさがゴッドスクランダーを呼んでいましたが、ついに出るんですかね、あの巨大な手。あれが、ゼウスの腕、ということにもなるのかな?

次回は、三部作の完結ですかね。どんな展開が待っているんでしょう。ゴッドスクランダーは楽しみだし、つばさがどうなるのかも気になる・・・。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

・・・ラジオ聴きながら感想書いていたんですが、全然筆が進まない・・・。

真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]
(2009/08/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第19話「遺恨!くろがね屋の一番長い日 前編」感想

暑いですねぇ。昼寝をしようとしたら、暑くて寝ていられない・・・。仕方がないので、今日の日課の感想を書くことにしましたよ。でも今も、パソコンの前に座っているだけなのに、じんわりと汗をかいている感じが・・・。これだから夏は・・・。早く涼しくなってほしいものです。ということで、『真マジンガー』の感想いきましょうか。

今回は、なかなか面白かったです。

再びくろがね屋に平穏が戻り始めていた。しかし、そんな折、つばさのもとにある人物が現れる。それは剣鉄也だった。彼を見た途端、彼を振り払おうとするつばさだったが、と同時に彼女は力なく弱々しく変わり果ててしまっていた。そんなつばさを救おうと、甲児たちはブロッケンに追われていたあしゅら男爵を助け、強力を要請するのだった・・・、という話。

て、鉄也さん・・・。グレートマジンガーに乗っていた彼が、今回この作品に初登場したのかと思ったら、死んでるのね・・・。今回登場したのは、ピグマンによって遣わされた鉄也の幽霊、あら・・・(笑)。生きている鉄也さんの勇姿が見られないのか・・・。まぁ、今回回想シーンで、カッコよく戦ってましたけども。甲児が尊敬の眼差しを向けるほどの、ロボットの操縦テクニック、そんなにすごかったんだ鉄也さん。さすが、戦闘のプロ(笑)。でも、ちょっと意外・・・(笑)。そんな鉄也さんも、もう過去の人ですか・・・。ところで、グレート編とか放送することになったらどうするんだ?ぜひやってほしいんだけども。そのときは、鉄也は死んでいなかった、ということにするのかな?そういえば、つばさの前で無表情で正座している鉄也さん、なんか無個性なくせに昔のヒーローっぽい容姿で、なんか笑えたなぁ。

今回は、ピグマン子爵によるつばさに対する精神攻撃の話。幽霊の鉄也を通じて、つばさの精気を奪い取るという作戦でした。新OPになって、OPのやつれたつばさはなんなのか、と気になっていましたが、こういうことだったのね。さて、このピグマンの作戦、精神攻撃で、甲児でなくつばさ一人を狙うというのがいい。つばさは甲児たちの司令塔みたいな存在だし、Drヘルたちの弱点を知っている人間だから狙うのも当然という感じはするし。それにそんな彼女のために、奮闘する甲児の姿もいいしね。そういえば、登場以来全然甲児たちと戦わず、地味な印象だったピグマン。彼がやっと動き出したという印象もありますね。彼、強すぎるから使いどころが難しいのかな。

甲児たちは、ブロッケンに追われていたあしゅら男爵を保護するのですが、あしゅら男爵、Drヘルとも距離をとるようになったんだ・・・。つまり、前回の話の最後の場面で、Drヘルを見限らなければならない過去を見てしまったということかな。それがどういうものだったのかは気になる。で、今の彼は、一人放浪しているという感じでしょうかね。それをブロッケンたちに見つかった、と。つばさを救うために、心よく甲児たちを助けることを引き受けたあしゅら男爵、なんかカッコイイなぁ。追われていたところを助け、かくまってくれる恩義とともに、つばさが彼を作りだしたという思いもあるのかな。なんか最近、複雑な過去をもち、人間臭くて、熱さもあるあしゅら男爵がカッコよく見えてきましたよ。

ボスたちに遊ばれるブロッケンの場面は笑えましたよ。彼、首が本体だけど、首だけでは攻撃力、皆無に等しいんだなぁ。そんな彼の首が、ボスたちにサッカーやバスケのボールにされてるし・・・(笑)。いいようにもてあそばれるさまが面白かったですよ。でも、ボス、ブロッケンの本体である首を捕まえたんだから、殺してしまわないと・・・。敵の幹部の一人だから、名を挙げるチャンスでもあったのに・・・。勿体ない・・・。

そうそう、つばさの病床で、窓が突然開いて、回想を流すスクリーンになった演出は良かったです。そこから、最後の剣造がロボットに乗って現れるシーンまでうまく流れていったし。回想と現実がごっちゃになる、そんな感じもありましたが、アニメだしそれはそれでよかったのではないかと思いましたよ。

ゼウスの腕と、哲也と剣造の死。謎となるキーワードがまたまた出てきた回でした。一体、どういう過去があったのでしょうかね。過去に関する謎は深まるばかり・・・。甲児とあしゅら男爵がつばさを救うことができるのか、ということも含めて、次回も楽しみにしてます。

真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]
(2009/08/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第18話「消滅!ミケーネ最後の日!」感想

昼寝でよく寝ました。まぁ、相変わらずの昼寝で、こんな時間に感想書くことになったわけですが・・・。こうなったのも、昨日、寝るのが遅かったということも原因なんだけどね。あぁ、この『真マジンガー』、昨日放送を見て感想を書いてしまえば・・・。そんな気も無きにしも非ず・・・。でも、昨日の夜は、酔っ払っていたからなぁ。とりあえず、感想書いていきましょう。では、『真マジンガー』第18話の感想です。

今回は、面白かったです。

柱のなかで過去と対峙する甲児たち。だが、あしゅら男爵がゴーゴン大公に捕まってしまう。そのあしゅら男爵をつかって、ゼウスの騙し討ちを目論むゴーゴン大公。ゼウスが戦闘態勢を解いたとき、彼の前に現れたのは、ゼウスと並ぶ神ハーデスの姿だった。一方、この世界の脱出のためにはあしゅら男爵が必要だと言うつばさは、甲児とともに彼の奪還を開始するのだった・・・、という話。

ケドラの作りだした過去の世界、そのなかでのミケーネの過去についての話は、今回で終わりでした。それに見合うだけの激しい内容・・・、くろがね屋、この不思議な世界のなかで全滅かよ・・・(そういえば、お菊さんが残ってましたね。忘れてた・・・)。彼ら以外、現実かどうかも曖昧な世界での彼らの死、なんかかわいそうな感じもしたなぁ。まぁ、それぞれにちゃんと見せ場があったのはよかったのかな。今回の話、甲児やつばさたち、外からの人間の介入もこの世界の話として色濃く影響されるものになっていました。で、このケドラの世界、過去そのものでもないし、イメージという幻想でもないし、どう位置付ければいいんだ?現実にあったこととはべつの、もう一つの過去の世界、こんな感じでいいのかな?

今回、くろがね屋の命を賭した活躍ぶりとともに、ゼウスとハーデスの神の戦い、そしてマジンガーZの活躍もありました。これも良かった。ゼウスとハーデスの巨大感、そして迫力のある戦闘シーン。とくに、ゼウスの肩にマジンガーZを乗せたときの場面といったら、もう・・・。ゼウスたちの大きさの強調だけでなく、ゼウスと甲児のやりとりもカッコよくて良かったです。マジンガーZのロケットパンチを真似て、切られた自分の腕を投げるゼウスは最高(笑)。やけに綺麗なフォームで、腕投げてるし・・・(笑)。あと、闇の帝王がちらっと出てきたけど、実体をなくしたハーデスが後々闇の帝王として姿を現わすということ理解でいいのかな。これは、ぜひグレート編もやって欲しいなぁ。

そして、目的とするケドラを倒すために、封印の扉を開くあしゅら男爵。ミケーネ人か、Drヘルへの忠誠を誓うのかで葛藤する彼の姿は、すごかった・・・。結局は、ミケーネ人としての思いを強くしながらも、Drヘルへの忠誠から扉を開けてしまいましたね。まぁ、つばさはそんな彼をさげすむようなことを言ってましたけど。そういえば、トリスタンとイゾルデは封印されたのではなく、自ら封印についたのね。なんか、かれら巫女であるということかららしいのですけど。この辺のかれらの目的のようなものは、よく分かりませんでしたけどね。

自らを封印したトリスタンとイゾルデ、その姿を発見したDrヘルと剣造の過去、という場面から次回はスタートするようですね。つばさによれば、ここでDrヘルの忠誠に値しないような姿、そして剣造を殺さざるをえなくなった状況というものが明らかになるようですが・・・。どういった事実が明らかになるのでしょう。そして、あしゅら男爵は、どういう思いをもつのでしょう。とにかく次回も、楽しみにしてますよ。

真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]
(2009/08/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第17話「共闘!危険な過去への旅!」感想

今日は、じめじめして気持ちが悪いです。もっとすっきりとした天気になればいいのになぁ。あっ、でも、すっきりと晴れて、気温が上がっても嫌か・・・。さて、今日は、先日入った給料を手に買い物でも行きたいです。こんな天気なのにね。ということで、早めに『真マジンガー』の感想を書きますよ。『うみものがたり』の感想は、夜でもいいしね。では、『真マジンガー』の感想、今回は第17話ですね。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

ゴーゴン大公と対峙するDrヘル。しかし、ゴーゴン大公の望みである巨大な柱が復活してしまった。なんとかゴーゴン大公を倒すDrヘルたちだったが、ジャパニウム鉱石を狙うケドラの動きは止められない。光子力研究所の防衛にあたる甲児だったが、マジンガーZに乗る彼のもとにDrヘルからの共闘の申し出が届く。あしゅら男爵とともに巨大な柱に入る甲児たち、そこには過去の記憶の世界が広がっていた・・・、という話。

今回の話、タイトルからみて、Drヘルとゴーゴン大公が共闘するということなのかと思っていたら、Drヘルと甲児たちが共闘する、ということなのね。見当違いしてました・・・。人類を滅ぼそうとするゴーゴン大公は、Drヘルにとっても相容れない存在ということなのかな。まぁ、Drヘルと甲児たち光子力研究所の争いは、内輪もめって感じがしないでもないからね。外から巨大な敵が現れれば、共闘することももっともかな、と。この共闘も、一時的なことだろうしね。

ゴーゴン大公と戦うDrヘルたち。ピグマン子爵大活躍なのかなと思ったら、ブロッケン伯爵が活躍。彼、頭が本体で体は取り換え可能なのね。で、スペアの体が大量に・・・(笑)。それを自爆させてゴーゴン大公を倒すんだものなぁ。意外とすごいのね、彼。てっきりDrヘルの参謀的な立ち位置で、生身の戦闘は全くダメなのかと思っていたよ。ピグマン子爵は、Drヘルを守ることに尽力、って感じでしたね。

一方、マジンガーZは、ケドラ相手にシューティングゲームやってる・・・。今回、マジンガーZは棒立ちのカットもあるし、作画が悪いところもあるしで、いいとこなしだったなぁ。なんか、昔の『マジンガーZ』のようでした・・・。これがマジンガーZの味かもしれないが、自分には理解できない・・・。あと、乗っている甲児に関しても、彼の頭の固さが強調されるような話だったしなぁ。前回といい今回といい、結構偏屈なのね、彼。Drヘルからの通信のときに、ほんとつばさがあの場にいてよかった、という感じでしたし。

結局、今回はあしゅら男爵回という感じだったですね。彼の過去も大分みえてきたし。前提として、神であるゼウスとそれに従うミケーネ人、という関係性があるのね。ケドラも、ミケーネ人が神の脳を利用しているということなのかな。で、ミケーネ人であるゴーゴン大公とトリスタン、イゾルデは、神であるゼウスのやり方を不服に思い、他の神を味方につけてゼウスを討伐しようとした、ということのようですね。最終的には、ゼウスの手により、地球にいるミケーネ人すべてがバードス島に封じられた、ということなのかな。そういえば、ゴーゴン大公は下半身が虎だけど、トリスタンとイゾルデは普通の人間みたいで、三人が仲良く酒を飲んでいるところは変な感じがしたなぁ。ミケーネ人というのはどんな共通性があるのだろ?あと、つばさがあしゅら男爵を制しているのは不思議な感じでした。一時的な仲間とはいえ、あしゅら男爵が過去にきた動揺から、突然暴れ出すとも限らないわけで。あぁ、つばさはあしゅら男爵を押さえつける能力があったんだっけ。ミケーネ人であるあしゅら男爵が、Drヘルへの恩義から、ミケーネ人と対立する立場をとる。あしゅら男爵のもととなったトリスタンとイゾルデが、ゴーゴン大公と仲が良かったことも皮肉だなぁ。今回は、そんなあしゅら男爵の内なる葛藤が非常に印象的な話でした。

過去の(ミケーネ人として)まっすぐでまともだった自分たちと再会してしまったあしゅら男爵。その思いは、はかりしれない・・・。そして、トリスタンとイゾルデも、異形な姿の自分たちを見てしまいましたね。まさか、未来の自分たちだとはおもっていないだろうけど。この出会いは、互いにどう影響するのでしょう。戦いになってしまうのは、必定なのかな。事件のもととなっている柱の問題を解決することと合わせて、次回は、とても楽しみです。

真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]
(2009/08/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。