五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かなめも』第8話「はじめての、思い出話」感想

今日はずいぶんと涼しい一日でした。快適に仕事してました。ほんと、秋だなぁという感じです。暑さが苦手な自分としては、このまま涼しくあってほしいのですが、来週はまた気温が上がるようで・・・。一筋縄にはいかないか・・・。そういえば、明日選挙ですね。明日も騒がしい一日になりそうだ・・・。さて、『かなめも』の感想。この作品はずれることなく、順調に放送しているって感じですね。ということで、順調に感想も書いていきますよ。では、第8話の感想です。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

暑い夏の日、風新新聞専売所での食事中の会話で、ふと、以前いたまりもという子の話題が上がる。仕事ができなかったということで、彼女のことが触れられたくない代理。だが、他の面々は彼女にまつわるある事件をかなに語りだす。それは、大雪の日にまりもの話であるが、彼女を心配する代理の話でもあった・・・、という話。

かなが専売所に入る以前にいた、まりもという子にまつわる話でした。そんなことを知らないかなが、他の面々から彼女のことを教えてもらうという話。こういうことはよくあるなぁ。語っている方は昔を懐かしむ感じで非常に楽しいのですが、聞いている方は「そんなことがあったんだぁ・・・」ぐらいにしか思えない感じというか。聞いている方は、語っているほうのテンションに、どうもついていけない感じになるという・・・。今回のかなは、楽しそうに語るひなたたちとは違い、一人この仕事からの「卒業」ということが気になり、思い詰めているようでしたね。

そのまりもなんですが、代理が散々にこきおろすような言い方をしているから、どう抜けている感じの子なんだろう、と思い期待していました。が、見た目、普通じゃん・・・。仕事の杜撰さなどは見て分かるのですが、それとキャラクターがミスマッチ・・・。アニメですから、可愛らしくなるのは分かるのですが、キャラデザ自体にも抜けている感じが欲しかったなぁ・・・。まぁ、彼女、ネコにかまけて仕事を放棄するってのは、相当ひどいという感じはしますけどね。せめて、代理に連絡しろよ、とは思いますけどね。

そんな仕事ができないまりもを非常に気にかけていた代理。まさに、かなの言ったとおり、「手間のかかる子ほどかわいい」ですな。代理、今もまりものことは、しっかりと記憶に残っているようだし。相当気に入っているんですね、代理・・・。でも、彼女にまつわる笑い話みたいなことに、別に席を外す必要なかったんじゃない?まりもの笑い話ということで、一緒に盛り上がればいいんだし。やっぱり、まりもの前では、自身の素直な気持ちを表してしまったに恥ずかしさがあったのかな。なめられまいと思いすぎるがゆえに、弱さを見せてはいけない、と思うのが代理なのでしょう。そんなに肩肘張らなくてもいいのにね。

まりもの話を聞いて、「卒業」ということが気になるかな。実際に、今いるメンバーの誰かがいなくなるということならともかく、話で聞いた昔いた人のことから、そこまで気になるものなのかね。もしかしたら、まりもが今も専売所で働いていれば、かなの入るスペースはなかったのかもしれないんだし。でも、かなが誰かが「卒業」するということを気にしているということは、かなが今の状況に非常に満足しているってことでもあるんですけども。それにしても、ちょっとかなは深刻に事態を考えすぎって感じはしますけど。別に、新聞配達を辞めたからといって、その人が死ぬわけでもないんだし。かな、誰かが辞めるという経験をしていない、というのが大きいのかな。

専売所に昔いた人にまつわる思い出を中心とした今回の話。ちょっと、かながカヤの外な感じが原因なのか、盛り上がるって感じにはなりませんでした。むしろ、しんみりした話だった・・・?う~ん・・・。なんか今回のエピソードは、後々の話に響いてきそうな感じはしましたけどね。さて、次回は、どうやらダイエットの話のよう。誰がダイエットするのでしょう?専売所の面々はそんなことをする必要がある子なんていないように思うけど・・・。まぁとにかく、次回は、楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop

『かなめも』第7話「はじめての、お迎え」感想

今日も暑かった・・・。そして、今日も仕事でへろへろです・・・。お盆も過ぎたことだし、早く涼しくなってほしいものです。まぁ、本州の方に住んでいる方々からすれば、こちらの夏は羨むような気候なのかもしれないですけどね。では、『かなめも』の感想。今日もビールを飲みながら書きます・・・。我慢できないので・・・。今回は、第7話ですね。では、いきましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

風新新聞は、お盆の休刊日。のんびりと朝を過ごす面々だったが、かなはお盆ということで、おばあちゃんの事を思い出す。そして、迎え火を焚きたいと思うかなの願いを、専売所の面々は快く引き受けるのだった。盆祭りがはじまり、代理とともにそこへ繰り出す風新新聞の面々。その祭りで、かなは一人の少女と出会う・・・、という話。

サブタイトルの「お迎え」ってどういう意味なの?と思っていたら、お盆でかなのおばあちゃんの霊を迎える、そういうことだったのね。いつも変態なことばかりしているはるか、意外と博学なのが明らかになりました。迎え火、送り火の説明などは勉強になりましたよ。そんな今回、お盆の話ということで、とても時季に合ったお話でしたね。

今回の話、お盆と言えど、前半は相変わらずの変態ネタ満載で、さすがにきついなぁ、なんて思っていたんですが、後半の話はいい感じにしんみりとした話でよかったです。迎え火の話だけでしんみりとした部分が終わっていたら、そこまで楽しめる話でもないかなぁ、なんて思っていました。が、少女が出てきた件からがとても良かった。

前を見ていなかったかながぶつかった一人の少女、彼女にかなは引き回されつつも、お祭りを楽しむのですが、その少女、どことなくかなのおばあちゃんの面影が・・・。あの少女、物語世界で普通に生きている女の子なのでしょうけど、それをおばあちゃんの生き写しであるかのようにみせる話の作り方が見事。もしかしたら、かなが少女と楽しんだ時間というのは、かなの夢の中だったとも考えられるしね。いずれにせよ、お盆におばあちゃんはかなのもとに来てくれたわけで。それを、異世界など違う世界観を作ってみせるのではなく、日常のなかでささやかに、帰って来てくれたんだなぁ、と感じさせる話の作り方がとても魅力的でした。そして、おばあちゃんが帰っていくであろう、と思わせる終わり方も、尾を引くような感じで余韻を楽しめるものだったです。

今回は、ちょっと感動させるようないい話でした。前半の各キャラの変態っぷりがそこまで描写されなければ、もっと楽しめたであろうになぁ・・・。これは、個人的な感想ですけど・・・。はるかは大分慣れたんですが、ゆめとゆうきの百合っぷりについてはいまだにきつい・・・。そういえば、ひなたはかなりがめついキャラだったんだ、綿菓子はただの砂糖のかたまりって、それはそうでしょうけど・・・。それでも、ひなた、キャラの影は薄い感じがしますけど・・・。

さて、次回はどんな話になるのでしょう?最近、イベントをもとにした話が多かったし、そろそろ、本業である新聞配達をテーマにした話を見たくもなってきたぞ。次回は、新聞配達にまつわる話になるのでしょうかね。話の内容はともかく、次回も楽しみにしています。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop

『かなめも』第6話「はじめての、恐い話」感想

お盆ですねぇ。盆休み?こちとら、そんなものないんだよ・・・、ってことで、今日も仕事でした・・・。まぁ、偉い人はいないので、のんびりとした感じで仕事してましたが。そういえば、特番などでアニメの放送もいろいろと動いてますなぁ。こちらでは、『うみものがたり』が二週分休止・・・。どうすんの、これ・・・?二週遅れで放送することになるのか?いやだなぁ。まぁ、とにかく今週の『かなめも』の感想いきましょうか。

今回は、なかなか面白かったです。

台風のなか、銭湯から専売所まで帰るかなたちと美華。専売所に着き、一息ついたときに待っていたのは、停電だった。暗闇がとても苦手なかな。それを楽しむかのように、専売所の面々はかなに怖い話を披露する。それも一段落し、かなを囲むように彼女の部屋まで送り届けた面々だったが、その部屋で彼女たちは足元を通り抜ける「さわさわ」っとしたものを感じる・・・、という話。

今回の話、サブタイトルも「恐い話」とつくように、停電の中で怪談話が展開されるのかなぁ、と思っていたら、話されたのはいろいろな意味で恐い話・・・。というか、怪談よりもリアルで恐い話のほうが多いという・・・。蔵燃やしたり、光熱費滞納で止められる順だったり・・・。でも、そのくだらなさに、乾杯(笑)。かなは、必要以上に恐がってましたが、べつに暗闇とか関係ないじゃん・・・(笑)。まぁ、そのくだらなさが面白かったんだけど。

そんな今回、個人的に面白かったのは、恐怖心が強くなったかなのトイレでの場面。たしかにかなのように、あるものすべてが恐怖の対象のように感じてしまうよね。壁のシミや雨漏りはいいとしても、トイレットペーパーがなくなったのは・・・(笑)。かな、そんなことを怖がるなよ・・・(笑)。はるかがトイレットペーパーを出すところは笑えましたけどね。かなの部屋での顛末については、まぁ正体はある程度分かりました。影で丸分かり。実際暗闇であんなことがあったら、怖いとは思いますけどね。あと、あんなに大量のネコがあそこにいたことは想像してませんでしたけど。でも、代理、結構ネコ好きなんだ・・・。ぶっきら棒な代理がネコを可愛がる姿は、なんかいい・・・。

そういえば、今回の話、風新新聞の専売所に美華が来ていたわけですが、彼女がいた意味、あまりなかった感じがしたなぁ。彼女、強がるような態度を見せるけど、実はかな以上に怖がりとかだったら面白かったんだけど。まぁ、いいか。あと、最近、はるかの魅力が分かるようになってきました。なんでもエロ方面にもっていく彼女の思考、そしてその暴走が面白くなってきたというか。話として、いいアクセントになっていると思うし。それもこれも、前回の銭湯の話があったからかなぁ。でも、いまだにゆめとゆうき、二人の百合な関係は、気持ち悪く感じてしまう・・・。

かなの料理部で、顧問の先生の誕生日のこと。これも台風とシンクロする感じで、これもいいアクセントになったのかなぁ、と思いますよ。台風のなか、かなとクラスメートがあったときに、放り出された傘が微動だにしなかったのは気になりましたけど。でも、クラスメートもケーキを渡すのにかなも誘ってくれて、台風の後の青空のようにかなの心が晴れたのは、すがすがしかったですよ。クラスメートも、ケーキを作るのに、かなを誘ってくれてもよかったのでは、とは思いましたけどね。

さて、次回は、・・・どんな話なのでしょう。予告だけでは全く分からなかった。とにかく、次回も面白い話を期待したいですね。ということで、次回も、楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop

『かなめも』第5話「はじめての、みんなでお風呂」感想

先週の土曜日に書けなかった分の感想です。土曜のビアガーデン、楽しかった・・・。また行きたい。というか、今日も行きたい。行けるわけないんだけど・・・。今日は、大人しく感想書きますよ・・・。では、『かなめも』第5話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

台風が接近した風新新聞専売所。新聞配達にとって、台風は天敵ということで、てるてる坊主を作ったりして台風に対処しようとするかなたち。そんななか、風雨が一時治まった頃合いをみて、代理はみんなで銭湯にいくよう号令する。銭湯には、専売所の前にいた美華もつれていくことになるのだが・・・、という話。

なんだ、最後のダイジェスト映像・・・。しかも、第5話単体の・・・。尺余りか?DVD特典ならわかるが、こんなものをテレビで放送することになるとは・・・(笑)。それはさておき、今回の話、どうしようもないなぁ・・・。みんなで銭湯に行って、おっぱいおっぱいな話・・・。こんな話楽しめるか、という感じもするんですが、楽しかった自分がいる・・・。エロくて良かったとか、そういうのじゃなくて、もうバカすぎて・・・(笑)。

はるか、今までの話ではそのエロ思考がうざったく感じていたんだけど、銭湯でのあのはっちゃけぶりをされると、もう完敗です・・・(笑)。ここぞとばかりに、かなや美華の胸をもむはるか、ほんとバカだろ・・・(笑)。代理も、いいタイミングでツッコミいれてくるしさぁ(笑)。はるか、専売所でのエロ思考は、抑制された状態だったのね。で、銭湯でそれがはちきれた、と(笑)。でも、はるかやかなは、常日頃銭湯に通ってるんじゃないの?一緒に行くことだってあるだろうし。はるかにとって、あのはじけっぷりは、かなより銭湯初体験の美華の存在がおおきかったのかな?そう考えておこう・・・。そういえば、銭湯の場面、胸をアップに映されても、湯気で見えないよ・・・(笑)。も、もしかして、DVD特典?そんなことがあっても、たぶん買わないけど・・・。

銭湯初体験の美華。新聞配達をしている彼女が、かなに服を脱がせろ、なんて言ってましたが、どういう生活環境なんだ?やっぱり見た目通り、金持ちのお嬢様なのかなぁ?今回の話で、美華がどういう生活をしているのかが、とても気になりましたよ。そういえば、かなは美華に銭湯での牛乳の飲み方を教えていましたが、あれ、立って飲み物を一気に飲むときの生理的な動作らしいよ。右手で飲み物を飲むときに、左手を腰に当ててバランスととるということみたいです。まぁ、又聞きみたいな知識ですから、ほんとかどうか知りませんけどね。

前半のてるてる坊主の話、あれ本当の話なのかなぁ。お坊さんに来てもらうための目印が、あのてるてる坊主ということみたいですけど、それなら今てるてる坊主を釣るしても意味ないような・・・。お坊さんは、とうの昔に死んでるだろうし。まぁ、目印だけが、雨を止ますための象徴として残ったということでしょうけどね。てるてる坊主の由来については、勉強になりましたけど、前半はそれほど面白くなかったなぁ。どうも、毎度、専売所でのやりとりはいまいちな感じがする・・・。家の中でぐだぐだやっているよりも、外で暴れてくれたほうが、彼女たちは面白い、ということなんですかね?

今回、銭湯の話がメインのようで、台風のことはどこ吹く風、という感じでした。でも、¥最後、かなたちが銭湯に閉じ込められたかたちになりましたけど・・・。美華、台風とはいえ、飛ばされるなよ・・・(笑)。ということで、この台風に関係する話は、次回も続くようですね。台風、時期的にはばっちりな感じも・・・。で、次回、なんか怖い話をするみたいですけど。どんな話になるのでしょう。次回も、楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop

『かなめも』第4話「はじめての、プール」感想

今日はいい天気でした。っていうか、暑かった・・・。夏ですねぇ。そんな今日も仕事、早く冷たいビールが飲みたい。というか、もう飲んでるんですが・・・。感想大丈夫か、という感じもしますが、まぁ、ホロ酔い気分で、気楽に書いていきましょう。では、『かなめも』第4話の感想です。

今回は、なかなか面白かった。

販促用のチケットから、みんなでプールに行こう考える専売所の面々。かなも引き連れて、水着を購入してしまう。だが、代理から突き付けられた真実。みんなが同じ日に仕事が休みになることはなかったのだ。面々は、せめて雰囲気だけでも味わおうと、水着姿で夕刊の配達に出かけるのだったが・・・、という話。

歌を折り混ぜたミュージカル仕立ての作風。話自体は大したことないのですが、バカだなぁ、と。歌もしょうもないものでしたしね。でも、それが面白かったです。何やってるんだ、お前ら・・・、って感じがよかったというかね。たぶん、ミュージカル仕立てでも大真面目にやれば高尚なものになるのでしょうけど、妙に間の抜けた感じがギャグアニメとして合っていたのではないかと。だって、歌っているのは、水着の歌とかだよ・・・(笑)。そういえば、今回の作風、なんか教育テレビの子供向け番組を思い出す感じがありましたよ。

プールに行こうということで、水着を買った面々。でも、みんなでプールに行くことが出来ないと分かり、水着で新聞配達に出かけました。街中を走る水着姿の女の子たち・・・。アニメとして画面上で見ると、あまり大事って感じはしないなぁ・・・。でも、実際にいたらびっくりするだろうなぁとは思いますよ。あっ、でも外国とかだったら普通にいそうだなぁ、とか思ったり・・・。どうなんだろうね?

水着で配達することで、人々の注目を集め、新聞の販促にもつながったという今回の話。専売所の面々に群がる男ども、どっから集まってきたんだ・・・。あら、他紙の配達員である美華まで水着になってしまって・・・(笑)。美華ちゃん、スクール水着っぽい水着を着ていましたが、結構寸胴なのね・・・(笑)。

そんな様子をみていた代理が、専売所で小さなプールを用意していてくれたというのが、今回のオチですが、代理の水着姿は見れなかった・・・。しかし、あのプール、子ども用のやつでしょ?そこそこの大きさあったけど、そういうのもあるのかね。もしかして、代理の私物?みんなが帰ってくる前に、一人でせっせと空気を入れる代理の姿・・・。なんか想像すると面白いなぁ。結局、専売所の面々は、目的のプールに行けなかったわけですが、それも現実的な感じがしてよかったと思いますよ。仕事は仕事でサボるわけにはいかないからね。

歌を入れながら、気楽に気持ちよく見せてくれた今回の話。30分があっという間に過ぎてしまった感じで良かったですよ。さて次回は、お風呂の話のようです。今回がプールで、次回がお風呂。どんな話になるのでしょう。また今回のようなミュージカル仕立てでもいいと思いますけど・・・。でも、今回の話、飛び道具だったのかなぁ。そんな話になるのか、次回も、楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。