五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『続 夏目友人帳』第八話「不死の想い」感想

今日は、すごい天気だった・・・。家に帰るのが大変で・・・。帰ったら、なんか疲れて眠たいのですが、書きますよ、『続 夏目友人帳』の感想。来週の放送までに、今回の話をいれて二話感想を書けば放送に追いつくし。遅れを取り戻すのも、あと少しだ。では、早速、『続 夏目友人帳』第八話の感想です。

今回は、面白かったです。

宿題合宿に来た夏目は、友人帳を狙う人魚の笹舟に襲われる。なんなくその難を逃れる夏目だったが、帰り際、駅で人を待ち続ける宿の女将の千津を見つける。千津は、自分の大切な人に不死になる人魚の血を飲ませてしまったのではないかと悩んでいた、という話。 人魚の話ですね。そして、この作品で、こういう話を待っていました。自分、この作品で期待していたのは、今回みたいな話なんですよ。人間と妖のちょっとした交流、そこから生まれるちょっといい話、みたいなもの。今回もそうだけど、そこに悪い者は一人もいない、という感じの。一期ではよくあったんだけど、二期になってからさっぱりって感じだったからなぁ。ほんと今回の話は、面白かったです。

とくに今回良かったのは、不死に関する扱い。不死をテーマにした話だと、大抵不死を求める欲深い人間、というのが出てくる印象があるのですが、今回の話では出てきませんでした。人間が不死を求めて人魚を襲うというのは、話の前提としてだけだったし。千津が人魚の血を求めたのも、大切な人を救いたい、という思いだけだったしね。人間にとって、不死がすばらしいことではない、というのが前提となっているというか。千津が悩んでいたことも、大切な人を不老不死にしてしまったのではないか、ということだったし。それが人間の醜さを描くことなく、温かさのある話にすることに成功していたように思う。そういえば、今回の話のもととなっている人魚姫の話って、どういう話なんだ?自分、恥ずかしながら、よく知らないんだ・・・。

今回の話、笹舟は、人魚の血を求めてきた千津に幻滅し、さらなる人間嫌いになっていました。親しくしていた千津も、不死を求めている醜い人間だった、というのは、笹舟の誤解ですね。まぁ、人間がそれまでしたことを思えば、誤解してしかるべきなのかもしれませんけど。ただ、その笹舟の誤解から生まれたいたずらが、結果的にいい方向に働いたというのは、皮肉的というか・・・。幼いころ救いたいと思った人が、年を取ったときにちゃんと死んでいたことで安堵する。千津の気持ちはこんな感じですかね。見ているときはすんなり理解したのですが、考えてみると、なんか不思議な感覚で、複雑な心情。でも、こういった思いが今回の話を深いものにしていたのかな。

あとは、ふと気になったこと。男子学生三人で、自発的に宿題合宿、・・・普通、男性はこういうことしないだろ・・・。一緒に勉強することはあったとしても、合宿まではねぇ・・・。行事だからとか、女子がいるからとかなら別だと思いますけど。また、勉強以外なら、合宿したがることはあるかもしれませんが。お菓子を大量に持ち込んだりとか、なんとも女性視点の描写だなぁ、と思ったりしました。女性はこういうこと好きそうだし。しかし、どうなんだろう?男性どうしで宿題合宿とかすることあるのだろうか?

今回の感想は、こんなところで。それにしても、今回、いい話だったなぁ。で、次回は、花がどうとかいう話みたいですね。全然、想像がつきません。今回みたいないい話だったりするのかな。次回も、楽しみにしています。

感想、明日は無理かなぁ・・・。土曜日だし、酒飲んでそうだし。また、買い物に行くかもしれないし。でも、次回の放送からちゃんと書くなら、明日書いておくと楽なんだよなぁ。う~ん・・・。

PageTop

『続 夏目友人帳』第七話「呼んではならぬ」感想

なかなか放送に追いつけない『続 夏目友人帳』。単に、自分がサボっているからなんだけどね。予定では、先週までにこれまでの話の感想を書き終えて、今週から放送に追いつくはずだったんだけど・・・。このままズルズルと最終話まで追いつけなかったりして・・・。そんなことばかり考えていてはだめですね。言い訳くさいし。すぐにでも追いつく気持ちで。しかしまぁ、今話からデジタル録画ですよ。細かいところまでよく分かる。これで、勢いをつけて・・・。ただ、画質が良くなったからといって、いい感想が書けるわけでもないですけどね。では、第7話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

多軌を呪った妖に捕まった夏目。なんとかそこから逃げだすが、夏目は妖を見ることができなくなってしまう。一方、多軌と一緒にいたニャンコ先生も呪われてしまい・・・、という話。前回の続きですね。前回の感想で、ちょび髭が怪しいなぁ、なんて予想したんですが、大外れ・・・。悪い妖とちょび髭は、何の関係もなかったようですね・・・。あらら・・・。でも、話の展開上、ちょび髭の必要性はどこにあったんだ?視聴者をミスリードさせることと、妖の見えなくなった夏目をすぐにわからせるためだったのかなぁ。なんか勿体ないなぁ。ちょび髭にもっと重要な役目を担わせてほしかった。そんなちょび髭は、重要な場面で必ずいない・・・。これが、ちょび髭を疑った理由なんですけど。えっ、自分、話に乗せられただけなのか?

今回の話、妖の見えなくなった夏目と悪い妖とのバトルは、面白かった。ひたすら夏目視点で、妖がいるのは分かるが、どこにいるのか分からない、夏目がどういう状況にあるのかが夏目自身も視聴者もわからない、というのは、とてもスリルを感じるものだったです。そして、夏目の鏡と多軌の陣を通すと、はじめて妖のしていることがわかる、というのは、とても作りがうまかったなぁ、と。そういえば、今回の妖、ほんとにただの悪い妖だったなぁ。もう少し裏があることを期待していたんだけど。まぁ、実は・・・、みたいのがあるのかもしれませんが。でも、夏目による悪い妖退治という感じで見れたし、よかったのかな。

あと、今回、ニャンコ先生が、やたらとカッコ良かった印象。自分が呪われても、たじろぐ様子は一切みせず、むしろこれで自分が積極的に介入できる名分ができたと言わんばかりだったし。最後も、姿が見えなくても、颯爽と夏目を助け、そのまま妖に噛みつくし。あと、ドラえもんみたいなことしてたし・・・(笑)。妖の見えなくなった夏目を甲斐甲斐しく面倒をみるところも良かったです。しかし、どうしたんだ?ニャンコ先生。まぁ、こういうニャンコ先生も魅力的ですけど。

で、今回、一時的に妖の見えなくなった夏目が、その能力を失ってはじめてその能力の良さを知る、という話でもあったのかな。以前の夏目は、妖が見える能力を失いたいと望んでいたことが重要ですね。失ってはじめてそのありがたさに気づく・・・。ただ、そういうことを主張したい話としては、ちょっと押しが弱かったかなぁ、という印象も。もっと日常的な話の中でならまだしも、事件の最中だったからなぁ。能力を失った夏目の心情に、深く入ることができなかった、というか・・・。日常のなかで、ふいに夏目が能力を失ってしまう、その時夏目はどう思うのか、って話も見てみたいと思いました。

今回は、こんなところで。次回は、人魚がでてきて、不死がテーマな話ですかね。テーマがしっかりしていそうな分、楽しみな感じ。明日見ることができるかなぁ・・・。とにかく、次回も楽しみにしたいと思います。

PageTop

『続 夏目友人帳』第六話「少女の陣」感想

最近はひたすら、『夏目友人帳』の感想を書いている気がする。実際、その通りなんですけど・・・。でもやっと、放送に追いつける目途がついてきたぞ。今回の第六話をいれてあと三話。今週でなんとかなるかな?しかも、今回の話でアナログ画質から解放。次回の話からは、買ったばかりのHDレコーダーに録画してあるものになります。俄然、やる気がでてき・・・てもいないかな。まぁ、コツコツと感想を書いていかないとね。『続夏目友人帳』第六話の感想です。

今回は、まぁまぁ面白かったかな。

ある日、夏目は、地面に描かれた謎の陣を発見する。そして、そこで出会ったのは、その陣を描く多軌であった。無口なはずの同級生多軌が、ふと夏目の名前を読んだことで、夏目はある呪いを受けてしまう、という話。今回は、ニャンコ先生と一緒にいたはずの夏目が消えてしまう、というところで終わりました。次回は今回の続きのようだし、二話連続の話の前編のようですね。二話連続の話は、これまで放送してきた『夏目友人帳』ではじめてじゃない?しかし、後編を見ずして感想を書く、どうなのかなぁ、という気もしますが、今まで一話ずつ感想を書いてきたわけだし、仕方無いですね。

で、今回、前編ということで、あまり盛り上がることもなく、この話の登場キャラクターの説明と状況の説明が中心だった、という印象でした。登場キャラクターの多軌は、まぁ、事件の発端となった人物、ということで注目せざるを得ないですね。でも、なんか見た目がレイコに似てるような・・・。多軌が出てきたとき、夏目がレイコと彼女を重ね合わせる感じで、話が進んでいくのか、とも思ったんですが、全然、そんなことはありませんでした・・・。

そして、もう一人のキャラクター、ちょびひげ。インパクトのある顔立ちなんですが、今回の話では、いまいち影が薄かった印象だったなぁ・・・。次回、重要な役割をもつキャラクターになるのかな?なんか、今回夏目たちを呪った妖の正体が、このちょびひげだったりして・・・?そんな気がする。呪った妖、いくら探しても見つからないのに、夏目のところには度々現れるし、ちょびひげが夏目のところに現れた動機もいまいち釈然としない感じがするし。どうでしょうかね?まぁ、録画してある次回の話をみれば、ちょびひげがどういう位置づけのキャラクターなのか、すぐにわかるんですがね。

妖が見えるようになる陣を描き、その陣に現れた妖に呪われた多軌。多軌本人が呪われるだけならまだしも、多軌が名前を読んだ人も呪われるとは、なんとも不条理な・・・。全然、呪った妖の意図がわかりません。妖が見えるようになる陣が、その妖にとっては不都合だったのか、それともゲーム感覚なのか?妖の意図は、とても気になります。

あと、友人に夏目と多軌が一緒にいることで、誤解されるところは面白かった。でも、今回の話、二人に対する周りの誤解で、もっと盛り上げてほしかったなぁ。夏目が多軌の頭に手を載せるところなんかは、傍から見ると、おいおいって感じのことなんだし。それにしても、多軌と二人でいる夏目、夏目にもやっと春が来たのかぁ・・・、とも思えるんですが、まぁ、二人にそんな気は全然ないのでしょうけど。夏目は、もっと身近に、必死に彼に思いを寄せている人がいるんですけどね。恋はすれ違うものなんですかね。そういえば、笹田が二人で一緒にいるところを目撃したら、どういう反応をするんだろう?ちょっと気になりました。

今回の話、褒められ慣れていないニャンコ先生も面白かったんですけど、・・・感想が大分長くなってきたし、まぁ、いいか・・・。なんにせよ、今回の話は、次回を見ないことには感想もままならない印象。そういえば、夏目は最後襲われていたけど、多軌は夏目に期限についてウソを言っていたのか?この点もそうだし、ほかにも気になることはたくさんあります。話の落とし所も気になるしなぁ。とにかく、次回はとても楽しみです。

PageTop

『続 夏目友人帳』第五話「約束の樹」感想

今まで火曜は、あまり感想を書いていなかったけど、今日は書くぞ。気合入れて。早く放送に追いつきたいし。でも、火曜は家に帰ってからも、何かと忙しい・・・。感想は書いていないけど、録画した『とらドラ』と『黒執事』見ないといけないし、洗濯もしなければいけない。そのほかにもいろいろと・・・。ちなみに、先週は火曜に感想を書いているけど、火曜が休みだったからです。さて、早く、感想書いてしまわないと。今回は、『続 夏目友人帳』第五話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

夏目のもとに現れた霧葉。レイコに封じられた彼の名は、森の樹にあるという。海が見たいと願っていた霧葉、その名を樹にくくりつけたレイコの真意とは・・・、という話。今回の話、レイコがどういう人物であったのか、が垣間見れた話でもありました。夏目の言うように、たしかに彼女は悪人ではない。でも、いい人かというと・・・。いたずら好きで、頭がいい、ということは分かりましたけどね。

で、今回の話、霧葉が見たかった海を見せたかったがために、レイコは樹に名前をくくりつけるという厄介なことをした、ということでした。レイコが霧葉に未来での素敵なプレゼントをする、いい話だったんですが、ちょっとオチが早くわかりすぎだったなぁ。夏目がレイコの行動の真意が分かったときには、自分もわかっていたし。結局、やっぱりなぁ、という感想しかもたなくて・・・。「海が見たい」とか「50年」とか、ちょっとヒントが多すぎたのかなぁ。まぁ、謎解きものでもないので、こんなこと言っても仕方がないのですけど。でも、夏目も霧葉と一緒に樹に登って、海を見ながらちょっとしたやりとりをするだけで、だいぶ印象の違うものになったような気がしましたね。夏目がちょっといいことを言うだけでね。しかし、今回の話では、夏目は風邪をひいているという状態だったので、樹に登らせることは無理だったのかな?

その夏目の風邪ですけど、彼、そのことを周りの人に何も言わないなんて・・・。周りの人たちといい関係を築き始めている夏目ですが、まだ彼は自分から壁を作っているのね。で、結局、倒れるところまで頑張ってしまう・・・。夏目にとっては、塔子さんに心配かけたくない、ということらしいですが、倒れた夏目を見て、塔子さんはショックだったんじゃないかなぁ。塔子さんにとっては、まだ、自分に気を許してくれていない、ってことでもなんだし。塔子さんだけでなく、周りの友達もそういう思いをいだいたように思うし。たぶん、夏目は、嫌われたくないという気持ちから、周りにいい格好をしようとしすぎているんでしょうね。

で、そんな夏目に対して、レイコは逆というか・・・。なんというか、悪人ぶりたい性格?ヒノエに対しての行為も、善意からの行動なんでしょうが、最後には利己的なことのように思わせているし。つまりは、こんな悪い人間である私を嫌いたければ嫌えばいい、というように、相手に思わせている感じかな。でも、それは、分かる人には分かって欲しい、という気持ちの裏返しでもあるんですけどね。夏目とレイコ、表現の仕方は違えども、どっちも素直ではないなぁ、という感じがする。やっぱり、そういう家系なのかな。

あと、ニャンコ先生は、相変わらず面白くてかわいらしい。豪快に羊羹を食べる姿や、霧葉にかぶりつくさま、そしてヒノエとの罵り合い、どれも最高。二期になって、ニャンコ先生の面白さ、パワーアップしてるんじゃない?そんなコミカルに暴れまわっているニャンコ先生。でも、ちらっと塔子さんの気持ちをくんであげるところなんかは、なんか素敵でしたね。

今回の感想は、こんなところ。次回は、変な顔の妖と、夏目の同級生の女の子がでてくる話なのかな。全然、どんな話になるのか、想像がつきませんけど・・・。どんな話かわからないぶんだけ、面白くなってくれるかなぁ?次回も、楽しみにしたいと思います。

PageTop

『続 夏目友人帳』第四話「雛、孵る」感想

今日もなんとか感想書けます。放送に、早く追いつかないといけないしね。しかし、仕事が定時で終わるのはいいですなぁ。帰ってから、アニメを見る時間もしっかりある。まぁ、いつまでこんな状態で仕事が終わるのかもわかりませんけど。でも、来月の給料が、残業代が・・・。今月、テレビをはじめ、なんだかんだでお金を使ってしまったし、大丈夫か・・・。・・・こんなどうでもいいことよりも、感想を書かないとね。『続 夏目友人帳』第四話の感想です。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

鳥の巣に残された一つの卵を見つける夏目。その卵を孵すことを試みる夏目だったが、その卵を狙う怪しげな妖の影が迫っていた、という話。夏目とニャンコ先生による子育ての話のようでした。ニャンコ先生が卵を温めている姿は、なんとも可愛らしい。卵を温めるネコってのは、実に愛らしいものだなぁと思いさせられました。まぁ、現実のネコでは無理な感じがするけどね。

で、卵から孵って生まれてきたのは、妖の辰未の子どもであるタマちゃん。かわいいですねぇ。行動も、幼子って感じであふれているし。雛が孵ったら食ってしまうことを考えていたニャンコ先生も、すっかり子育てする側に回っているし。

しかし、タマちゃんは、成長するにつれて食べ物を食べなくなり、衰えていきましたね。これが、ネズミの言っていた、不幸を招く、ってことなのかな。人間が辰未の雛を育てると、その環境の心地よさに、そこから離れることを拒み、それが成長を拒むことになり、衰弱死させてしまう、という。今回の場合、ネズミがタマちゃんを襲ったことが、成長を促すことになり、結果的(実は計画的?)によかった、と。

ところで、ネズミっていったい何をしようとしていたんだ?食べることを所望していたから、捕えにきたと言っていたのに、最後も成長したタマちゃんをみて微笑んでいたし。決して悪いやつではなかったのは分かるが、何を目的にしていたのかよくわかりませんでした。はじめから保護することを目的としていたのなら、「食う」なんてことは言わなくてもいいだろうし。う~ん・・・?

あと、最後の夏目のタマちゃんの作った巣に関する問いかけ、これは難しいなぁ。巣、それ自体に対するものではなく、巣のなかに入っているものだからなぁ。なんとなくは想像できても、言葉として具体的なものにならないし、違うんじゃないかなぁ、って気にもなってしまう。

今回の話、テーマとしては、疎外感や孤独感による悲しさから解き放たれるには、内に閉じこもるのではなく、外に広がろうとすることが重要、ってことかな。成長するというのは、内にこもることではなく、広がっていくこと、って感じかなぁ。自分が感じたのは、こんなところ。まぁ、だいたい夏目が辰未の上で語っていたことだけなんだけど。

でも、今回の話、話の展開として、もうひとひねり欲しかったなぁ。あまりにも話が、すっと流れてしまった感じがしたんですよ。ネズミが夏目たちを襲うことも、予想できたことだったし、かと言って、ネズミが何をしようとしていたのか、はっきりとなったわけでもないし。まぁ、自分が、今回の話をしっかり理解できていない、ってだけなのかもしれませんけど。もう一度見直せば、今回の話の印象がかわるのかな?

次回は、予告をみると、夏目が名前を返そうとしたら、そこには名前がなかった妖の話のようですね。友人帳とは違うところに、名が記されているのかな?これも玲子がやったことなのか?なんにせよ、次回の話を見てみないとわかりませんね。次回は、楽しみにしたいと思います。

明日は、感想書くのは無理だろうなぁ。明後日休みだし、仕事帰りに買い物に行きたいし・・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。