五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.07「マヤの亜美~ゴ!」感想

溜まったアニメ感想、どんどんといきますよ。次は、『世紀末オカルト学院』です。そういえば、こういった感想は当然録画したアニメを見て書いているんです。当然、CMもくっついています。で、そのCMで、「夏真っ盛り!」とか言っているんですが・・・。まだ8月に放送された分、ということですよ。今何月だよ、と思ってしまいます。先は長いなぁ、はぁ・・・。頑張らないといけないですね。ということで、『世紀末オカルト学院』第7話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなかおもしろかったです。

偶然、亜美の父親に会ったマヤ。マヤの様子が子どもの頃と変わってしまったことを気にする父親は、亜美に頼んで、マヤを家に呼んでもらうことに。亜美の部屋でマヤたちがおしゃべりを楽しんでいたそんなとき、テレビでミステリーサークルが現れたというニュースが流れる。文明を呼んで二人で調査しようとするマヤだったが、亜美や父親たちもついてきてしまい、一緒に調査することになってしまう。ミステリーサークルの現場を彼女たちが夜見張っていると、UFOが現れ・・・、という話。

オカルトなことをテーマにしたこの作品ですが、今回の話は、すべて狂言でした。後半のUFOや宇宙人なんかは、亜美の父がスマイルたちに何かをさせている場面があったので、かれらの仕業だな、というのはすぐに思いましたよ。UFOや宇宙人自体も、よくありがちでチープな感じもしたしね。でも、ミステリーサークルも、かれらの仕業だったとは・・・。ここはかなり意外でした。でも、よくよく考えてみると、スマイルたちが食堂にいたとき靴泥だらけだったなぁ、と。後になって、はっとさせられるいい伏線がはってあったんだなぁと思い当たりますが。にしても、その後の、父親・マヤ・亜美のやりとり、これはちょっとグッとくるものがありました。大の大人が世間を騒がすような迷惑行為をする。でもそれはだれかのため。それはいいことなのか、悪いことなのか。難しいことですね。なんにせよ、上記の三人の三者三様の思いが絡み合う感じのやりとりはよかったです。

オカルト好きの少女だったマヤが、今は逆にオカルト否定に。それが、亜美にとっても亜美の父親にとっても気がかりだったようです。にしても、マヤを家に呼んでということをするなんて、亜美の父は面倒見がいいですね。亜美の父としては、マヤに子どもの頃のことを思い出させることで、そのときの気持ちを思い出してほしい、ということもあったのかな?見ている側としても、マヤがオカルトに対して、子どものころと今とでどう変わったのかがよく分かるのはよかったです。そういえば、亜美の家は、亜美と父親の二人暮らしなのかな?

ミステリーサークルのニュースを見て、早速動き出すマヤ。すぐに文明に連絡をとって、とやっていたら、亜美たちが・・・。でも、現場ではマヤ、文明と普通に話し込んでますね。なんかカップルみたい(笑)。亜美たちも近くにいるというのにね。で、みんなで夜の見張りをすることになり、UFO登場、宇宙人登場ということになりました。全部亜美の父に頼まれたスマイルたちの仕業だったんだけど、あのUFOはラジコンかなにかだったのかな?しかしまぁ、宇宙人の写真をとったら、JKがいっぱい、というのは・・・(笑)。亜美の父は、ほんとにやることが大掛かりだなぁ。だって、ニュースにもなっているんだもの・・・。そういえば、牛の死体については、どういうことだったんだろ?もしかして、これが次のオカルト的出来事への前触れなのかな?

今回の出来事は、子どもの頃とは変わってしまい、気を張り詰めているマヤ、そんなマヤに笑顔を取り戻させたいと亜美の父が仕組んだことでした。子どもの頃にマヤが喜んだものならば、今のマヤも喜ぶに違いないと考える亜美の父は、マヤに対しては子どもの頃で時間が止まっているようですね。今のマヤは、オカルト的な真実を知り切羽詰まっているわけで。こんな大掛かりで、迷惑をかけるようなことまでするのは問題ですよね。でも、マヤに笑顔を取り戻させたいと思いここまでするその気持ちは素晴らしい。なかなか亜美の父のやったことの善悪の判別をするのは難しいです。この狂言を知り、マヤは亜美の父に食ってかかりましたね。たしかに、マヤの言っていることは正しい。でも、亜美の父の気持ちを酌んであげないのは・・・、という感じがしてしまう。そういった見ている側の気持ちを酌んだように、マヤを殴ったのは亜美でした。友達なら当然ですかね。で、亜美は父に殴られる、と。三者三様、その立ち位置から、それぞれが思うであろう態度をしてくれたのはよかったですよ。それぞれがそうせざるを得ない気持ちがよく分かるし。誰の言い分が正しいわけではない、ということが難しいし、それでいてそのやりとりに胸を打つものがありましたよ。

マヤを殴り父に殴られた亜美は、そのまま飛び出してしまいました。次回は、そんな亜美とマヤの関係修復が中心となる話になるのかな?今回のオカルトは狂言でしたけど、次回はどうなんだろ?いろいろと気になりますよ。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2010/11/24)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.06「文明の道程」感想

今日は休みだったんです。ですが、昨日夜ふかししたせいで、起きたら11時半ですよ・・・。それから銀行に行ったり、髪切りに行ったりだのしていたら、もう夕方・・・。今日は頑張って、たくさん感想を書こうと思っていたんですが、無理そうです・・・。というか、もう眠いんですが・・・。この一本で今日の感想はおしまいになりそうです。そういうことで、早速、『世紀末オカルト学院』第6話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなかおもしろかったです。

臨死体験以降、すっかり性格が変わってしまったこずえ。オカルト大好きだった彼女が、オカルトに否定的な人間になってしまったのだ。マヤと亜美は、そんなこずえを元のこずえに戻そうと奮闘する。しかし、うまくいかない。臨死体験でオカルト好きの心を置き忘れてしまったと考えた彼女たちは、もう一度臨死体験を行い、彼女の心を取り戻そうとする。こずえの心を連れ戻すのに、マヤが試みようとするが、そこに文明が現れたのだった・・・、という話。

前回の続きの話ですね。いままでと変わってしまったこずえ、彼女がどうなってしまったかというのが気になっていたんですが、オカルト好きの心を置き忘れてしまっただけだったんですね。つまりは、変わってしまったこずえも、こずえにしか過ぎない、と。心がほかの人格に乗っ取られるとか、そういうことではなくて安心しましたよ。そんな今回、結構いい感じの話でした。オカルトを否定しながらも、涙を流すこずえとか、文明の過去とか・・・。文明がこずえを助ける最後の最後で、唖然とするようなオチが待っていましたが、それが見ている側だけが唖然とするのではなく、マヤたちも唖然としていたのでちゃんとギャグとして成り立っていたと思いますよ。それにしても、この作品、ほんと話のテンポがいいなぁ。すっと見られる。今回は、とくにそう感じましたよ。

オカルトに否定的なったこずえを元に戻そうと奮闘するマヤと亜美。もともとオカルトに否定的な主張を繰り返すマヤが、オカルト的なことをやっているのがおもしろいですね。そして、マヤから文明に下った指令、スプーン曲げをこずえの前でしろ。能力を失った彼がそんなことをさせられるのは、なんか痛々しかったです。まぁ、へたれすぎで、むかつくところもある彼ですから、ざまを見ろ、みたいな感情も抱きましたけどね。結局文明のスプーン曲げは失敗し、マヤはオカルトに否定的な意見をこずえに投げかけました。目に見えるものしか信じない、心で見るなんてことも信じない、そんな現実的すぎる主張は、痛々しく心の狭量さを感じるようにも思えましたよ。マヤは挑発的に言っていたわけだけど、それに賛同していたこずえも思いとは裏腹に涙を流していましたね。これは、彼女のなかのなにかが反応したということなのかな?それに、オカルトに否定的なこずえ、こういうこずえも以前から彼女のなかに潜んでいたというのも、興味深いことでした。なんにせよ、なかなかいいシーンでしたよ。

こずえの心と連れ戻すための臨死体験。マヤが潜って連れ戻そうとしたけど、そこに文明が現れましたね。自分が連れ戻すという文明はなんかカッコいいぞ。と思ったら、マヤ達の前でパンツ脱いでるし・・・(笑)。文明の臨死体験で見れた彼の過去。時代の寵児として、ちやほやされていたかに思えた彼の悲しい過去。子どもなのに、大人の都合で振り回されていた彼は、本当にかわいそうでした。一番近くにいる母親にさえそういう扱いをされていたなら、心が病んでも仕方がない。こんなダメ人間になってしまった文明は、ある種当然だったのかもしれないですね。超能力が使えなくなってしまったのも、この心の傷が原因だったりするのかな?

こずえを見つけた文明だったが、彼女は帰ろうとしない。大事なものを無くしてしまったから、・・・ってメガネかよ・・・。しかもそれ、彼女は必死に探していたけれども、ただ頭にかけていただけって・・・。唖然とするマヤの顔が・・・(笑)。自分も、こうなってしまうマヤに同感です。このアホすぎるノリ、普通なら否定的に感じてしまいそうなんですが、今回素直に受け入れて楽しく見られたのはなんでしょうね。作中でもアホなこと、として捉えられていたのがよかったのかな?

結局、喧嘩していたマヤと文明も仲直り。この場面、もう少しマヤの素直じゃないところも見せてほしい気もしましたけどね。過去があるから今がある、マヤが文明の過去に触れることで、彼という人間についてマヤが理解を深めたことはよかったことだと思います。今回の文明は、ちょっとカッコよかったし。

さて、次回からは、また新しい話。どんな話が待っているのか、次回も、楽しみにしてますよ。

世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2010/11/24)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.05「夏のこずえ」感想

今日は仕事が忙しかった・・・。連休明けは、やっぱり仕事がたんまりでしたよ。あぁ、疲れた・・・。こんな日は、のんびり過ごしたいところですが、感想書かないと。感想を書く癖をつけていくのは大切ですからね。一度サボると、ズルズルいっちゃうタイプだし。まぁ、なによりこつこつと書いて行かないと、いつまでたっても終わらない、というのもあるんですが・・・。ということで、感想。『世紀末オカルト学院』の第5話です。では、早速いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

皆神山の事件から帰ってきたマヤたち。行方不明になっていたこずえは、今まで以上にオカルト趣味に没頭していた。それは、彼女がたびたびオカルトな事件に巻き込まれながらも、彼女だけがそれを目撃していないという疎外感を感じていたからであった。臨死体験の実験で、こずえは自らオカルト的事象を体験しようと、その被験者を申し出るのだが・・・、という話。

皆神山でのことのあとの人間関係を整理しながら、こずえを中心に、新たな事件のはじまりを描いた話でした。にしても、こずえ、徹底して被害者キャラだなぁ。今回は、最後に体を乗っ取られてしまうなんて・・・(笑)。たぶん彼女、オカルト的なことを目撃しようと前のめりになりすぎているんだよね。その好奇心に感服はします。でも結果、彼女が被害の中心にいて、客観的に観察できる立場にいられないという・・・。もう少し一歩引いて、落ち着いて周りを見てみる、それが例にだされた「心の目」にもつながってくるんじゃないかな。

さて、皆神山のことで、すっかりマヤは文明を軽蔑してますね。当然ですね。「へたれ」とはまさに的を得ているし。今回も、教師という立場でありながら、生徒のマヤに怯んだところを見せてるし・・・。それだけならまだしも、美風に対してはカッコよく振る舞っているから、どうしようもない・・・。そういえば、美風、てっきり千尋の組織と関係があるのかと思っていたんですが、今回の話を見た限りでは違うようです。まさか、彼女がただの一般人ということはありえまい。白々しいまでに文明に関わっていく彼女、何者なんだろ?

臨死体験で肉体を乗っ取られたこずえ。臨死体験ってあんな感じなのでしょうかね?魂というのが、肉体とは別に存在しうるのか、って疑問も感じてしまうけど。今回の出来事は、まだ肉体に意識が残っているからこそ、ある種夢を見ている感じとしてあんな情景のなかを漂ったのかもしれませんね。まぁ、魂が肉体とは別に存在しうる、という世界観ならば、それはそれでいいのですけど。そうでないと、オカルトとして幽霊みたいなものは存在しえなくなってしまうわけですし。肉体を乗っ取られたこずえ、彼女は全くべつの意識に乗っ取られてしまったのか、それとも彼女のなかにあったもう一つの人格が肉体を支配したのか。この出来事に、いろいろと想像をかきたてられましたよ。

臨死体験に至るまでの話は、ちょっとつまらなさを感じた今回の話。たぶん、自分のなかに、こずえの無鉄砲さにうんざりした感じがあったのかな。まぁ、気持ちはわかりますけどね。そんなこずえが、またしても事件に巻き込まれました。彼女、どうなるのでしょう。そして、マヤたちはそんな彼女の身に起こったことをどういう解決へと導いていくのか。次回は、いろいろと楽しみにしてますよ。

世紀末オカルト学院 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末オカルト学院 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/10/27)
水島大宙日笠陽子

商品詳細を見る

PageTop

『世紀末オカルト学院』episode.04「文明の崩壊」感想

今日も、こつこつとアニメの感想を・・・。でも、酒のせいで頭がズキズキする。昨日、アニメ見て感想を書くを繰り返していたら、もう頭がいっぱいいっぱいになってしまってね。お酒飲みたくなったんです。で、飲んだはいいんですが、飲みすぎたのかもしれない。それで、こんな状態に・・・。今日は、感想を書く気分でもないんですが、それでも、と。頑張ってするようなことでもないのですが、一日サボればまたサボり続けるようになるのでは、という怖さもありますしね。では、まだまだ第4話の『世紀末オカルト学院』の感想、いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

マヤとこずえが神隠しにあってしまった。捜索を依頼された文明は、美風とともに人影を見たという皆神山に入る。隠し扉を見つけた二人は、その中の洞窟を捜索するが、文明は恐怖から一人奥へと走り出してしまう。道に迷ってしまった文明。しかし、その奥で出会ったのは、行方不明になっていたマヤだった・・・、という話。

文明がどこまでもダメな人間である、というのを見せつける話でした。普通ダメなキャラクターでも一つくらい何か持っているものですが、超能力を失った彼には、何も残っていない。さすがに、ここまでダメだとねぇ・・・。見ているこっちも、文明に嫌悪感を抱くというか・・・。マヤも、父の残した呪文を使えなかったし、主人公二人のここまでの役立たずぶりが、酷い・・・。でも、伝承や神話的な事柄を物語に絡めるところはおもしろかったし、話のテンポも良かったと思います。そういう意味では、すっと楽しめた感じがしましたよ。

あまりにもダメダメな文明。恐怖から大好きな美風を置いて逃げ出してしまうし、超能力が使えないことをこの期に及んで暴露するし、この時代に来た時も嫌々だったし、化けものが大量にいるところから一人逃げ出してしまうし・・・。その後会った美風に、ウソついてカッコつけている彼は、最低です・・・。性格がこんなでも、超能力が使えればましなのにねぇ。超能力が使えなくても、多少気骨があればましなのにねぇ。ほんとダメ人間です。こう思わせるのも、これからの話のためって感じもしますが、視聴者にちょっと文明に反感を持たせるにはやりすぎな感じもします。まぁ、これからの文明の成長に期待ということかな?そういえば、文明がこの時代にくるとき、第一話ではもっとカッコつけていたと思うんだけど、そことの整合性はどうなっているんだろ?第一話では、文明のみじめな抵抗はうまくカットしてあったのかな?

一方のマヤは、力をもたないのに、一人でつっぱしりすぎって感じなのかな。父の残した呪文を扱えるようになってから行動をしようよ、って感じもします。でも、文明と違って好感はもてますよ。ちゃんと敵を前に立ち向かおうとしているし。しかしまぁ、今回活躍したのが、JKとスマイルだったのがビックリ。こんなに頼れる二人だったのか、と。不気味な印象の脇役くらいにしか思ってしなかったけど、見直しましたよ。

前回から登場の美風については、やっぱりなにか怪しいなぁ、と。やっぱり性格がウソっぽく、偽善的すぎる感じがしてしまう。普通、自分を放り出して逃げだしてしまう男に、あんなやさしい態度はとれないでしょ。そういう男を許せるだけの器量があっても、愚痴の一つでも言ってくれないと、リアリティを感じない。まぁ、彼女が何か裏のある存在である、ということを再認識した今回の話でした。

オカルト関連の話については、・・・よくわかりません。世界樹云々のことについては、神話の共通性みたいなことについて、なるほどなぁ、と思いましたけどね。でも、うまくそのオカルト関連のことを話に組み入れてあったと思いますよ。さて、前回から続いた話も一段落しました。次回は、また新たな話ですね。今回捕らわれていたこずえが中心になる話なのかな?次回は、楽しみにしてますよ。

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/09/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.03「美し風、吹きぬけて」感想

今日は、感想を書き始めたからには、書けるだけ書いてしまおう、そんな感じです。もうかなり眠たくなってしまっているんですけどね。さて、たまりにたまった録画したアニメ、それを消化していきたいと思います。ということで、『世紀末オカルト学院』の感想です。って、まだ3話かよ・・・。ほんとこんなに感想を書いていなかったんだと、我ながら実感しました。あの、前回の話なんてすっかり忘れているんだけど・・・。まぁいいや、感想言ってみたいと思います。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

学院周辺で、神隠しに遭う事件が頻発していた。天狗のうわさもあるその事件にマヤは、文明を引き入れて調査にあたることにする。さて文明は、テレビを見て昔を思い出し落ち込んでいた。そんな折、たまたま文明が入った食堂、そこにいた美風に彼は恋をしてしまう。食堂に通い詰める文明に、美風は町案内を申し出、二人は出かけるのだった・・・、という話。

神隠しのことと、文明の美風に対する恋心、これがどうつながって話にオチがつくのかと思ったら、次回に続く話だったのね。話の中心は、文明と美風のことで、そこまで中身のある話って感じでもなかったかな。でも、ちょっと笑えるところもあり、テンポのよかったのか、すっと見れる感じはしましたよ。まぁ、相変わらずあか抜けない印象もあるんですけどね。

ちやほやされていた昔を思い出し、今の自分にため息をつく文明。文明のように輝かしい子ども時代がなくても、子どもの頃はよかったなぁと思い、大人になった自分にため息をつく気持ちはよくわかりますよ。子どものころは無数の未来がありますからね。まぁ、それは、大人になってから思い知ることでもあるんですが。そんな傷心の文明が出会った女性、美風。落ち込んだときにこそ、天使は現れるのかなぁ?恋に落ちた文明は、毎日食堂に通ってましたね。で、いつもカレー・・・。毎日カレーでなくてもいいだろうに・・・。文明は単純というか、なんというか・・・。その行動力にすごさを感じますが、同時にキモさも感じてしまう・・・。

そんな文明に美風から町案内のお誘いが。美風、スポーツカーで登場ですか。しかし美風、あの若さで十分すぎる町案内ができるんですね。昔のこととかよく知っているし。しかしなんか、そのことが逆に美風の異様さ、ウソっぽさを感じてしまう。昔の人のことを思って泣き出してしまうのもなんかよくわからないし。美風、スポーツカーで飛ばすという意外性はありましたが、なんか裏がある、そういう感じがしました。それが神隠しのことともつながってくるのか、と思ったり。むしろ、学院自体の闇の部分につながってくるのかな?今後、美風に裏がなければ、逆にびっくりに思うようになってしまってますよ。

マヤが神隠しの原因のものに襲われて終わった今回の話。文明、マヤの命令を無視して、デートなんかしていて大丈夫なのか?とにかく神隠しのことがどういうかたちで解決をするのか、文明と美風の関係はどうなるのか、次回は楽しみにしたいと思います。

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/09/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。