五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第二十話「徐州陥落」感想

寒かった・・・。今日になって、急に寒くなった感じ。っていうか、雪降ってるし・・・。朝、ちょうど降っていないときに家出たんだけど、すごい勢いで降りだしてきて・・・。行きも帰りも、びちゃびちゃになりました。まだ10月だよ、勘弁して、って感じです。さて、帰るのも遅くなった今日は、『SDガンダム三国伝』の感想です。放送に追いつくにはまだまだ・・・。このペースでは、まずいんじゃないか、って気もしてますが・・・。まぁとりあえず、第20話の感想です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

徐州に攻め込んできた袁術軍。一人立ち向かった張飛だったが、呂布の前に倒れてしまう。昼休みをとっていた劉備たちは、その攻撃に驚きながらも、徐州を死守しようと奮戦する。しかし多勢に無勢。民を連れて、徐州を離れることを決める。民を連れた劉備たちのもとに、袁術自ら軍を率い追撃を仕掛けようとしていた・・・、という話。

劉備が平和な国を目指して作ってきた徐州が、袁術の手によって陥落する話でした。もっと盛り上がるような話になるのかと思ったら、意外にすんなり話が進んだ印象でした。まぁ、主人公の劉備の負け戦だし、劉備たちがあまり民を戦闘で苦しめるような状況してしまうのもどうかと思うし、仕方ないのかな。今は、劉備側の戦力があまりに少ないというのもあるしね。だけど、袁術軍に劉備たち、それに曹操軍が加わって、という展開は、それぞれの思惑が絡み合うような感じで、よかったですよ。

袁術軍に一人で立ち向かった張飛だったが、呂布の前に倒れてしまう。今回の張飛の役目はこれでおしまいなのかな、と思っていたら、すぐ後に重要な役割が待っていましたね。劉備に撤退を進言するという。なんか張飛らしくない感じもしましたけど、彼のおかげでうまく逃げおおせたというのは大きかったですね。一人で立ち向かったときに、敵の状況が把握できたことでこういう判断ができたのかな。一方の劉備は、敵の侵攻にもなかなか気付かず、退却するのを躊躇するなど、あまりいいところはなかった感じでした。最後も曹操に図星をさされて、うなだれるしかなかったし。

皇帝を自称する袁術。自らは皇帝と名乗っていても、部下にさえそれが浸透していないのは・・・(笑)。で、手に入れた玉璽で天玉鎧を出そうとして、出ないし・・・(笑)。まぁ、案の定って感じでもありますけど。相変わらずの小物っぽりがおもしろい。また、呂布にも、睨まれるとすぐに命令を撤回するし・・・(笑)。

追撃部隊を退けて、劉備を助けた曹操。平和は武によってなると主張する曹操ですけど、たしかに今回の結果をみればその通りだと思いました。ただ、劉備の立場として、それでいいのかなぁ、って感じもしますね。次回、劉備がどう考えるのかに期待しています。また、曹操は劉備に対して、部下になるように言っていましたけど、それについても、劉備がどう判断するのか。まぁ、曹操の部下にはならないだろうけど。意外にも今回は、今回それ自体の話よりも、次回の話が気になる話でした。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

Justice・伝説を刻め!Justice・伝説を刻め!
(2010/10/27)
関羽ガンダム(安元洋貴),張飛ガンダム(加藤将之),曹操ガンダム(乃村健次),孫権ガンダム(島■信長)】/Ko-saku ブレイブバトルウォーリアーズ【劉備ガンダム(梶裕貴)関羽ガンダム(安元洋貴),張飛ガンダム(加藤将之),曹操ガンダム(乃村健次),孫権ガンダム(島■信長)】 ブレイブバトルウォーリアーズ【劉備ガンダム(梶裕貴)

商品詳細を見る

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第十九話「皇帝宣言」感想

新たな一週間のはじまり。今週も忙しそうだ・・・。今日は、感想を書く時間があまりないので、『SDガンダム三国伝』にします。見てないアニメHDプレーヤーにたまりまくっているので、どのアニメの感想を書くかは選び放題!って、いつまでたっても減ってかないのが嫌になりつつあるのですが・・・。この作品も、全く放送に追いつける感じしないし・・・。まぁ、あきらめずにやっていくしかないですね。では、まだまだ先が長い第19話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

江東の孫策軍への攻撃に失敗した袁術は、武力をほとんど持っていないと噂の徐州の劉備軍に矛先を変える。そのころ、徐州では畑仕事に精を出す劉備たちがいた。そこに袁術軍が侵攻を開始する。袁術軍を前に、一人で迎え撃ち、紀霊を退けた張飛だったが、次に彼の前に現れたのは呂布だった・・・、という話。

いまさらですが、15分は短いなぁ。えっ、こんなところで終わるの?って感じでしたよ。張飛が呂布の攻撃を受けて、って、ところだもの。まぁ、無理に話を一話のなかに収めるよりか、二話構成でしっかりみせてくれたほうがいいですけどね。内容的には、袁術が玉璽を手に入れるにいたった経緯と、袁術の徐州侵攻がはじまった、ということでした。しかし、15分といえど、ほんと時間がすぎるのが早かった。それだけ、話がおもしろかったということでしょうね。

袁術が玉璽を手に入れた場面。董卓を倒した呂布が玉璽と一緒に倒れていたのを発見したのが彼だった、ということですか。目覚めた呂布に、へたれっぷりを見せる袁術が・・・(笑)。呂布も袁術のもとに置くことになったみたいですが、力を求める袁術と、ただ純粋に戦いを求める呂布の考えが合致したということみたいですね。しかし、今まで見てきた袁術、その特徴はずる賢さだけだぞ(笑)。なんとも素晴らしい小物っぷり。まぁ、それこそが彼らしいと言えるのかな?

畑仕事に文句を言いながらも、人一倍仕事にこだわる張飛。なんだかんだ言いながら、畑仕事も好きなんだね(笑)。それが幸か不幸か、彼の前に袁術軍が現れました。紀霊を一蹴したところまでは良かったんですが、そのまま一人で敵陣に突っ込んでしまう。やはり、劉備たちに知らせるのが得策だったのでしょう。でも、自分の力に自信をもち、そのまま突っ走っていくのが、彼らしいといえば彼らしいです。しかし、劉備たち、こんな近くで張飛が戦闘しているんだから、気づいてあげても・・・。

次回の話の前置きのような話だった今回の話。でも、十分おもしろかったですよ。惜しむらくは、いいところで話が終わってしまったこと。まぁ、15分番組だから仕方がないんですけどね。とにかく次回に期待です。徐州陥落ということですが、どういう形で陥落することになるのか、次回も楽しみにしたいと思います。

SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors 真三璃紗大戦 (超限定版ガンプラBOX 期間限定生産!『真 項羽ターンX VS 劉邦 劉備ガンダム コンパチブルキット』同梱)SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors 真三璃紗大戦 (超限定版ガンプラBOX 期間限定生産!『真 項羽ターンX VS 劉邦 劉備ガンダム コンパチブルキット』同梱)
(2010/12/02)
Nintendo DS

商品詳細を見る

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第十八話「江東の小覇王」感想

二日酔いはだいぶ良くなってきました。これで思う存分アニメの感想を書ける・・・かな?さて、この『SDガンダム三国伝』、まだ第18話の感想です。・・・先は長いなぁ。もう終了したアニメなら、書けば書くだけゴールに近づいて行くわけですが、これまだ放送中だし・・・。またサボれば、それだけ話数たまっていくという大変な状態でございます。早く追いつきたいところなんですが・・・。と、とにかく、感想、いってみましょう。

今回は、なかなかおもしろかったです。

江東に基盤を築こうとする孫策と孫一族。だが、そのことに袁術は危機感を募らせていた、。袁術は、紀霊に水軍を与え、江東への攻撃を命じる。大軍を率いてきた紀霊に、孫策は立ち向かおうとするのだが、周瑜は竹藪への撤退を進言する。周瑜には、ある策があったのだ・・・、という話。

周瑜の軍師としての優秀ぶりをみせ、太史慈を孫策の仲間にする話でした。竹藪と竹の特性を見せた上で、それを利用した周瑜の策略で大軍に勝つさまは、とても気持ちよかったです。策略を使って、大軍を手玉に取るというのはいいですよね。ただ、敵が竹藪に逃げ出そうとするというのは、周瑜のミスでもあるのかな?そこまで計算にいれていたら、最高に気持ちいい話だったのに。今回、太史慈関連のことは、別の機会に回して、周瑜の軍略と陸遜が彼の弟子になるってことだけで話まとめていたほうが、すっきりするような感じはしました。

周瑜の作戦で、敵を翻弄する役目をしていた孫尚香と陸遜のところへ、紀霊たちが殺到することになってしまったんですが、そこに現れたのは太史慈。前回思わせぶりな退却をして、もう登場ですか、太史慈さん。ちょっと早くない?袁術軍に対し、孫策の味方をするというのはいいのですが、そのまま孫策の臣下に下るというのは、よく分からなかった。なぜ前回はダメで、今回はOKなのか。その太史慈の心の変化がよくわかんないんだよね。まぁ、時間が限られているし、孫一族の話に何話も使いことはできない、ってことが原因なんでしょうけどね。でも、太史慈が孫策のもとで働こうと決心するまでの過程は見たかったなぁ。

周瑜の弟子になることを申し出た陸遜については、ちゃんと説得力のあるものだったと思います。陸遜が、竹藪でしていることについて、思案していたことがしっかり効いているし。あのときの、そんな陸遜と、言われたことをやるだけと思う孫尚香の対比もよかったしね。今後、陸遜がうまく周瑜を引きたてる役割を担ってくれそうです。期待しています。

今回の話で、孫一族関係のことは一段落のようですね。次回はまた劉備たちが中心の話のようです。ブログサボっていたせいもあって、劉備のことは久しぶりです。あれ、今劉備ってどんな状況だったっけ?って思ったり・・・。まぁとにかく、次回も楽しみにしてますよ。

Justice・伝説を刻め!Justice・伝説を刻め!
(2010/10/27)
劉備ガンダム(梶裕貴)、関羽ガンダム(安元洋貴)、張飛ガンダム(加藤将之)、曹操ガンダム(乃村健次)、孫権ガンダム(島■信長)/Ko-saku劉備ガンダム(梶裕貴)

商品詳細を見る

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第十七話「新天地」感想

昼寝もして、気分はすっきり。ということで、またまたアニメの感想、いきたいと思います。これまたサボっているあいだに随分とたまってしまった『SDガンダム三国伝』です。まだ放送も終わっていないし、早く追いついてしまいたいんですけどね。なお、この後の話は全く見ておらず初見で感想を書いて行くことになるので、その点はご容赦のほどを。ではでは、だいぶ前の話、第17話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

新たな当主となった孫策と孫一族は、治めるべき地新天地を求めて江東へやってきた。江東では、領主がおらず、水賊がその地にのさばっていたのだった。長江で漁をしていた若者陸遜を水賊の手から助けたかれら。だが、その水賊たちも太史慈から逃れ、孫一族を頼るのだった。太史慈を前に、孫策は一対一の対決に打って出る・・・、という話。

孫一族が江東という拠点を手に入れていく話ですね。もっとつまらない話になりそうな話になりそうな感じもありましたが、陸遜と太史慈という二人のキャラクターをうまく話に登場させ、おもしろく見せてくれた印象でした。孫策と太史慈のバトル、ちょっとした小競り合いみたいな意味合いのバトルなのに、迫力があってとてもおもしろかったです。いや~、孫策、ギミック満載だなぁ。

孫一族と陸遜との出会い。孫尚香、陸遜が水賊に絡まれているところに一人登場し、彼女が一人で戦うの?と思ったら、後ろからぞろぞろと屈強な男たちが・・・(笑)。さて陸遜、かれはまだ若者ということですが、見た目的に若いかどうかなんて全然わからない(笑)。でも、彼が若いことを前提として会話が繰り広げられるのは、なんかおもしろかったです。

太史慈は、なんかかっこよかったですね。手を変え品を変え攻撃する孫策に対し、こん棒一本で相手をする感じがなんかいい。で、戦いに敗れた後の、孫策からの握手を拒む場面も・・・(笑)。もしかして、ツンデレ?今後、絶対、いい場面でかれらを助けるだろうことがみえるような気がしましたよ。そういえば、孫一族の「江東の民は、みんな家族」という理念、ちょっと気持ち悪い感じもしたなぁ。言っていることは、いいことなのかもしれないですけどね。

さて、次回も孫一族の話のようです。といっても、まだまだ18話。先は長いぞ。まぁ、それだけ楽しめるということで。今回は、孫策の活躍が目立った話でしたが、次回はだれにスポットを当てた話になるのかな?次回も、楽しみにしてますよ。

Justice・伝説を刻め!Justice・伝説を刻め!
(2010/10/27)
劉備ガンダム(梶裕貴)、関羽ガンダム(安元洋貴)、張飛ガンダム(加藤将之)、曹操ガンダム(乃村健次)、孫権ガンダム(島■信長)/Ko-saku劉備ガンダム(梶裕貴)

商品詳細を見る

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第十六話「戦慄の幻影」感想

さっきまで、大音量で音楽が流れてました、・・・近所から。しっかりと聞こえなかったんだけど、何だったんだろう、あの曲?はじめ、近所で祭りでもやっているのかな、とも思ったんだけど、どこかの部屋で音楽を聴いていただけだったようです。感想を書くには、迷惑な感じもしますね。でも、こんな早い時間だし、自分も結構大きい音で音楽聴いていることもあるし、仕方ないかな、とも思ったり。どうでもいいことですね。では、『SDガンダム三国伝』第16話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなかおもしろかったです。

民の平和のためには、天下の統一こそ重要だと考える曹操。自分こそがその統一を果たす者と考える曹操に、家臣たちは天玉鎧のような大きな力について議論をしていた。呂布が天玉鎧を呼び出した今、三侯とは、一体だれなのか。呂布の呼び出した、天玉鎧のカメの姿は何だったのか。そんなことが話題となっている曹操軍のもとに、ある人物が姿を現す・・・、という話。

あれ?自分が想像していたような話とはずいぶんと違った・・・。呂布がこんなところで姿を現すなんて・・・。すみません、前回の感想での予想は、全然的外れでした、自分・・・。いろいろと申し訳ないような気分です。サブタイトルみれば、誰が出るのか、なんてある程度予想がつくものなのにね。全く注意を払っておりませんでした。恥ずかしい・・・。

さて話は、民のため天下統一を進めようとする曹操の前に、呂布が姿を現す、といったものでしたね。曹操にとって呂布はこんなに因縁深いキャラなんだ、と改めて思い知らされたり。これまでの話を思い返してみれば、そう話を作っているんだな、と思い至りますけどね。それにしても、曹操と呂布の対決は、相変わらずかっこよく魅せてくれるなぁ。見せ方が、本当にうまい。で、統治のことも考える曹操よりも、ただひたすらに強さだけを求める呂布のほうが、強さでは一歩先を行く、という感じでしたね。それにしても、相変わらず寸止めで撤退してくれる呂布、優しいというか、なんというか・・・(笑)。呂布さん、強さを言い訳に、しっかり話の都合を考えてくれるんですね(笑)。

今回、前半は、呂布や天玉鎧のことを話題にしつつも、曹操軍の武将たちを改めて紹介する、という感じでもありました。夏侯惇、しっかり片目眼帯してる。董卓軍にいた徐晃も、すっかり曹操軍の一員なんですね。ちょっと軋轢みたいなものを感じさせるところもありましたが。徐晃、人当たりのいい感じもしますけど、結構、言うことはちゃんと言う、という性格なんですね。そして、出ました郭嘉。まだ腹黒さは、あまり感じない。まぁ、彼の活躍はこれからですかね。

曹操の前に現れた呂布。初め何もしゃべらないので、偽物?とも思いまいたけど、正真正銘の本物でした。なんだかんだで、曹操と呂布のバトルになるあたり、何しているんだ曹操軍、という感じもしてしまったり・・・。でも、そうならざるを得ない理屈付け、展開はとてもうまかったと思いますよ。そして、新たな技まで覚えていた呂布。しっかり曹操より強くなっていた、と。呂布としては、いまの曹操の強さをはかりにきて、彼を鍛えに来た感じだったのかな。曹操、敗れた形で終わったのに、部下たちには弱いところを一切見せないあたり、かっこいい・・・のか?リーダーは大変だなぁ。

呂布と呂布隊は、袁術に従っているみたいですね。あれ、呂布はなんでこんな小物に・・・、なんて思ったりもしましたけど、それはそれで呂布らしいですかね。で、2クール目になって初めて出てきましたね、袁術。彼が今後どう動いていくのか、注目してます。さて次回は、孫一族の話のようです。太史慈と孫策の話ですか。どう見せてくれるのか、次回も楽しみにしてますよ。

SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors創世記 劉備編SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors創世記 劉備編
(2010/06/23)
岩本 ゆきお

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。